スパイスラーメン専門店 点と線 てんとせん

ラーメンデータバンク取締役会長 をはじめ 89人がオススメしています 口コミをみる

予算
~2000円
~2000円
最寄駅
京王井の頭線 / 下北沢駅(北口) 徒歩3分(200m)
ジャンル
ラーメン
定休日
無休
もっとみる
不明

口コミ(53)

    【東京・下北沢】松本清張が生きていたら、なんて言ったのか。前から気になっていたこのスパイスラーメンに行ってみました。食べたのは、スパイスパクチーラーメンと小ライス。スパイスラーメンは既に辛いとの情報もありつつ、刺激欲しさに5辛にしました。 本日はツアーも終了し、休日出勤も続いたので、振替休日。自宅から歩いて行きました。往復10.7Km 14341歩。 11時28分について一番乗りでした。この店に行く際には旧ヤム邸下北荘があるので、10月の月替わりメニューが気になりつつ、後ろ髪を引かれながら、辿り着いたってことです。 11時半きっかりに開店し、一番奥のカウンターへ。写真撮影可能とのことで、店内写真を撮りました。まず、高評価なのは、券売機がないってこと。初めての客には券売機で選ぶのは辛いし、お店の方とのコミュニケーションも出来ないし。よく、券売機の場合、左上がお勧めと聞きますが、お店のお勧めと自分の食べたいものとは、ギャップがあるので、会話しながらオーダーできるのがいいですね。 なんでも好きなので、パクチー入りにしました。調理場で炒めている音もありどんなものが出てくるのかなぁと。麺の湯を切る音がして暫くして、運ばれてきました。食用菊が散らしてあり、凄く綺麗!インスタ映えしますね。脇にレモンまで。 先ずはスープから。想定内の辛さですが、これってスープカレーのスープですよね。ラーメン用に濃い出汁は取ってありますが、スープカレーです。麺は中太麺の卵麺みたいな食感。ストレート。スープに絡む平打ち麺のほうがいいのかもと思いつつ、スープカレーじゃない、ラーメンを頂きました。 Ⓡメンバーさんの投稿でご飯に残ったスープを入れると美味しいとのことで、今回はラーメン大盛りはやめて、小ライスにしましたので、麺を食べ終わって、残ったスープをお茶碗にかけて頂きました。(少々汚い感じでごめんなさい) やっぱりスープカレーです。ご飯に合う! スープカレーと辛いラーメンが同時に食べたくなったら、お勧めです  (笑) お店も綺麗だし、店員の愛想もいいし、好印象でした。 下北には行きたいお店が色々あるので、次回いつ来れるか分かりませんが、又、伺いたいです。 ご馳走さまでした、

    「路地裏カリィ侍.」というスープカレー店を10店舗ほど展開している会社のラーメン参入。元々、カレーの作り方が豚骨スープを取ったり、ラーメンに似た手法を取り入れているので、ラーメン店を出すのは必然の流れだったのかも?でも、10年かかったようだ。 というわけで簡単に言えば「カレーラーメン専門店」。スパイスラーメンと言えば西葛西に「卍力(まんりき)」という行列店があるが、そちらは「ラーメンにスパイスを加えて作った」スパイスラーメン。こちらは「スープカレーをラーメンにアレンジして作った」スパイスラーメン、という違いがある。 ラーメンとカレーはよく「日本の2大国民食」と呼ばれることが多いが、「カレーラーメン」は一部のご当地ラーメンとしては存在する(室蘭・苫小牧・三条)が、最大激戦区・東京ではなかなか定着しない。(「実之和」くらい。あのココイチですら秋葉原店のみ。) そんな中、飲食激戦区の下北沢の路地裏でしかも2階という難立地で出店。親元の「路地裏カリィ侍.」を食べた事がないのだが、路地裏で成功しているのだろうか?「点と線」は相当話題にでもならないと集客が難しそうな場所にある。 スパイスラーメン950円を注文。不思議なものでカレー950円だと驚かないが、カレーラーメン950円だと「ちょっと高いな〜」という印象を抱いてしまうのも日本文化に慣れ過ぎたせいかも。しかし、食べてみるとなかなか重層感のあるスープで具材も多く、値段は気にならなくなる。豚骨・丸鶏・鰹節・昆布・煮干し・大量の野菜を長時間炊いた濃厚スープに、辛味を含めて計10種類のスパイスを合わせてカレーラーメンとして仕上げている。ちょっと油分が多めに感じるが、スープカレーとしては十分美味しい。そこに中太縮れ麺が入っており、持ち上げ及び絡まり具合は絶妙で実にうまい「カレーラーメン」である。でも、やっぱり最後はライスで締めたくなってしまうのは悩ましい。辛さ増しやトッピング、ライスなどを頼むとラーメンとしてはかなりの金額になってしまうがそのあたりが成功の鍵になりそう。

    あの北海道スープカレーの人気店がラーメンに進出! 大阪スパイスカレーの大本命「旧ヤム邸」の東京進出に沸く下北沢ですが、時ほぼ同じくしてもう一つ、面白いお店が誕生しているんです。 「スパイスラーメン 点と線」 実はここ、北海道スープカレーの大人気店「Rojiura Curry SAMURAI.」の新業態となるラーメン屋さん。 東京初進出を果たした下北沢の地で、新たなるトライです。 グランドオープンは2017年7月18日。 ラーメン文化華やかなる札幌で進化した、もう一つのスープ食文化「スープカレー」、その手法とエッセンスが今またラーメンにフィードバックされるというのですから、ちょっと見逃せません。 メニューの基本はスパイスラーメンとスパイスつけそば。 辛さやトッピングが選べるあたり、スープカレー的であります。 ★スパイスラーメン ¥950 まずは基本メニューで攻めてみました。 丼からはみ出すビッグな揚げゴボウ、スープに散りばめられた菊の花びらなど、ビジュアル的掴みも充分。 早速いただいてみましょう。 麺は縮れ麺。 スパイスフルでありながら、スープカレーよりも油の香味が強いスープは、カレーなのかラーメンスープなのかといえばやはりラーメンスープ。 カレーラーメンではなくスパイスラーメンと名乗る所以に納得です。 揚げゴボウの旨さはもちろんのこと、ゴリッゴリな歯応えが存在感抜群のキクラゲ、食感の良きアクセントとなる煎りピーナッツなど、具材の楽しさも「サムライ」的ですね。 最後は半ライス(¥200)を投入してスープカレー的に。 しっかり残さずいただきましたよ。 そもそも親和性が高いと皆気づいていたスープカレーとラーメン。 盤石な角度から、良き一品の誕生です。 カレー文化の多様性でいえば、今東京で一番面白いのは下北沢。 それだけは間違いないですよね。 ●「カレー細胞」Facebookページもチェック。 https://www.facebook.com/CurryCell http://currycell.blog.fc2.com/blog-entry-3562.html

スパイスラーメン専門店 点と線の店舗情報 修正依頼

ジャンル
  • ラーメン
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        京王井の頭線 / 下北沢駅(北口) 徒歩3分(200m)
京王井の頭線 / 池ノ上駅 徒歩8分(590m)
小田急小田原線 / 世田谷代田駅(北口) 徒歩9分(680m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        小田急バス 下61 代沢五 徒歩3分(230m)
小田急シティバス 下61 代沢五丁目 徒歩3分(230m)
小田急シティバス 下61 下北沢駅前 徒歩3分(230m)            

          
店名
スパイスラーメン専門店 点と線 てんとせん
予約・問い合わせ
不明

席・設備

個室
カウンター

特徴

利用シーン
  • ランチ

更新情報

最初の口コミ
H.Matsu
最新の口コミ
Toshiki Tazawa
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

スパイスラーメン専門店 点と線の近くのお店

下北沢のラーメン・麺類でオススメのお店

代々木上原・下北沢・成城学園前の新着のお店

スパイスラーメン専門店 点と線のキーワード

スパイスラーメン専門店 点と線の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

不明

このお店の特集記事