SPICY CURRY 魯珈

ろか

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR中央・総武線 / 大久保駅(南口) 徒歩2分(160m)
ジャンル
カレー 台湾料理 テイクアウト
定休日
毎週土曜日 毎週日曜日 祝日
03-3367-7111

新宿区にある大久保駅からすぐのカレーのお店

東京じゅうのカレー好きが足しげく通っていると言われているスパイスカレーの名店です。自慢のスパイシーカレーは、ただ辛いだけでなく、一口食べるとカレーの香ばしさが口いっぱいに広がる至極のメニューで、毎日食べても食べ飽きないファンが続出しています。カレー以外にも魯肉飯なども高い人気を誇る名物メニューです。

口コミ(267)

    常に安定感と感動があるスパイスカレー絶対王者。 2年連続ミシュランビブグルマン、某グルメサイト2017から4連続百名店、AWARDブロンズ受賞、Retty永遠の赤帯☆3。 2020年ラストのご紹介として、緊急リアルタイム投稿をさせていただきます。 魯珈で今年を締め括るべく、超気合を入れて行ってきました。 ・ろかプレート ライス大盛り 肉ダブル 限定カレー 激辛豚スペアリブの インディアンチャイニーズカレー ・プチカレー 限定カレー 渡り蟹のココナッツカレー ・HOTチャイ 激辛スペアリブのインディアンチャイニーズカレー 魯珈史上最も辛いレベル、唐辛子マーク7つ。 店主えりつぃんさんが「最終形態辛さテッペン」とツイートしてました。 2種類のインド産唐辛子とカシミールチリをブレンドして、八角・シナモン・花椒などで薫り付けした「印度×中華」なカレー。 魯珈プレートなので、さらに魯肉飯のお肉がライスに乗っているので厳密には「印度×中華×台湾」に仕上がっております。 辛さの持続力、瞬発力共にぶっ飛んでました。 まさにスパイスカレーの最終形態。 食べるほどに辛さは重なり合っていくのに、味わい深さも増し増しになって、辛いのにもっと食べたーいってなるやつ。 渡り蟹のココナッツカレー こちらも限定カレーです。 激辛スペアリブとこちらのココナッツカレーの組み合わせは、もはや向かう所敵なしの最強タッグ。このココナッツカレーは、フェンネル・シナモン・マスタードシードなどで仕上げられた、カニの旨味が大爆発してるすごいやつ。 激辛スペアリブを一口食べて、お口の中が活火山になっているのに、このカレーを一口食べると一気にカニの旨味がじゅわ〜っと広がります。 カニを食べるよりもカニの旨味を感じます。 辛くないとカレーじゃない!なんて言う方にも、これは絶対食べて欲しいかも。 今回は贅沢にも2つの限定カレーを頂けてしまう、超豪華スペシャル営業。 最後はココナッツカレーも皿に移して、激辛スペアリブカレーと合わせて頂きました。 カレーを完食し、一旦フェンネルでお口の中をクールダウンさせてから、温かいチャイで一息。 このチャイも薫りが良くてすごく美味しい。 終始スパイスを存分に堪能いたしました。 お店に行ったのは12月30日ですが、29日の夕方に家を出て歌舞伎町のアパホテルにチェックイン。 翌日早朝から魯珈へ挑むためテンションを上げるべく、夕食はお気に入りの台湾料理店に。 ここは後日ご紹介します。 そして、30日午前1時就寝、30日午前5時起床。 15分で支度を済ませてチェックアウト、徒歩で魯珈へ向かい5時30分到着。 通常の記帳開始時刻は9時30分なので、4時間前着ですね。 運良く一番乗りです。 セブンイレブンでホッカイロミニを3つと、ホットのお茶を購入して5時40分に戻ると強者1名いました。先頭は彼に譲り、店から離れたところでたばこを一服。 この間に強者カップル2名が加わり、僕は4番目に並びました。 で、恐ろしいほどの長蛇の列になっていたようで、記帳は7時20分から開始。 開始と同時に記帳締め切りで、列の後ろ半分は記帳できなかったようです。 1巡目だったので11時から至高のスパイスカレーを頂くことができました。 お盆とか、魯珈オープン記念の日とか、年末とか、普通に始発で出向いたら撃沈する可能性が極めて高いことを知っていたので、お泊まり作戦大正解。魯珈Tシャツ着て、気合い入れて行った甲斐ありました。 間違いなく、国内スパイスカレーの絶対王者、ナンバーワンと言うか、他の追従を許さないオンリーワンだと思います。 僕は自分ルールで、MyBestに選ぶのは一回と決めているのですが、あえて昨年に続き今年もMyBestに選び、1番にさせていただきます。 *昨年は魯珈をMyBest2にして、MyBest1は最強タイ料理店バーン・メイにしてます。 やはり魯珈は特別です。 魯珈のカレーを食べなかったら、人生損する訳ではありませんが、魯珈のカレーを食べると幸福感で満たされ、食べたその日は特別な日になりますよ。 絶対おすすめ。 #日本一 #ミシュランビブグルマン #百名店 #アワードblonze #Retty人気店 #行列してでも食べたい #記帳開始3時間前到着推奨 #辛さが旨いスパイスカレー #国内スパイスカレーの絶対王者 #魯肉飯 #カレー愛 #ホスピタリティ抜群 #通常ランチのみ時々二部制 #年始は2日と3日がお休み #祝一番乗り #泊まり込みで挑む価値あり #HOTチャイめっちゃうまい #大久保の女神 #記帳制 #テイクアウトできる

    ろかプレート(魯珈チキンカレー)・ぷちカレー(限定・ラムカレー) 新大久保駅から徒歩7分、大久保駅から徒歩3分ほどの路地に店を構えるスパイスカレーとルーロー飯の専門店。 お弁当以外予約ができないので、当日朝の記帳列に並ぶべく記帳開始の30分前の午前9時にお店に到着。雨予報だったので人数はそこまでいないだろうという予想が的中し、9番目。雨が強まり記帳開始が10分早まった9:20の時点では16人ほどの列。 9番目なので2巡目の11:30集合の回で記帳完了。 (2時間ほどあるので電車に乗って、1つ前に投稿したあんバターを食べに恵比寿へ) 11:15ごろに戻ってきて15分ほど店前で待機すると、店主が一人一人記帳している名前を呼んでくれるので店内へ。外にメニューは貼ってあるのでそれを見て事前に決めておいたものをオーダー。 ワンオペで調理・接客・テイクアウト対応などをしているので、20分ほど待ってカレーが到着。 思った以上に大きなお皿に、チキンカレー、ルーローハン、副菜サラダが乗っているプレート。カレーは限定含め4種から選択できるがまずは基本のチキンカレーで。おすすめのラムピンダルカレーと限定のスリランカ風カレーをぷちサイズで。 まずは壁の案内にあるご飯のみで食べてみると粒立ちは小さいが硬めの食感。これならカレーをかけても負けないであろう。次にルーロー飯部分を。これは台湾のものというより日本向けにアレンジされ、カレーに合うように調整されている甘め。 その後にカレーのみで。スパイスがしっかりと効いて香りがいい。辛さはそこまででもないか? 最後に全て混ぜて食べてください、とのことなので副菜・サラダを混ぜ込んで食べていると、汗が止まらなくなってくる…。辛さも「お待たせ!」とばかりにやってくる。 辛いんだけれども痛みという辛さではなく心地の良いものではある。 混ぜ合わせてこのカレーは完成に近づくのか、と思わせるくらいカレーのスパイス感や野菜との相性が抜群である。 次にぷちカレーを。 ラムカレーのラムはかなり柔らかくなるまで煮込まれておりラム独特の風味は残しつつ、酸味が感じられる仕上がりになっている。これも辛いぞ。汗がさらにます。 限定カレーも辛さ表示マックスなので辛いのは予想していたが、一番刺激のあるタイプの辛さ。 カレーのみではなかなかしんどいので、店主に「ライスだけっていけますか?」と尋ねると、「大盛りのオプションを使って100円で出しますよ!」と持ってきてくれた。 ご飯と合わせると不思議とカレーの味が落ち着いてちょうどいい味わいになる。 3種類のカレーを食べ比べてみたが、ここまで変わるのかというほどに違った味わいになる。スパイスの奥深さを感じる一皿である。 この店のスパイスカレーは深さというより味の広がりに方向が向いている気がする。 限定カレーが色々変わるみたいで、何度も来ている顔馴染みの常連さんが多いようである。 テイクアウトのお弁当なら並ばないのでまずはお弁当で食べてみるのもいい。

    新宿の、というか都内の、というか、とにかく有名な絶品カレーの魯珈さんにようやく訪問の機会が出来ました〜〜⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝ ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ ▹▸ 魯珈プレート ▹▸ ラッシー ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 今は9:30から開始する事前の記帳がないとお席に付けないこちらのお店。 丁度ジャニーズ系の番組で取り上げられた日だったので、相当混むかな?と9:00ピッタリくらいに着くと、1巡目のご予約が取れました☺️ 最初は定番を〜と、プレートを注文。 この時の限定が鶏肉とお豆のカレーでとても美味しそうだったので、そちらと甘めの野菜ベースのカレーをいただきました٩( ´ω` )و 限定カレーは辛さが2(真ん中)ではあったものの、後から来るスパイシーさがしっかりしていて『さすがスパイスにこだわったお店...!』という感じ。 これは辛さのレベルがもっとあるカレーはなかなかな辛さだろうなぁ....! 反してクリーミー野菜カレーは、まったり濃厚な舌触りと甘みと酸味のバランスがバッチリなカレー。 この手のカレーが大好きなので、本当に美味しかったです! 私の語彙力が足りなくて『複雑な美味しさで絶品だった...』としか言い表せないのが悔しいくらい。 思ったよりも並びを怖がらなくていいことがわかったので、またぜひ伺いたいです٩( ´ω` )و

SPICY CURRY 魯珈の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • カレー
  • 台湾料理
  • テイクアウト
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR中央・総武線 / 大久保駅(南口) 徒歩2分(160m)
西武新宿線 / 西武新宿駅(北口) 徒歩5分(330m)
JR山手線 / 新大久保駅 徒歩6分(420m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        関東バス 宿02 南通り 徒歩1分(73m)
都営バス 橋63 新大久保駅 徒歩6分(420m)
関東バス 宿02 大久保駅 徒歩6分(450m)            

          
店名
SPICY CURRY 魯珈 ろか
予約・問い合わせ
03-3367-7111
お店のホームページ
TwitterのURL
https://twitter.com/spicycurryroka

席・設備

座席

9席

(カウンターのみ)

個室
カウンター

(9席)

喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • フォトジェニック
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Kazumasa Yamada
最新の口コミ
eri.m
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

SPICY CURRY 魯珈の近くのお店

新大久保の洋食・西洋料理でオススメのお店

東京の新着のお店

SPICY CURRY 魯珈のキーワード

SPICY CURRY 魯珈の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

03-3367-7111

このお店の特集記事