• 情報確認中

    このお店はRetty運営事務局がただいま情報確認を行っております。

ウルムチfood and tea

ウルムチふーどあんどてぃー

予算
~2000円
~1000円
最寄駅
西武新宿線 / 下落合駅(南口) 徒歩8分(630m)
ジャンル
トルコ料理
定休日
毎週日曜日

高田馬場にある下落合駅付近のトルコ料理店

口コミ(10)

    【シルクロードの味《ラグメン》を食す】 本日は国内で貴重な 《ウイグル料理》だ(*^^)v むかーし中央アジアには 遊牧や交易で生計を立てる テュルク系語族が暮らしてたのですが、 その一部が、 小アジアまで移動し土着して 現在のトルコ共和国の原型となった。 その一方で、 中国の新疆ウイグル自治区(画像最後) 付近にに留まった一派が 現在のウイグル族だ。 トルコ人と新疆のウイグル族って 地図で見たら遠く離れてるがルーツは近くて、 言語体系も近縁関係にあるのだ。 店名の『ウルムチ』とは、 タクラマカン砂漠のオアシス都市。 漢字表記だと『烏魯木斉』。 夏は平均気温30℃、 真冬は氷点下20℃まで冷え込む。 世界で最も海から遠い内陸に位置する 新疆ウイグル自治区最大の都市だ。 実はワタシ、 大学時代に新疆およびウルムチに 行ったことがありまして、 本日は15年ぶりとなる ウイグル料理を楽しんでいきたい♪ ◆ウルムチ特製ラグメン …1,250円  ザ・中央アジアの代表食『ラグメン』。 ワタシが新疆で食べたのが まさにこれーーっ ドッパ(ウイグル族の丸い帽子) かぶった店員さんが調理してくれて 雰囲気ありますね♪ 唐辛子とトマトで スパイシーに仕上げた一品は、 まさに異国情緒たっぷりのシルクロードの味。 ウイグルの麺は かんすいを用いずに 寒暖に応じて塩を調整する。 細うどんサイズながら、 コシがあり存外に日本人好みな 食感に仕上がってます(* >ω<) ◆羊ハチノス炒め …1,150円 ちょっと失敗だったのは、 味つけが「ラグメン」と同じものを 注文してしまった(^^; 羊のハチノスって 初めてな気がするが、 案外に羊肉特有の あの臭いはなく無臭に近かった。 プリプリした食感が かなり良かったですよー(*´ω`) ◆ドガップ …500円 ウイグル族は、 イスラームの戒律を遵守して 禁酒してる人も多く、 この店にもお酒がない… 飲酒しない代わりに、 嗜好品としてお茶やコーヒー等の ソフトドリンクや、 菓子が発達するのは、 イスラム圏ならではなのかも。 ビールの代わりに ウイグル族伝統の乳飲料『ドガップ』をいただく♪ 蜂蜜で味が調えられており、 カチ割り氷で冷や美味しい(^^) クセのない味で、 日本のスーパーの「飲むヨーグルト」コーナーに コレが並んでても違和感なさそう。 ~あとがき~ 以上、15年ぶりの ウイグル料理を楽しんできました♪ 鼻が高く、 アジア人離れしたウイグル族の容貌で、 中国にありながら、 中華料理ではないスパイスが効いた料理は  まさにエキゾチック。 以下、完全な余談。 実際に新彊に行った思い出。 ウルムチの街って 砂漠ど真ん中にありながら 実はメチャ大都会。 人口200万人超で ちょうど名古屋と同じ規模感だ。 新疆のトルファンから ウルムチまで移動に高速バスを使ったのですが、 地平線まで砂と岩しかない 砂漠上の高速道路をずーーっと走り、 ウルムチの街が近づいてくると、 突如として、 砂漠に似つかわしくない、 巨大石油コンビナート基地と 天を突くハイテクなガラス張りの高層ビル群が 現れて度肝を抜かれた記憶… 15年前ですら そういう雰囲気だったので、 今はもっと栄えてるのかも。  砂漠という非日常に、  ロマンたっぷりのシルクロード  中国なのに中華じゃない異文化 変わった海外旅行したいという方に 新疆は結構オススメですよ~ 機会あれば是非行ってみてください。 #ウイグル料理 #シルクロードの味 #東京 #落合 #東京食べ歩き

    羊の胃や腸はあまり臭みもなく、美味しく食べられた。辛いけれど、舌がヒリヒリする系の刺激。なんかよくわからないけれどやみつきになる。デザートのお菓子もとても好み。見た目はパイの実、味はおはぎ(?)辛いものを食べたあとに安心する味。

    ここのウルムチ特製ラグメンは、今まで食べたどこのラグメンよりも美味しかった。 もちろん他の品も旨い。 美味しすぎて、写真撮るのを忘れていました。 シークカバブが品切れだったことが非常に残念だったので、またすぐにでも伺います。

    某サークルでウイグルのラグメンがおいしいらしいという話を聞いて。 検索してみたら高田馬場にもあった!さっそく訪店。 高田馬場駅から早稲田通りを小滝橋通り方向に延々と歩いて10分ちょっと。 現れた看板はなんとも異国感あふれ。 店内はグリーンの壁に流れているのはウイグルの歌番組にラジオ。完全にあちらの雰囲気です。 店員さんがめちゃ日本語うまくてこわい雰囲気は皆無。フレンドリーです。 ラグメンから「特製ラグメン」(1100円)を。 あとシシケバブ2本(1本200円)とスープ(500円)。 スープ。 トマトベースのスープにとうもろこし、ニンジン、グリーンピース、たまねぎ、それにチーズ! 箸休めにもいいですし、栄養たっぷりです。 シシケバブ。 クミンがたっぷりかかってるのがウイグル風なとこか。 これうまいなぁ。 特製ラグメン。 麺と餡が別皿で。 麺は聞いてみたら讃岐うどんと同じ小麦から作ってるそうで なるほど言われてみればモチモチでコシがある! ちょっと細めなのでパスタ感覚もあり。 ソースの中身は羊肉、キクラゲ、ピーマン、赤ピーマン、たまねぎとまるで中華のあんかけのようですが、ベースがトマト缶! これでイタリアンというか不思議な軽やかさが出ています。 餡を麺の上にざらっとかけ、混ぜる。 野菜の炒め物の新鮮な食感ともちもちの麺との相性が抜群! ヘルシー感覚でうまいです。 立地とこのあたりのウイグル人口にやや不安はありますが、 おいしいお店ですし、がんばってほしいです。

    現地の方も自慢のお味 今回は大人数で訪問。事前予約で頂けるラグマンも頂きました。どのメニューも素朴で美味しい。完全ハラルのため、お酒はありませんがお茶の種類が豊富で、しかもお湯を足して二煎目も頂けるので、大勢だととてもリーズナブル。 現地の方と思しき隣席の方が、私達のテーブルのポロを指差して、「それはウイグルの名物なんだよ」と自慢気に話しかけてくださいました。 最初に頼んだものが最後の方になるまで出てこなかったり、オペレーションが悪いところもあったりしますが、終始笑顔で気持ちよく応対して頂き、居心地も上々。 ピントザ・ハムサイ ウイグル風春雨と人参のサラダ ポロ ウイグル風ピラフ 事前予約必須メニュー、ラグマン ウイグル風うどん シシ・カワブ 羊串 ラムチョップ セリクアシ ウイグル風特製ソース入りの麺 トホ・コルダク ウイグル風鶏肉と野菜の辛口炒め #お盆休みキャンペーン #ウイグル料理 #ポロ #プロフ #ラグマン #ラグメン #現地感たっぷり

ウルムチfood and teaの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • トルコ料理
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        西武新宿線 / 下落合駅(南口) 徒歩8分(630m)
東京メトロ東西線 / 落合駅(出入口4) 徒歩11分(810m)
JR山手線 / 高田馬場駅(JR戸山口(西側)) 徒歩13分(970m)            

          
店名
ウルムチfood and tea ウルムチふーどあんどてぃー

席・設備

座席

22席

個室

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Kokubo Satoshi
最新の口コミ
Ryo Kakurai
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

高田馬場のアジア・エスニックでオススメのお店

新大久保・高田馬場の新着のお店

ウルムチfood and teaのキーワード

ウルムチfood and teaの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

このお店の特集記事