車力門 ちゃわんぶ

syarikimon chawanbu しゃりきもん ちゃわんぶ

予算
営業時間外
~8000円
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線 / 四谷三丁目駅 徒歩3分(240m)
ジャンル
とんかつ 刺身
定休日
毎週水曜日 毎週日曜日 祝日
03-3356-1680

四谷で味わえるふわふわジューシーな上品なとんかつ

口コミ(27)

    【もはやB級グルメではないトンカツ】 ※コメント欄へのお返事は原則お休みしてます。悪しからず。(オフ会と参考通知への御礼は除く) 本日のトンカツ探究は 四谷・荒木町の『車力門 ちゃわんぶ』。 訪問時点、 Googleロケーション評価「4.2」、 某グルメサイト「3.83」、 とんかつ百名店に二度の選出実績あり。 現時点の某グルメサイトにおいて 『成藏』『Katsuプリボー』『とん太』『けい太』に次ぎ 「東京都、とんかつ第5位」にランクインする実力者。 武澤剛志店主は かつては新橋『京味』で修業し、 荒木町に割烹店『車力門 ちゃわんぶ』開店。 2017年末に一度閉店し、 大門『くろぎ』で腕を振るった後、 19年にとんかつ専門店として 『ちゃわんぶ』をリニューアルオープン。 超人気店ゆえ ほぼ完全予約制に近い。 店名は竹澤店主のあだ名が 「ぶっちゃん」だった事に由来する。 これら店主のキャリアが示す通り、 もはやB級グルメとは言い難い、 洗練された上質な唯一無二の トンカツが味わえたのでご紹介♪ ■特選ヒレかつ定食 …4510yen 折角の予約困難な超有名店 ここに来てヒヨッて ケチるのは末代まで恥。 当然、注文はこの店の ハイクラスライン「特選ヒレかつ定食」なり。 「すり流しカレー」と合算したら、 高級とんかつ『成藏』と ほぼ変わらない価格帯ですな(笑) …にしても、低温調理で揚げた 美白美肌な色白の衣のなんと美しいことか(;´∀`) まずヒレカツを塩でひとくち、、、 衣は米油を使っているとの事で、 あのラード特有の重さがなくて軽やか。 …ちょうど食べた1時間後に、 この記事書いてるのですが、 ラードで揚げたトンカツ食べた後に感じる あのズッシリした胃の重さが全く来ませんね。 衣の粒度が微細で、 舌に乗せた刹那、唾液でシュワッと 衣が溶けて分解していきます。 「とんかつ」というより 「串揚げ」のような繊細で上品な味わいの衣、 さすが『京味』出身。 豚の銘柄は山形三元豚。 元々の肉自体の質のよさもあると思いますが、 肉を丁寧に叩いており、 臼歯で咀嚼するとスーッと 素直に切れていく感じ。 恐ろしいまでの 歯切れの良さと柔らかさのヒレです。 たぶん私の人生で食べたヒレカツの中でも トップレベルの柔らかさだと思います。 …あと特長的なのは、 調味料が塩・ソースの他に「辛子醤油」がある事。 大豆のうま味強めの醤油に、 辛子の辛味成分がピリッと効いておりアクセントに。 トンカツにこんなに「辛子醤油」が合うとは 目から鱗でした。 ■野菜すり流しカレー …770yen 予習しておいたトンカツ以外の名物 「野菜すり流しカレー」も注文。 こちらは 梅山豚、米沢三元豚、山形三元豚の 3種の銘柄豚の挽肉入りです。 食感は野菜の繊維が溶けており トロトロと粘度が高く確かに「すり流し」だ。 ファーストタッチの味は 欧風カレーのような甘味を感じるが、 その次の瞬間には、 豚肉のうま味とツンとしたスパイス感が 口中一杯に広がる。 中央の卵黄を割ると、 スパイス感がまろやかさを纏い 大きく味の変化を楽しめた。 ~あとがき~ 以上、『車力門 ちゃわんぶ』でした! 総評としては、洗練された一食であり、 よくも悪くも「もはやB級グルメとしてのトンカツではない」別の何か。 たとえばの話、蒲田の『丸一』の ぶ厚い脂身たっぷりの 林SPF豚ロースかつをガッツリ食べるぞ! …というテンションで訪問すると、 『ちゃわんぶ』の上品さと洗練された料理に 肩透かしな印象を受けるかも。 『ちゃわんぶ』は細かい所まで仕事が丁寧で おそらくソースに浸けた時にトンカツを 冷やさない為だと思われますが、 ソースも加熱した温かいモノが出てきますし、 お揚げ入りの味噌汁も 手がこんでて何気に美味しい。 B級グルメというより、 むしろ『京味』や『くろぎ』仕込みの串揚げを 食べに行くようなテンションで 訪問する感じかもしれません。 ぜひお試しを

    車力門のとんかつの百名店『ちゃわんぶ』さんへ。1時間ごとに総入れ替え制でちゃんと予約しないと入店できないようです。ダメもとで土曜日のランチの予約の電話をしてみたらOKとの事で念願かなって訪問です。 引き戸を開けてすぐはカウンター4席。奥にはテーブル席や座敷がありそうです。とんかつ屋さんと言うより和食屋さんの雰囲気。とんかつも今や和食か? メニューを見ると「梅山豚(メイシャントン)」や「米山三元豚」の説明が乗っていましたが、ランチのセットの豚は何なのでしょう? 私が注文したのは『上ロース定食200g 3,091円』です。「特選ヒレかつ定食 4,091円」にしようかと思いましたが、270g程あるとのこと。ちょっと多すぎます。 「お飲み物は?」と尋ねられたので、調子に乗って瓶ビールまで頼んじゃいました。ステンレスのグラスまで冷え冷え。一番搾りを飲みのみとんかつの到着を待ちます。 立派な横長の陶器のお皿に盛られて上ロースかつの登場。この盛りつけを見たらやっぱりもう上品な和食ですよね。 とんかつの切り身はピンク色じゃなくてしっかりと火が通っています。ピンク色で出すとんかつ人気店も多いのですがこれでいいんです。結構厚みがあります。 まずはテーブルに置いてあった粗塩だけで味わいます。ん〜、旨い!久しぶりに味わう豚の脂の上品な甘味。これこれ、私が求めていた豚の甘み。ずっと粗塩だけで食べていけます。 半分粗塩で食べたところで辛子醤油へ。おお、これはさっぱり味わえます。面白い変化。 次はレモンだけ絞ってそのままで。これもサッパリしていい感じ。そして特製のとんかつソースに辛子をたっぷりつけて。これは安定の味。間違いない美味しさ。 お店のお兄様に上ロースの豚肉の種類をお尋ねすると『山形三元豚』との答えでした。大将曰く、こちらのお店は黒豚が主流で、お尋ねいただいたらその日に仕入れた色々な黒豚が用意できますとの事でした。 ちょっと価格張りますが、行列待ちで1時間も立ったまま並ぶこともなく、電話で予約ができ美味しいとんかつが味わえます。コロナ禍で以前ほど予約が取りづらい状況ではないようです。

    かの『京味』ご出身の料理人が手掛ける高級とんかつ店でスペシャリテのリブロースを喰らう 凛としたカウンターの空間 元々は和食店の空間です  上下関係のはっきりした主従関係で淡々と仕事が進められているようです 店主は暖簾の奥にいらっしゃいますが味噌汁やご飯のお代わりまでご自身で注がれていると思われます 『京味』の後に大門の和食の名店『くろぎ』にもいらしたようで食べログ4.4を超えるアワードのお店です お店の場所は四谷の車力門通りで程近い場所に南方中華料理南三があります メニューを見ると価格帯的には成蔵よりは安め 高いものはおおよそ同価格帯です 梅山豚や三元豚の表記はあるが 私が注文した『特選リブロース』¥4,070-には豚の銘柄の記載が無いようだ 程なくしてデカい器のったデカいとんかつが登場 肉の幅が13cmはあるでしょうか? ワラジカツの様です 辛子醤油とソースが後から添えられます 自分は基本的に塩だけで食べるので 最初は塩だけで食べ進めます 余熱で火を通された上質な肉はほんのりピンク 肉厚は薄めなのでヒレほどの色は出ません 塩に付けて食べると まずパン粉が旨い 次に柔らかい肉質の肉も柔らかい 塩とマッチしてご飯が進みます 脂身も味が素晴らしく塩だけで食べ進めます  レモンを掛けた肉に塩をつけるのもおすすめです 途中で辛子醤油に興味が出て使ってみると これはこれで旨い ソースはキャベツにのみ掛けて食べましたが あっさり目で良いですね 隣のお客さんはキャベツをお代わり 私はご飯を少しだけお代わり 東京のとんかつ屋のスタンダード的な硬めの炊き上げ 米はとても良いものです 味噌汁の中の厚めの薄揚げが特徴で優雅な出汁の中に2枚浮遊してます  付け合わせのもやしのナムル(の様なもの)が美味しく  別注のカレー様なのか赤い福神漬けも添えられています 1人でしたので予約なしで入れましたが予約された方が良い様です  とんかつ百名店訪問43店舗目です 私が訪問した中では高価格帯の高級店のカテゴリーに分類します ごちそうさまでした また訪問したい店であり わざわざ訪問する価値の有るお店だと思います どうぞお店の保存ボタンをポチッとお願いします! Instagramグフゲルググ フォローお願いします

    四谷三丁目の車力門通りにあるとんかつ屋さん。寺門ジモンさんがやられている特番の「取材拒否の店」でも紹介されていたお店。 店内はカウンター席とテーブル席がありカウンター席に案内されました。2名でランチで訪問し、特選ヒレカツ定食と特選リブロース定食、野菜すり流しカレーを注文。 特選ヒレカツはレア目に揚げられており、お肉はみずみずしくて柔らかく、臭みも全くなくとても美味しくレア目なトンカツをあまり食べたことがなかったのでその美味しさに感動しました。脂っこくなくパクパクと食べ進められるトンカツでとても美味しかったです。 野菜すり流しカレーはカレーのルーのみ提供されるのですが口に入れた瞬間はさっぱりしたカレーかな?と思った後に後から野菜の旨みとコク、そしてスパイスがぐわっときてこちらもとてもおいしかったです。 定期的に訪れたいトンカツ屋さんでした。

車力門 ちゃわんぶの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3356-1680
ジャンル
  • とんかつ
  • 刺身
営業時間
定休日
予算
ランチ
~8000円
ディナー
営業時間外
クレジットカード
  • VISA

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東京メトロ丸ノ内線 / 四谷三丁目駅 徒歩3分(240m)
都営新宿線 / 曙橋駅 徒歩5分(390m)
JR中央本線(東京~塩尻) / 四ツ谷駅 徒歩11分(810m)                        

                        

座席 修正依頼

席数

13席

(テーブル2卓8席)

カウンター

(カウンター5席)

喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

7人用以上

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ http://www.arakicho.com/shop/chawanbu.html
利用シーン 個室、肉、禁煙

更新情報

最初の口コミ
伊藤涼子
最新の口コミ
Yoshitaka Morita
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

このお店は以下のお店がリニューアルした店舗です


車力門 ちゃわんぶの近くのお店

四ツ谷の丼もの・揚げ物でオススメのお店

水道橋・飯田橋・神楽坂の新着のお店

車力門 ちゃわんぶのキーワード

車力門 ちゃわんぶの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

03-3356-1680