江戸前 晋作 しんさく


予算
~2000円
~20000円
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線 / 本郷三丁目駅(出入口3) 徒歩1分(49m)
ジャンル
天ぷら 日本料理
定休日
毎週日曜日 祝日
もっとみる
03-5615-8728

季節の野菜の天ぷら、こだわりの食材の天ぷらが毎回楽しみなお店

江戸前 晋作のお得なコース

口コミ(8)

    孤高の天才が揚げる極上の天ぷら。 正直言うと、あまりひとには教えたくない。そんな意地の悪い気持ちが芽生えてしまうほど、こちらで頂く天ぷらは美味しい。店主の西村晋作氏は、天ぷら好きが高じて、他店で修業することなく独学で天ぷらを追求、開店したという変わった経歴の持ち主。最新のミシュランガイド東京2019では、見事、一つ星に輝いている。 天ぷらにする食材は至ってオーソドックス。流行りのキラキラ系高級食材はない。だが、食材を熟成させたり、昆布締めにして不要な水分を抜いたりして、食材ごとに旨味を凝縮させることで、誰もが旨いと唸る極上の天ぷらへと昇華させている。やはり、自分なりのこだわりを持った方のお料理は、美味しさも突き抜けていて、満足度も高い。 すべては美味しい天ぷらを提供するため、と、カウンター7席、18時30分からの一回転のみ。仕事終わりだとなかなかハードルが高い時間だが、都合が付くなら是非一度こちらの天ぷらを味わっていただきたい。 お任せ@12,300円。 コースはお任せとお決まり@7,800円の二種類。お決まりのほうがいくつか品数が少ないようだ。せっかくなので、品数の多いお任せをお願いした。 ・胡麻豆腐 ねっとりとした食感。広がる胡麻の香り。 ・車海老 サクッと揚げられた車海老。プリプリの身は甘く、海老の香りもとても良い。一品目から大将の腕の良さを確信する。 ・車海老 (レア) 車海老二本目はさきほどよりもレアで。中心部に火が入るか入らないかの絶妙な加減。一本目よりもさらに甘味を感じる。揚げ方を変えてくれるところがうれしい。 ・車海老の頭(兜) サクサクの食感が心地好い。何より海老の香りが爆発的に口中に広がる。 ・鱚 五日間熟成。身はふっくら。熟成させているからだろう、白身の旨みのような味わいをすごく感じる。 ・障泥烏賊 歯がスッと入っていくほどの軟らかさ。中心部はほんのりレア。塩で頂きたい。 ・障泥烏賊(レア) さらにレアに仕上げることで、障泥烏賊特有のねっとりした食感と甘味が増す。こちらのほうが好み。 ・鮎 天竜川のもの。頭からかじりつく。ホクホクとした身を楽しんでいると、少し遅れて肝の苦味が感じられる。これぞ初夏の味わい。 ・女鯒 大きく跳ね上がった身。熟成により適度に水分が抜け、身が詰まっているような感覚が楽しめる。 ・雲丹の昆布締め 昆布締めにした雲丹を大葉で挟んで揚げたものだが、この食感と香りを体験したのは初めてと言っても良いかもしれない。中心部に近いレアな雲丹は、昆布締めにされたことで、水分が抜け、昆布の香りが移り、まるでクリームのような滑らかな口溶け。衣に近い外側の部分では、雲丹に軽く火が入り、一粒一粒が小さなそぼろのような感覚になっている。それらが大葉の香りに閉じ込められ、一噛みするだけで贅沢な味わいが口中に広がる。 ・穴子 カラッと揚がった穴子は揚箸で真っ二つに。切断面からはもうもうと湯気が立ち上る。サクッとした食感の後に、ふわふわ、ふっくらとした食感が楽しめる。大振りだが油っぽさを感じることはなく、軽い感じでいくらでも食べられそうな気がする。 ・茄子 サクッとした衣とは対照的に、茄子はトロトロの仕上がり。火傷には注意。 ・アスパラガス 広島県で農家を営む大将の友人から送っていただいているという極太のアスパラガスの天ぷら。これが旨い。水を飛ばしながら焼くように揚げることで、アスパラガスの甘味をたっぷり含んだエキスが滲み出てくる瑞々しい仕上がりに。根元のほうが好み。 ・椎茸 椎茸の豊潤な香りが際立つ。肉厚な身からはエキスが溢れ出す。 ・鮪の茶漬け 〆の食事。天丼か天茶かを選択するお店が多い中、こちらは〆に胡麻ダレで和えた鮪をご飯の上に載せて、茶漬けにして頂く。鮪を刺身として頂くもよし、茶漬けにしてさらさら掻き込むのもよし。最後にさっぱりと頂けるのはありがたい。 ・抹茶の葛餅 抹茶の香りの利いた葛餅に、まったりと濃厚な黒蜜がよく合う。 このコースでこの価格は非常に良心的だと感じた。また季節の食材が変わるころに再訪したい。 #天ぷら #ミシュラン

    江戸前 晋作 随所にこだわりを感じる、渾身の天麩羅。 そんな言葉がぴったりな江戸前晋作さん。 場所は本郷三丁目、カウンター6席だけの小さなお店です。 食材ごとに揚げ方を変えた天麩羅はどれも驚きのお美味さ。 車海老とアオリイカは普通に揚げた物とレアに揚げた物の2種類が提供され、その違いに驚かされる。 他の食材も材料ごと異なった熟成期間設け天麩羅ダネとして使用するこだわりで、この日は鱚とアオリイカが5日、メゴチが8日熟成させてあるとのこと。 店主の晋作さんも物腰柔らかく、その人柄が現れたお店は雰囲気がよく、居心地のいい空間でした。 《本日の注文》 ○Aコース ¥7500- ・オクラのお浸し ・車海老 ・車海老(レア) ・車海老兜 ・鱚 ・アオリイカ ・アオリイカ(レア) ・メゴチ ・穴子 ・アスパラ ・椎茸 ・鮪茶漬け ・抹茶の葛餅 ○追加 ・稚鮎 ・銀宝 ○飲み物 日本酒:水尾、満寿泉-熟成13年、満寿泉-ワイン樽熟成 お猪口:楽山焼き、水月焼き ¥26,232- 2018.5.18 fri

    熟成した素材の旨味を凝縮してあるので、直ぐに食べ切ってしまうのが残念に感じる。何時迄も味わっていたいと言う言葉がぴったりな天麩羅です。 雲丹の大葉揚げの雲丹は昆布締めして水っぽさを抑えてあるそうです。更にカラッと揚がっているので食感と磯の香りが旨味を盛り上げているようです。 この時期の野菜は調達に苦労しているようですが、それでも産地にこだわった椎茸、五島島金時も美味しく頂きました。店主の揚げる旬の野菜が食べたくなりました。野菜の豊富な春にまた来ることにしました。 お通し 車海老 車海老 レア 車海老 かぶと 鱚 5日間熟成 スミイカ 7日間熟成 スミイカ 7日間熟成 レア 小柱昆布締め メゴチ 5日間熟成 太香胡麻油 雲丹の大葉揚げ 昆布締め雲丹 穴子 椎茸 山梨産 ゴマだれマグロ茶漬け 五郎島金時 抹茶葛餅 #14,000 #20181102

江戸前 晋作の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • 天ぷら
  • 日本料理
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~20000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ丸ノ内線 / 本郷三丁目駅(出入口3) 徒歩1分(49m)
JR中央・総武線 / 水道橋駅(A6) 徒歩9分(660m)
都営大江戸線 / 春日駅(A2) 徒歩9分(690m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 上69 本郷三丁目駅 徒歩1分(77m)
都営バス 上69 真砂坂上 徒歩5分(330m)
都営バス 茶51 東大赤門 徒歩5分(330m)            

          
店名
江戸前 晋作 しんさく
予約・問い合わせ
03-5615-8728
お店のホームページ
FacebookのURL
https://www.facebook.com/edomaeshinsaku/

席・設備

座席

6席

個室
カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • ディナー
  • ご飯
  • ランチ

更新情報

最初の口コミ
sugiyama hiromi
最新の口コミ
Yoshitaka Muraoka
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと

  • お店のページをPRすることができます。
  • 無料でお店の写真やメニューを編集することができます。

スマホ決済はPayPay!
初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

江戸前 晋作の近くのお店

水道橋の和食・日本料理でオススメのお店

水道橋の新着のお店

江戸前 晋作のキーワード

江戸前 晋作の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

水道橋周辺のランドマーク

03-5615-8728