L’essentielle

レセンシエル

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線 / 茗荷谷駅 徒歩7分(540m)
ジャンル
ケーキ屋 洋菓子 カフェ
定休日
毎週木曜日
03-6320-8669

名物のシュークリームのほか、どのケーキも素晴らしく美味しいケーキ屋さん

口コミ(27)

    香りの余韻が印象的。この日は全品食べ尽くし! その② (入力上限2000文字のため2回に分けました。) カシシエ カシスのクリームにカシスを入れ、ビスキュイ生地でサンド。 テーマはカシスの酸味。キュッと引き締まるようなカシスの酸味にスターアニス の香辛料のスパイシーな馴染み、甘みの中に残るエスニックの風味を楽しむ設計か。   ・ロワイヤル 紅茶で香りづけをしたクレームオショコラに マラデボワのジュレを重ね、紅茶の1品種マルコポーロで香りづけ。 チョコレートに奥底からくる甘みにケーキでロイヤルミルクティーを味わっているような ユニークな感覚も楽しい。   ・カンタンテ クレームオショコラにビスキュイ生地にブレンドされたヘーゼルナッツのフィヤンティーヌの組み合わせ。 リッチなチョコレートの中から軽やかなフィヤンティーヌの食感のリズム感が実に印象的。   ・アルディッシュ アルティッシュ産のマロンとカシスの組み合わせ。 マロンのどっしりとしたマロンの味わいにカシスの酸味をアクセントとなり、栗を栗らしく感じられる一品   ・シチリア ブラッドオレンジのムース、ジュレとタイムを合わせ、シチリアオレンジをイメージ。 テーマはオレンジ。オレンジの柑橘の香りと味わいがやわらかなムース空気から 香り、さらにタイムの香辛料が軽やかな口の中に運んでくれる印象を受ける。   ・サンマルク チョコレートとバニラのクリームを層に、黒胡椒をブレンドし馴染みのあるスパイシーさを付与。 フランスの伝統菓子にシェフならではのオリジナル性を付与。   ・シトロンプラリネ レモン風味のクリームに、ヘーゼルナッツのフィヤンティーヌにショウガの香りを 付与。レモンにショウガの相性の良さにフィヤンティーヌのザクザク感を加え体感も楽しいメニュー。   ・エフェメール 洋ナシのコンポートにカシスのムースを層に、金木犀の香りを付与。 癒しの金木犀の香りに包まれつつ、洋ナシの甘みとカシスの酸味の味覚を捉える時間差 を楽しませてくれる。   ・レーヴ ライムとイチゴのムースにイチゴ風味のルビーショコラのクリームの組み合わせ。 敢えてルビーショコラを使用することでピンク色をテーマに。ライムの酸味でチョコレートの甘さを心地よさへ引き立てている。   ・ブリエ ベルガモットのムース、グロゼイユのジュレ、ムース、さらにジンで大人の香りを付与。クロゼイユの鋭い酸味の後に華やかなベルガモットの香りが残り、程よいキレを醸し出している   ・ヴァレンシア オレンジのムース、塩キャラメルのショコラをプラリネのフィヤンティーヌ。 オレンジとチョコレートの鉄板の組み合わせにさらに食感のリズム感が 加わり単なる定番の組み合わせとう印象では終わらせない工夫が。   ・キャラメルポワール キャラメルのムースリーヌに洋ナシとオレンジをブレンド。 より広がりのある油脂感を増したキャラメルに、果実の甘みが馴染み、様々な感覚が入り混じった味わいが何とも印象的。   どのケーキも一口目と飲み込んだ後の印象が大きくことなり直ぐにドリンクで流し込んでは勿体ない。 食べ終わりの余韻も楽しいラインナップであった。   #茗荷谷オススメパティスリー #茗荷谷オススメスイーツ

    バニラケーキとカカオティーをいただきました。 カカオティーは、チョコレートで慣れ親しんだ香りがしました。紅茶とコーヒーの中間のような新感覚の飲み物でした! テラス席もあり、ゆったりとした時間を過ごせる喫茶店です。

    閑静な通りに、お洒落なお店があり、 誘われるように入店。思ってた通り店内も商品も綺麗。 ゆっくりコーヒー飲みながら食べたい。

    シュークリーム(350円)。 手に持つと重みを感じるシュークリームで、サクサクの生地と独特のクリームが印象的。何のクリームなんだろう? シナモン? いずれにしても、美味。

    ・香りの余韻が印象的。この日は全品食べ尽くし!その①(2000文字が上限のため) 茗荷谷駅近くにあるパティスリー、ルセンシェルは元サダハルアオキの元で修行後に独立オープン。 イートインスペースも完備、気候のいい時期は壁も解放し環三通り沿いのオシャレな ヨーロッパのティーサロンのような外観も特徴だ。   ・セゾン 季節のショートケーキの「セゾン」は3月はイチゴ。 とろけるジェノワーズにクリームとイチゴの味わいが残り、水分を欲しないほどの滑らかさ。最後まで残るイチゴの酸味が、「イチゴショートケーキ」らしい印象を残している。   ・シューアレクレーム シューアラクレームの中身はクレームパティシエール。 最大の特徴はクリームの風味付けにトンカ豆を使用している点。 卵黄のコクと、トンカ豆由来のバニリン風の自然のあまい香りが広がり、弾力あるシュー生地で食感、香り、素材の味わいがしっかりと感られる。   ・ニソワ ココナッツのムースにトロピカルフルーツのジュレにバジルの葉をサンド。 南国風の温かさの連想させしつつ、バジルの青みのある風味を合わせ以外な愛称の良さを 表現している   ・フロレゾン フランボワーズのムース、フランボワーズのジュレにベリーの香りの組み合わせ。 ベリーの酸味を単にすっぱいだけでなく、甘すっぱい香りを付与することでテーマである 酸味をよりスイーツらしく構築している。   ・フロマージュゆず ゆずのクリーム、チーズのムースを層に生地に山椒をブレンド。 クリームやビスキュイが溶けたあとにざらっと山椒の香りが広がり意外性を楽しむ作品   ・ラムレザン ラム酒を多用したムースにクレームオショコラ、余韻の深いラムレーズンをオン。 テーマはラム酒の高貴な香り。ラム酒に溶け込む甘みとバニラの香りを楽しむ一品。 #茗荷谷オススメパティスリー #茗荷谷オススメスイーツ #東京オススメショートケーキ #東京オススメシュークリーム

L’essentielleの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • ケーキ屋
  • 洋菓子
  • カフェ
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ丸ノ内線 / 茗荷谷駅 徒歩7分(540m)
東京メトロ有楽町線 / 江戸川橋駅 徒歩16分(1.2km)
都営三田線 / 白山駅 徒歩16分(1.3km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 上60 白山三 徒歩4分(280m)
都営バス 都02 小日向四 徒歩4分(280m)
都営バス 都02 小石川四 徒歩4分(290m)            

          
店名
L’essentielle レセンシエル
予約・問い合わせ
03-6320-8669
お店のホームページ

席・設備

座席

7席

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • クラフトビールが飲める

更新情報

最初の口コミ
K.Kiritani
最新の口コミ
h.mikami
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

L’essentielleの近くのお店

水道橋のカフェ・スイーツでオススメのお店

水道橋・飯田橋・神楽坂の新着のお店

L’essentielleのキーワード

L’essentielleの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

水道橋周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-6320-8669