東京中華Soba ザ・ヴィンテージ とうきょうちゅうかそば ざ ゔぃんてーじ


予算
~1000円
~1000円
最寄駅
都営都電荒川線 / 庚申塚駅(出入口2) 徒歩7分(500m)
ジャンル
ラーメン
定休日
不定休
もっとみる
不明

口コミ(4)

    「蔦」の新業態の模擬店!!! オーダー: 塩中華Soba + 胡椒飯 巣鴨にある東京中華Soba ザ・ヴィンテージへ行ってきました。 東京中華Sobaザ・ヴィンテージは、あの名店「蔦」の新業態の模擬店となるようです。 コンセプトは「ヴィンテージ」となり、懐かしいラーメンを提供してくれるとのことです。 尚、営業不定期となり店主の大西様が全て仕込みなどをされるようです。 ※お店の営業情報はtwitterで発信されるようです(URL参照) 場所は蔦の葉があった所です。 巣鴨地蔵通の商店街に入りとげぬき地蔵を過ぎて、巣鴨郵便局の手前を右手に入った所にあります。 オープン日は2017年10月7日(土)となり、この日は100食限定での提供とのことでした。 混むことを予想し、開店時間(11時)の1時間前にお店へ並びましたが、ポールポジションは取れず、6,7番目でした。 ※先頭の方はかなり早い時間帯(2時間前?)から並ばれていたようです 開店時間に近づいていくにつれ、列が巣鴨郵便局へ伸びっていきます。 お店へ入る頃には30〜40名程の長蛇の列になっていました。 ※ワンロットでは入れず実際に入れたのは11時30分頃でした お店のシステムですが、会計は前金制となり注文時に払います。 お水はセルフサービスとなります。 店内はカウンター席オンリーの確か6,7席あったかと思います。 メニューは以下となります。  ・中華Soba: 350円  ・味玉中華Soba: 450円  ・雲呑中華Soba: 550円  ・叉焼中華Soba: 550円  ・塩中華Soba: 450円  ・味噌中華Soba: 400円  ・胡椒飯: 150円  ・おつまみ: 300円  ・缶ビール: 350円 注文は、塩中華Sobaと胡椒飯をチョイスしました。 驚くべき事にラーメンの値段が安い! おつまみ、缶ビール、ラーメンを頼んでも1000円で収まります。 ビールとつまみで一杯やった後に、〆でラーメンを食べるストーリーを描けます。 厨房を見ていると、麺の湯切りを平ザルを使ってやっていました。 コンセプト通り調理器具にもこだわりをもちやられているのが見受けられます。 待つこと5分少々で、塩Soba、胡椒飯の順に着丼です。 塩Sobaはシンプル・イズ・ベスト!! 具材は、チャーシュー、ネギ、ほうれん草となります。 スープは透き通りとても綺麗です。 清湯スープ?となり、スッキリとして味わいでコクがあります。 とても優しい味で飲みやすスープです。 麺は自家製手揉み麺となり、モチモチとした食感が堪らない麺となります。 またスープの絡みがとてもいい麺です。 胡椒飯は炊き込みご飯に胡椒が振りかけられています。 ご飯の味付けがよく、胡椒のピリッと感があいます。 残った塩Sobaのスープを入れて食べるのも美味いです。 今回ご一緒させて頂いたから味噌中華Soba、中華Soba、おつまみをシェアして頂きました。 中華Sobaは醤油ベースに豚骨、鶏ガラで昔ながらのお味です。 味噌Sobaは札幌味噌のようなイメージです。味噌のコクと後からくるピリッとした辛さがよかったです。 おつまみは、チャーシューとなります。 分厚く食べ応えがあり、味付けもよくツマミにピッタリの一品でした。 #ラーメン

    どこか懐かしいラーメン!! オーダー: 味玉中華SOBA 先週の土曜日、巣鴨にある東京中華Sobaザ・ヴィンテージへ行ってきました。 ザ・ヴィンテージは、蔦の葉があった場所となります。 尚、不定期営業となるためtwitterで、お店の営業日を確認する必要があります。 ※2017年11月19(日)が今年が最後の営業となるようです お店のシステムは、以下となります。  ・店先のポップに記載されているように並びます(建物の入口付近は絶対に空けて並ぶ)  ・前払い制(注文後に払います) 店内はカウンター5席となります。 メニューは以下となります。  ・中華Soba:350円  ・味噌Soba: 400円  ・タンメン: 500円  ・ざる中華: 500円  ・汁なし中華: 400円  ・叉焼/雲呑: 各200円  ・味玉/揚葱/海苔: 各100円  ・全乗: 600円 注文は、味玉中華Sobaをチョイス!! 待つこと5分程で着丼です。 実にシンプルな中華Soba!! どこか懐かしく、この無駄のない中華Sobaが堪りません。 具は、海苔、叉焼、ほうれん草、味玉、葱となります。 頼んだ中華Sobaは、醤油ベースのラーメンとなります。 オープ時と現在では、醤油ダレと麺を大幅に変えているようです。 醤油ダレは丸大濃口醤油をブレンドしたものになり、麺は内麦100%のストレート麺となるようです。 スープはアッサリとした中にもコクがあり、じんわりと身体に沁みるスープです。 またどこか懐かしい味がします。 麺はとても滑らかです! スープともよくあっています。 連れの方から頂いた揚葱を入れると、味にアクセントと香ばしさがあり、また違った味を楽しむ事ができました。 ザ・ヴィンテージのラーメンはどこか懐かして好きです。 営業日が不定期なのが残念ですがまた行きたいと思います。 ※不定期営業でTwitterにて営業日が案内されます #ラーメン

    東京中華soba ザ・ヴィンテージ@巣鴨 もともとは午後埼玉方面だったので、柳麺呉田に行ってみようと思ってましたが、今日はヴィンテージやるとの情報をきき、急遽予定変更。 元、蔦の葉だったところでの不定期営業ザ・ヴィンテージ、第四回の今回でやっと初めて来れました。 某松戸の巨匠も数人前に並んでいらしてご挨拶。 厨房ではJapanese Soba Noodles 蔦のCEO 大西さん自ら調理します。 中華soba(350円) + トッピング全乗せ(600円) と タンメン(500円) を連食。 まずはこの価格設定にはびっくりですね! それぞれにシンプルながら優しい味わいで、塩のまろみと野菜の旨味の出た淡麗なタンメンも美味しかったですが、 濃口醤油の味わいの豊かな中華sobaが特に美味しかったですね。 各具材もとても美味しくチャーシューや特に雲呑がうまうま! ストレート麺とのバランスも良く、ラードと揚げネギの風味と相まって、懐かしくも新しい、温故知新の一杯。 さすがの大西さん、ご馳走さまでした! 年内はもうやらず、次回の開催も未定とのことですが、またやるならぜひ汁無しとかも食べてみたいなぁ!

東京中華Soba ザ・ヴィンテージの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • ラーメン
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        都営都電荒川線 / 庚申塚駅(出入口2) 徒歩7分(500m)
都営都電荒川線 / 新庚申塚駅(出入口1) 徒歩8分(570m)
JR山手線 / 巣鴨駅(a3) 徒歩8分(570m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 草63 巣鴨四 徒歩2分(110m)
都営バス 草63 とげぬき地蔵 徒歩7分(500m)            

          
店名
東京中華Soba ザ・ヴィンテージ とうきょうちゅうかそば ざ ゔぃんてーじ
予約・問い合わせ
不明
TwitterのURL
https://twitter.com/vintagenoodles

特徴

利用シーン
  • ランチ

更新情報

最初の口コミ
Masaya Hoshina
最新の口コミ
Masaya Hoshina
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

東京中華Soba ザ・ヴィンテージの近くのお店

巣鴨のラーメン・麺類でオススメのお店

巣鴨・駒込の新着のお店

東京中華Soba ザ・ヴィンテージのキーワード

東京中華Soba ザ・ヴィンテージの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

巣鴨周辺のランドマーク

不明