プルジャダイニング ぷるじゃだいにんぐ


予算
~2000円
~3000円
ジャンル
ネパール料理 カレー
定休日
毎月第1火曜日 毎月第3火曜日
もっとみる

プルジャ ダイニング 【優しくて美味しいネパール料理】 2018カレー38軒42食目 2018.1.21 美味しいカレーを食べつつゴーグル仮面の写真を撮りたいと言う物好きがいた。嬉しい。 それで、巣鴨の駅前にアマチュア写真家のErikoさんとミジョンさんと居合わせることとなった。 楽しく歩く音はてくてくと決まってる。今から美味しいものを食べられる歩きもてくてくだ。だから、トトロの歌みたいに元気よく、でもてくてくと歩くこと5分くらいでそこにはネパール料理プルジャダイニングがある。 何か鄙びた感じがいい。 座ると甘いお茶を出してくれる。これがニッキの味がしてクセになる。 このお母さんの語りがなんとも優しくて癒される。もう食べる前から癒し感いっぱいなのだけど、いろいろと難しい要素もあった。 今日はディードとセルロティを食べたいと言ったら、セルロティはお祭りの時だけの料理だという。今度は4月にお祭りがあると。ん~、何かできないかなぁ、と自分はだいぶ物欲しそうな顔で訴えたのだと思う。お母さんは厨房のお父さんに相談して、そば粉のセルロティなら出せると言い、また、今日出せるお祭り料理は豚トロと山芋の炒め物だという。もう、是非にとそれをお願いした。 そして、次の料理が並んだ。 ♫プルジャセット ♫ディードセット ♫そば粉のセルロティ ♫豚トロと山芋の炒め物 ビールはMustang! ネパールビールの中でも香りとコクのしっかりしてタイプだ。 ♫プルジャセット いわゆるダルバートだ。ダル(豆)のカレーと、マトンかチキンのカレーを選べる。いずれも滋味深くて優しい味を楽しめる。癒し系だ。 ♫ディードセット ディードというのは日本語で言う"蕎麦がき"のことだ。このメニューや店のお母さんと話して、ネパール料理はそば粉をよく使うことが分かった。大河の行きつく肥沃なインドと違って、チベットにかかるネパールではやせた土地でも育つ蕎麦が普及したのだろう。 このディードのてっぺんの窪みに入っている液体はギー(牛脂のバターオイルみたいなもの)。 ディードが手にひっつくので、それを避けるために指先をこのギーで少し濡らしてディードを摘む。これをチキンのカレーに付けたりして食べる。こつけ合わせも、どうしようみんな美味しくてもう語れない。 ♫そば粉のセルロティ これはそば粉で作ったドーナッツという印象。 こんな大きさね ほんのり甘くて、表面がサクッとしている。そして蕎麦の風味。これを山椒入りの塩につけたりする。こいつはかなり美味しい。付け合わせの芋の煮物とか大根の料理もとても美味しい。 ♫豚トロと山芋の炒め物 これはとんでもなく大正解なメニュー。お母さんは日本でも色々な芋があって、この山芋がある時だけ作れると言った。 あまりにも美味しい。 日本人って全然知らないのだなと感じた。そんないろんな種類の山芋なんて体験したことがない もう、これ以上ないくらいゆっくりと、楽しくて、美味しい時間を過ごした。 店のお母さんと一緒に記念撮影! 心から、ごちそうさまでした。 ゴーグル仮面 カレー ネパール料理 プルジャ ディード セルロティ そば粉

コメント 0
行きたい 5

Kan Ikedaさんの行ったお店

プルジャダイニングの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • ネパール料理
  • カレー
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~3000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 草63 巣鴨駅 徒歩3分(210m)
都営バス 草63 とげぬき地蔵 徒歩4分(270m)
都営バス 草63 巣鴨駅南口 徒歩4分(320m)            

          
店名
プルジャダイニング ぷるじゃだいにんぐ
TwitterのURL
https://twitter.com/hcckn5xeqli2jbp

席・設備

座席

2席

個室
カウンター
喫煙席

店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと

  • お店のページをPRすることができます。
  • 無料でお店の写真やメニューを編集することができます。

スマホ決済はPayPay!
初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。