シリンゴル

SHILINGO

予算
営業時間外
~5000円
最寄駅
JR山手線 / 巣鴨駅 徒歩7分(490m)
ジャンル
その他 野菜料理 テイクアウト
定休日
無休
03-5978-3837

巣鴨にある、都内初のモンゴル料理レストラン

巣鴨にあるモンゴル料理のお店「シリンゴル」。都内初のモンゴル料理レストランです。羊の肉にこだわりがあり、中でも「チャンサンマハ」という羊の骨付きの塩ゆで料理は人気です。岩塩もモンゴル自治区ジランタイ産の岩塩を使用し、ミネラルが豊富でうまみも感じられます。毎日20時前後に馬頭琴の演奏があり、馬頭琴の音色を楽しみながらモンゴル料理を楽しめます。

シリンゴルのお得なコース

  • 【宴会/飲み会】伝統のモンゴル料理の代表を、おまかせコースにていただけます!!お1人様=4,000円(税別)

  • 【宴会/飲み会】伝統のモンゴル料理の代表など、コースにていただけます!!お1人様=3,000円(税別)

  • 【宴会/飲み会】伝統のモンゴル料理の代表など、コースにていただけます!!お1人様=4,000円(税別)

口コミ(29)

    95年創業日本最古のモンゴル料理専門店。 Retty TOPユーザーの、熊本を食べ尽くし東京に降臨したTaroさんからお誘いをいただき、前からずっと行きたかったこちらのお店に。 Aコース ・冷菜3種 土豆冷菜(ジャガイモとピーマン) 黄瓜冷菜(きゅうりとニンニク唐辛子) 小葱半豆腐(豆腐と小葱) ・バンシ ・ボーズ ・本日の料理 ・チャンサンマハ ・うどん(羊肉うどん) ・デザート 追加 ・アーロール ・ボルツ 最初にミルクティーが注がれました。 これはモンゴルミルクティーで、軽く塩が使われてるみたい。 普通に美味しい。 飲み放題ですよ。 冷菜3種 ジャガイモとピーマンはさっぱりとしてます。 これかなり好みでした。 きゅうりの冷菜はニンニクがきいています。 豆腐の冷菜は薄味でまさに冷奴。 中国北方の定番冷菜だとか。 バンシ 羊肉の水餃子。 卓上にある黒酢的タレで食べるのがいいのですが、羊肉の風味炸裂系なので、そのまんま食べても美味。 汁も飲みましょう。 ボーズ 羊肉蒸し饅頭。 ポピュラーなモンゴル料理の一つ。 中身は羊肉、白菜、葱、生姜で、皮も全て手作りだとか。食べると小籠包のように肉汁爆発系。 でも、火傷はしないから安心。 これは卓上のピリ辛なソースをつけてもいい。 本日の料理 写真の15.16.17.18.19枚目。 羊肉ローストビーフみたいなもの。 たっぷりのねぎの細切りとパクチーをもりもりにしてあって、白いご飯が欲しくなる系の味。 チャンサンマハ 本日のメインディッシュ、大本命です。 代表的なモンゴル料理。 写真4枚目、Taroさんの男らしいナイフさばきをご覧ください。豪快に肉を鷲掴みにして、ナイフを突き立て肉を切り落として食べます。 モンゴルでは華麗なナイフさばきはイイオトコの条件なんだとか。 我々が頑張ってナイフで肉を切り落としたのが写真5枚目。 その後、お店の方がレベルの違うナイフさばきで骨つるっつるな状態にして、さらに骨をかち割って骨の髄まで食べられるようにしてくれたのが、写真6枚目。 肉はもう、塩茹でで十分美味しい。 添えられたタレは抜群に相性が良く、さっぱりとした塩茹での肉に合います。 また、卓上にある岩塩(写真最後の方)を削り、ちょこっとつけて食べたり、肉まんにも使ったチリソースみたいなので味変するのもおすすめ。 羊肉うどん しめのうどんで、モンゴルではうどんをよく食べるんだとか。 これ、スープがシープ。 シープのスープ。 汁が羊です。 シンプルなうどんで、平たい麺も歯応えがよく手打ち感MAX。 きゅうりが入る理由はわかりませんが、すべての味はこのスープにあります。 もう一度言います。 スープがシープです。 最高。 デザート ヘールサンマントウ。 練乳掛け揚げ蒸しパンだとか。 中華料理の「揚げ花巻」とほぼ同じみたいです。 これは失神レベルの美味しさ。 2人で1つずつ食べましたが… 1人で4つ食べたい。 なんなら、さらにお持ち帰りしたい。 中身がふっわふわの、もっちり感と外側のカリっとした食感が最高。 アーロール モンゴル伝統のチーズ。 かっちかちに固い。 お口の中で噛み砕き、しゃぶっているとだんだん濃厚な味わいがお口に広がります。 ゴルゴンゾーラチーズのように、一癖ある味わいがとってもはまっちゃうやつ。 ボルツ 所謂、羊肉のジャーキーです。 乾燥させてあるので、噛みちぎってお口の中でモグモグしてると、薫り高い羊肉の味わい。 こんなの毎日食べたらスタミナ完璧でしょう。 羊パワーがぎゅっと詰まった、まさにモンゴルの味です。 見上げれば移動式住居「ゲル」風の天井。 チンギスハーン的な帽子が飾ってあったり、鎧や民族衣装が飾られていたり、雰囲気ばっちり。 そして、このコースが盛り沢山にもかかわらず、めちゃくちゃリーズナブル。 このお値段でこの肉の塊出てくるなんて、信じられません。 手間暇かけて作られたモンゴル伝統の味は、羊マニアにはもちろん、そうでない方にも一度は食べてほしい絶品揃いです。 『おまかせ』コースにある、「お勧め料理とマニア向けの料理を織り混ぜ…」の文言が気になって仕方ない。 立地はJR巣鴨駅から住宅街を進んで、おおよそ徒歩7分とか8分くらい。 巣鴨駅でて通りを左に折れ、1度横断歩道を渡って左手に進み、ファミマ過ぎたら右に折れ、公園過ぎたらすぐです。 素晴らしいお店でした。 Taroさんお誘いありがとう。 とってもおすすめですよ!! #モンゴル伝統の味 #日本最古のモンゴル料理店 #あの力士もお気に入りのお店 #羊たちの品目 #羊パーティー #羊まみれ #羊大好き #コースがお得 #アジアンテイスト #テイクアウトできる #住宅街にポツリとある #巣鴨

    【蒼き狼。草原の覇者。モンゴル料理を食す】 Retty界きっての アジアン料理マニア すぎやまさんをお誘いしディナー (。-∀-)♪ 伺ったのは巣鴨にある 日本最古のモンゴル料理店『シリンゴル』。 モンゴル出身の力士たちも 常連だとういう、 ガチの蒙古料理の店だ。 予約した座敷席・・・ なんとゲル(モンゴルの移動式家屋)を 模しており雰囲気抜群。 更に乾杯はなんとスーティーツァイ!! (塩ミルクティー) さぁ・・・ 遊牧民気分で羊料理を 味わっていこう(*>∇<)ノ!! ■Aコース …3,000円 (ミルクティー飲み放題付き)  *冷菜3種  *バンジ  *ボーズ  *チャンサンマハ  *うどん  *デザート 《冷菜3種》は、 ジャガイモの細切炒めに、 キュウリの和え物に、 モンゴル冷奴。 酸っぱ辛い『和え物』が 夏らしく美味だ♪ 《バンジ》(羊肉水餃子)。 ツルっとした皮に ネギ以外はオール羊の餡。 見慣れた水餃子の食感に 羊肉と特有の臭いが付いてくる うーーん、臭いが うまいw ・・・そう、すぎやまさんとワタシ共に 無類の羊肉好きなのだw 《ボーズ》は モンゴル式小籠包ともいうべき一品。 厚めの饅頭皮に、 噛むとプシュッと肉汁。 この汁も当然ながら 羊のスメルがしますよ♪ さぁ…本日のメイン 《チャンサンマハ》骨付き羊肉の塩茹で。 ゴリゴリに 巨大なマトンが卓上にドーーン (;゚д゚)ゴクリ… 豪快にナイフで 肉をそぎ落として食べていきます。 食べてみると、 塩味かつ脂身もなし。 非常にシンプルながら肉肉しく、 例のスメルがしてくる感じです♪ 卓上のモンゴルの岩塩の塊を削ったり、 チリソースで味を足しつつ食べます(^^) ・・・と、ここでモンゴル人店員。 我々2人が雑に削いだ、 骨付き肉を見てナイフを手にする。 見事な手つきで骨に 残った肉を取っていくΣ(゚Д゚) 曰く「骨を磨くようにナイフを動かす」そうだ。 一片残らず綺麗に肉が取れた骨。 唖然とする私たち。 この肉のカスはモンゴルでは、 スープに入れたりして残さず食べるらしい。 そういえば遊牧民は 家畜を余す事なく利用するという。  肉は食料に、  乳は乳製品や酒に、  毛皮は衣服に、  骨は家具に、  馬の尾は楽器の弦に 羊を綺麗にさばく ナイフの使い方から そんな遊牧民のスピリッツを感じる♪   《うどん》 シメはうどんです。 日本人の舌でも 美味しい感じる塩で味付けした シンプルなうどん♪ 肉は当然ながら羊(笑) 《デザート》 実は二人で絶賛したのが、 デザートのモンゴルの小麦粉菓子。 食感は揚げたての 「サーターアンダギー」のような「中国の揚げパン」のような、 小麦粉自体の素朴な甘さを感じさせる。 練乳で食べると絶品♪ コンビニのスナックコーナーで 100円くらいで売ってたら 毎日買ってしまいそうです(笑) ■ボルツ   …700円  アーロール …500円 コース料理外で追加♪ 《ボルツ》は 草原の風だけで乾燥させた モンゴル伝統食のラムジャーキー。 チンギス・ハーンの騎馬兵は 昔、このボルツを食料として携えて 世界各地を遠征し席捲したそうな。 水分は完全に飛んでおり、 パサパサしている。 しかしながら奥でまたもラムの香り。 《アーロール》も 乾燥したモンゴル伝統のチーズ。 飴のように固く、 しばらく舌で転がしてると、 乳製品のコクとともに独特のクセ。 ちょうどゴルゴンゾーラに 似た感じの強めの味。 この二つの料理は、 まさに「遊牧民らしい保存食」という趣きでした♪ ~あとがき~ 以上、大変珍しいモンゴル料理を 堪能してきました~ 遊牧民の料理につき塩味でシンプル。 当然ながらメインはクセのある羊肉なので 好き嫌いは分かれるかと思います。 しかしこのボリュームの羊が食べれて、 コース3,000円ってリーズナブルですし、 ナイフの使い方や 保存食の数々に モンゴルの遊牧民が数千年に渡り 重ねてきた知恵と工夫も感じて かなり面白かったですよ。 まだまだ未知の料理ってあるものだ。 今回は素直にそう思う一食でした(* >ω<) #モンゴル料理 #遊牧民の知恵と工夫 #東京 #巣鴨 #東京食べ歩き

    羊が食べたくてこちらへやってきました! まずはアミールハイで乾杯。 ヨーグルト風味の飲み物で とても飲みやすいです。 じゃがいもの冷菜。ニンニクがきいていてナムルみたいで美味しい! ラムの麻婆豆腐。ベースは水っぽいですが 山椒がきいてておいしい!食欲が増します。 ビールに変更。 ラムしゃぶ。タレが何で作ってるのか知りたい。 ラムならいくらでも食べられる気がするなあ。 薄い餃子みたいなのもたまらなかった。 もっと食べたいものたくさんあったけど二人じゃ精一杯これで。 演奏などもあり独特のよい店でした。

シリンゴルの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • その他
  • 野菜料理
  • テイクアウト
営業時間
定休日
カード
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners
  • JCB
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~5000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR山手線 / 巣鴨駅 徒歩7分(490m)
都営三田線 / 千石駅 徒歩10分(790m)
東京メトロ丸ノ内線 / 新大塚駅 徒歩13分(970m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 草63 巣鴨駅南口 徒歩6分(410m)
都営バス 草63 巣鴨駅 徒歩6分(430m)
都営バス 草63 本駒込六 徒歩6分(450m)            

          
店名
シリンゴル SHILINGO
予約・問い合わせ
03-5978-3837
FacebookのURL
https://www.facebook.com/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB-116588008395041/

席・設備

座席

30席

個室
カウンター

特徴

利用シーン
  • 歓迎会
  • 送別会
  • ご飯
  • PayPayが使える

更新情報

最初の口コミ
Usuki Rie
最新の口コミ
すぎやま まさたか

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

シリンゴルの近くのお店

巣鴨のその他でオススメのお店

東京の新着のお店

シリンゴルのキーワード

シリンゴルの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

巣鴨周辺のランドマーク

03-5978-3837