なにや なにや


予算
~2000円
~2000円
最寄駅
西武多摩湖線 / 一橋学園駅 徒歩4分(280m)
ジャンル
ラーメン つけ麺
定休日
毎週月曜日
もっとみる
042-342-2929

魅惑の翡翠麺!有機野菜と巨大餃子となかなかキャッチーなお店

ほうれん草を練り込んだ緑色の「翡翠麺」が人気のお店。 ラーメンというよりも中華麺といった雰囲気のお店で、有機野菜や巨大餃子などこだわりいっぱいの中華麺屋さんです。 なにや特撰や三色餃子や12/30限定の五色麺もお勧めです。 西武多摩湖線・一橋学園駅より徒歩4分、毎週月曜が定休日です。

口コミ(20)

    あか、しろ、みどり、 小皿からハミ出す特大餃子は、 お店の宝物。 そして翡翠麺(ひすいめん)は医食同源、 いかにも、身体に優しそう。 一橋学園駅の商店街を少し抜けると、 そこは閑静な住宅街。 その一角にある<なにや>さんは、 御自宅の1Fを、店舗にしての営業です。 入り口には<中国宮廷麺>の暖簾が掛かり、 高級感も漂います。 しかも、こちらの御主人、 永きに渡り、天皇家の晩餐会を、 取り仕切っていたと、される方。 少なからず緊張していたのですが---。 中に入ると、 コの字形のカウンター席があるだけで、 打って変わって庶民派モード。 いいですね〜♪、この雰囲気、好きです。 御主人は御主人で、 どこにでもいる、気さくな親父さん、 とても、大それた方には見えません。 おかげさまで、 す〜っと、肩の力が抜けました。 メニューは、 写真付きで壁に貼られています。 その中から、 もっともスタンダードな中国麺を、 そして、噂の餃子を2ケ焼いて貰いました。 <中国麺> 翡翠麺が使われますが、それは一体? 緑色の麺は、 ほうれん草が、練り込まれた物。 向こうでは、翡翠が もてはやされていて、 その色に、あやかったネーミングです。 説明書きによりますと、 700年前の翡翠麺を再現したもので、 中国の紫禁城では、 皇帝も食されたそうです。 その皇帝達は、 店内の壁に紹介されていました。 食べてみると、 モチモチ感の凄さに、まずビックリ。 かんすい不使用という事で、 弾力性には欠けます。なので 余計、そう感じたのかも知れません。 ほうれん草の甘み、滋味は、 ほんのり感じる程度。 特に違和感もありませんが、 我々が知るラーメンとは、 明らかに違う麺でした。 スープは化学調味料なしの、旨味タイプ。 ひとくち飲むと、甘みが感じられますが、 もちろん、野菜や果物の甘みです。 また、控え目ながらも エッジも効いていますので、 物足りなさは、ありません。 かつお、にぼし、昆布がベースと思いますが、 飲むほどに、旨みが、 ジワ〜っと、広がるスープでした。 トッピングは、 大きなチャーシューが2枚、 きくらげ、のり、玉子、メンマなど。 中でも、 チャーシューが旨い ‼︎ 素朴な作りなだけに、 かえって美味しさが際立ちます。 柔らか過ぎず、固くもなく、 ほど良い塩気は、 スープの味をも、引きしめているはず。 これ、とても気に入ったので、 切り落としをテイクアウトです(^^) なお、この翡翠麺、 手打ちは、ウチくらいなものです。 と、記されていました。 当時、製麺機があったとは思えません。 本物感も高まりますよね〜♪ <手打三色大餃子> 別名、唐三彩餃子。そして、 当店の<宝物>と記されていました。 ひと目、 で、でかっ ‼︎ 赤は、にんじんと鷹のつめが少々、 緑は、ほうれん草。 それを皮に、 セパレートに練り込むのですから、 ここまで、やるのか ‼︎ です。 これ、絶対イケますよ〜♡ 不味いと言うヤツは、よほどの味オンチ。 ジャンボなのに、 皮は薄くて、もっちりタイプ。 餡はビッシリ詰まり、 ほとばしる肉汁は、 割ると皿に、こぼれっぱなし。 鷹のつめの刺激も、ほど良いアクセント。 も〜 満足度120%です。 ところが、 この餃子、実にやっかいな代物。 インパクトがありながらも、 とても優しい美味しさで、それが、 後からジワ〜っとくる、タイプです。 つまり、 食べるごとに、箸が伸びるのですが、 このボリューム。 翡翠麺が美味しかったので、 スープまで飲み干した私。 目と舌は食べたがっても、胃袋までは(^^;; 2個でも、もてあまし気味です。 これなら、 餃子のみの注文もアリでしょう。 2個以上から焼いてくれますし、 スープ付きのセットもあります。 でも5個は---、 食べたくても、きっと無理でしょ(笑) こんなに美味しいんです、 もちろん、テイクアウトしました(^^) なお、この3色はイタリア国旗ではなく、 中国の陶器をモチーフにしたものです。 さて、この<なにや>さん。 各種トッピングメニューはあるものの、 基本、翡翠麺と餃子だけのお店です。 アルコールはありますが、 チャーハンなどの御飯物は、 一切ありません。 それでも、この拘りと美味しさなら、 足を運ぶべき価値、絶対ありです。 また、12月30日には、 1本の麺を5色にセパレートした翡翠麺を、 提供してくれるとか。 いやはや、ローカルな町ながら、 とんでもないお店があったものです。 今度は、 もっとお腹を減らして、来たいですね。 どうもごちそうさま〜♪ #手打ちの翡翠麺 #この餃子を是非 #アットホーム #気軽に入れます

    平櫛田中記念館を訪れるとき、気になっていたお店。緑色の翡翠麺を使った中国麺と名物三色餃子、別名唐三彩餃子を。中国麺は柔らかいチャーシューとあっさりした魚介系?のお出汁が印象的。三色餃子は文字通り皮が緑白オレンジの三色であんがたっぷり。大きめなので二つで満足でした。ときどき訪ねたいお店がふえました。

なにやの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • ラーメン
  • つけ麺
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        西武多摩湖線 / 一橋学園駅 徒歩4分(280m)
西武多摩湖線 / 青梅街道駅 徒歩14分(1.1km)
JR武蔵野線 / 新小平駅 徒歩17分(1.3km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        西武バス 花11 西町 徒歩3分(200m)
西武バス 花11 学園西町地域センター前 徒歩3分(220m)
小平市バス 1 都営学園西町アパート南 徒歩4分(250m)            

          
店名
なにや なにや
予約・問い合わせ
042-342-2929

席・設備

座席

14席

(コの字型のカウンター席のみ)

個室
カウンター

(コの字型のカウンター席のみ)

喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • 禁煙

更新情報

最初の口コミ
Motomas Suzuki
最新の口コミ
庄司嘉夫

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

なにやの近くのお店

国分寺のラーメン・麺類でオススメのお店

東京の新着のお店

なにやのキーワード

なにやの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

国分寺周辺のランドマーク

042-342-2929