カンヴァス・ダ・ディエゴ Canvas da Diego


予算
~6000円
~15000円
最寄駅
西武池袋線 / 練馬駅 徒歩9分(650m)
ジャンル
イタリア料理 ワインバー
定休日
毎週火曜日 毎週水曜日
もっとみる
03-3999-0038

練馬駅から10分くらい歩いた住宅地の中にあるワイン屋さんとレストラン

口コミ(16)

    【本物のウニの冷製カッペリーニを】 夏がくると愉しみな味がある。 これを食わないと練馬に夏はこない。 この時期、こちらのFacebookを ちらちらのぞき、あれの入荷を いつかいつかと待ちわびている。 なにしろ、入荷の通知から三日ほどで 意を同じくした客たちの注文が重なり、 あっという間に売り切れてしまう。 北海道、積丹のキタムラサキウニだ。 このウニを使った冷製カッペリーニが とにかくうまい。 ちまたに溢れる臭みのあるミョウバンを つかわれた、ウニパスタとは格がちがう。 雲丹が残っているか電話をすると、なんと 今夏この日までの提供で一人前つくれると。 喜びいさんで、これを予約し、店に着く。 軽くつまもうと、カボチャの冷製スープと、 焼き白ナスと沼津のしまえびのタルタルを たのみ、グラスの白ワインをあわせる。 新鮮なオリーブオイルがとけこんだ カボチャの冷製スープ。そして焼白ナスと しまえびのタルタル。甘みのある雑味の ない白ナスに、海老はしっとりとした 歯ざわりで、まとわりつく旨さ。 どう調理したら白ナスや海老がこうも みずみずしくなるんだろう。 これをつつき、いよいよ真打のご登場。 キタムラサキウニの冷製カッペリーニ。 涼しげな、冷たく半透明な器にシェアされ 運ばれてくる。一年ぶりのご対面だ。 惚れ惚れとする佇まいに柔らかい磯の匂い。 さっそく、雲丹だけを一口いただくと、 濃厚というより上品な甘みがひろがる。 ついで、カッペリーニにからめて食べると、 これがまたのけ反る旨さ。カッペリーニは よくしめられて、シャキッとした歯ざわり。 雲丹のひとつぶひとつぶが、舌の上で じわっとほどけ、ほのかな塩水の塩気と 雲丹がゆっくりと体に沁みる。 口ほどけと言いましょうか、ゆっくりと 舌でじわっと溶かされるような味わい。 舌触りの旨さというものを実感できる。 残ったソースはバケットに一滴のこらず からめ、惜しみながらいただき店をあとに。 また来年もこれを愉しみにうかがおう。 #マイベスト雲丹パスタ

    ➖ ドアの向こうに広がる別天地 ➖ ~ 路地裏イタリアン隠家探訪 vol.03 ~ イタリア食材の店「エノテカ・アリーチェ」さんがある事はオープン時から知っていました。 下戸な私には縁の薄いワイン屋さんと、はなから足が向いていませんでした。 全く知らなかった右手ドアをくぐると「カンヴァス・ダ・ディエゴ」さんの世界が開けます。 オープンから約四年で初めて知ったのもRettyのおかげです。 場所は地元民でも、家と駅を結ぶ動線に無い方は通らない路地裏にあります。 練馬駅から徒歩十分弱でしょうか。 「カンヴァス・ダ・ディエゴ」さんには休日のランチタイムに伺いました。 こちらの店名“ディエゴさん”とはオーナーがイタリアで仕事を始めた時、イタリアン・ネームを付けて貰ったそうです。 ドン(名付け親)が居られるのかまでは聞いてません。 そのディエゴさんの描いた世界はワインに尽きるかと想像してます。 テーブルマットに描かれた二匹の獅子が葡萄を絞るロゴは獅子座生まれのディエゴさん由来だそうです。 店内の壁にはイタリアのワイナリーの方々が来店した時のサインです。 そして数々のワインボトルとワイナリーの写真が飾られています。 本業がエノテカ(ワイン屋さん)だけにグラスワインが十五種類と豊富に揃っているトラットリアです。 下戸なのでブラッドオレンジのスパークリングからスタートです。 ランチメニューの三種類から、オーダーは A)菜園風ランチセット “Ortolana オルトレーナ ” / フォカッチャ / サラダ / スパゲッティ / デザート / カフェ B)秋のランチコース “Outunno アウトゥンノ” / フォカッチャ / 前菜 / スパゲッティ / メイン / デザート / カフェ ◇ 自家製フォカッチャとニンニクのクリームスープから料理がスタート。 フォカッチャは塩気とオリーブオイルを感じさせいくらでも入ります。 スープはニンニクを強く感じさせるも上品、胡桃とオリーブオイルがアクセントで優しい味わいです。 ◇ サラダは活きがいい一皿、バーニャカウダソースで美味しく頂けます。 ◇ 前菜の盛り合わせは、鎌倉のピッツァリア「ラッテリア べべ」さんの自家製モッツァレラチーズやトリッパのトマト煮込み、水蛸とジャガイモのマリネなど絶品揃いです。 ◇ 浜名湖産青のりの軽いクリームソース クリームソースながらペペロンチーノパスタで青のりは磯の香りを引き連れて来ました。 魚介のブロードでのばされているのか食後シェフに尋ねたところ、全く青のりの風味だけで濃厚になってるとの事でビックリした逸品です。 ◇ セージバター風味のトマトソース パルミジャーノがけ ほのかなセージバターの香りがまろやかでパルミジャーノが生き生きした一皿です。 ◇ ネロパルマ豚肩ロースのロースト ネロパルマ豚とは黒豚のようです。 野趣溢れる歯応えの中、旨味が濃縮され優しい甘みを醸し出しているローストです。 これは旨いの一言! 休日で別メニューなので最初にお時間かかりますとエクスキューズがありました。 確かにランチで一時間半は内容からいってかかり過ぎですね。 でも美味しい皿と落ち着く部屋でのひと時は決して悪くはありませんでした。 最後にディエゴさんが入れてくれたエスプレッソが味わい深い一杯。 満足感メーターを上げてくれました。 ご馳走さまと退店時にはシェフがドアの外までお見送りは気持ち良いですね。 時間かかって申し訳ないと何度も首を垂れていただくと、こちらも恐縮してしまう休日の午後。 エノテカとトラットリアの路地裏最強タッグ。 練馬界隈ではトップクラスでイタリアを感じさせる一角ですね。 今日も美味しくご馳走さまでした。 今日は改めて、「エノテカ・アリーチェ」さんも品定め。 店名は“アリス(アリーチェ)のワイン屋”なのでしょうか。 ロゴの自転車に乗っているのがアリーチェさんです。 結局、自家製フォカッチャとブラッドオレンジ1ℓ、チョコレートを購入し帰宅しました。

    【練馬が誇るトラットリアにて北海道、 積丹産キタムラサキウニの冷製カッペリーニを】 今まで食べた生ウニのパスタの中で 文句なしで、ぶっちきりに旨かった。 この時期だけ味わえる贅沢な楽しみで、 いつ入るかわからない北海道、積丹から 直送されるキタムラサキウニ(塩水ウニ) このウニを使った冷製カッペリーニを 食べずして練馬イタリアンは語れない。 夏場こそ、冷製パスタは旨い。 冷やし中華と同じで、言わずもがな。 夏に食わずして、一体いつ食べる。 入荷があり、週末には提供できるとの ことで、喜び勇んで、炎天下のなか、 練馬から十分ほど歩き住宅街の一角に。 この日はランチコースの中から ふたりで色々と楽しんだ。 菜園風ランチセット…1500円 *自家製フォカッチャ *産地直送の新鮮野菜 *本日のスパゲティ (牛肉のラグソース パルミジャーノかけ) (浜名湖産青のりとズッキーニの軽い クリーム仕立て) *本日のデザート (フルーツのセミフレッド) (リコッタチーズのタルト) *カフェ アイスコーヒー これに加えて、メインイベントである *北海道積丹産塩水ウニの冷製カッペリーニ これが単品で3800円という価格ながら それを遥かに超える満足度の高さであった。 イタリアのピルスナービールやワインを 呑み、旨いフォカッチャやカポナータに 舌鼓を打っていると、早くも真打ご登場。 塩水ウニのカッペリーニが配膳され、 清涼感あふれる、冷えた透明な器も もってこられて、これに盛り付ける。 フォークでカッペリーニを巻き、 ソースに絡め、ウニをのせて一口頂く。 いや、これがまた旨いのなんの。 新鮮なキタムラサキウニの旨さに 目を閉じ、ただただ唸ってしまう。 控えめな上品な甘さ、そしてコク。 濃厚なウニの旨味、コクがこれでもかと 感じられるのに、くどさがまったくない。 とろっとした、滑らかな舌触りで、 ゆっくりと一粒一粒がほぐれ、口の中に 嫌みのない磯の風味がふわっとひろがる。 カッペリーニもアルデンテでシャキッと した食感で、ウニのソースとよくからむ。 でも、やっぱり主役はキタムラサキウニ。 これを存分に味わってもらおうというのが、 こちらにもよく伝わってくる。 ウニのソースも残すのがもったいないと 思っていると、フォカッチャを追加で もってきてくれ、これで皿をふくように 綺麗にしみこませ、あますところなく 最後まで美味しくいただいた。 その後のボロネーゼやズッキーニと 青のりのパスタも実に旨かったし、 デザートも甘さ控えめで口直しに ちょうどいい塩梅で、すっきり頂けた。 ここは何を食べても旨いし、ワインも 種類が豊富で、相談ができるのも嬉しい。 店を出ると、シェフとホールの女性が わざわざ外に見送りにでてこられて、 少し立ち話をさせていただいたりと、 まさに至れり尽くせり。 接客や雰囲気から心遣いを感じられる店で、 こんな店の料理が旨くないはずがない。 練馬でゆっくりと上質なイタリアンを 味わいたい方には、はげしくおすすめ したい、素晴らしいトラットリアです。 ごちそうさまでした。

カンヴァス・ダ・ディエゴの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • イタリア料理
  • ワインバー
営業時間
定休日
カード
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners
  • JCB
予算
ランチ
~6000円
ディナー
~15000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        西武池袋線 / 練馬駅 徒歩9分(650m)
都営大江戸線 / 豊島園駅 徒歩9分(660m)
西武池袋線 / 中村橋駅 徒歩16分(1.3km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        西武バス 練43 変電所前 徒歩2分(150m)
関東バス 荻07 東電支社前 徒歩3分(190m)
京王バス 中92 中村北一 徒歩3分(200m)            

          
店名
カンヴァス・ダ・ディエゴ Canvas da Diego
予約・問い合わせ
03-3999-0038
お店のホームページ
宴会収容人数
10人
ウェディング・二次会対応
要相談

席・設備

座席

5席

個室
カウンター
喫煙席
貸切
貸切可

特別なご会食などお気軽にご相談ください

お子様連れ入店
たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
なし :駅からは平坦な道のりになっております。何かご不便ございましたらお気軽にご相談ください
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可
アミューズメント
なし
サービス
  • ソムリエがいる
携帯電話
つながる

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • ディナー
  • ワインが飲める
  • クリスマスディナー
  • デート
  • 禁煙
  • 記念日

更新情報

最初の口コミ
Yutaka Soneda
最新の口コミ
Hitoshi Yamamoto

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと

  • お店のページをPRすることができます。
  • 無料でお店の写真やメニューを編集することができます。

スマホ決済はPayPay!
初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

カンヴァス・ダ・ディエゴの近くのお店

練馬のイタリアンでオススメのお店

東京の新着のお店

カンヴァス・ダ・ディエゴのキーワード

カンヴァス・ダ・ディエゴの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

練馬周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-3999-0038