恋するスーパーフード「カカオニブ」って知ってる? 〜体と心にうれしい専門カフェオープン〜

2017/04/14 田嶋 嶺子

アサイーやチアシードなど、多くの栄養素を含むことで話題の「スーパーフード」。これまでにいくつもの流行が生まれましたが、Retty編集部で次のスーパーフードとして大注目しているのが「カカオニブ」。

チョコレートの原料とだけあって馴染み深いカカオ豆。その秘められた効能を、話題の「Bean to Bar」専門店がたっぷり活かして、カカオニブ・カフェを今春オープンさせることも既に決定済みというのも注目の理由の一つ。

そこで、スーパーフード界の新星、カカオニブの魅力をたっぷりお伝えします。

で、そもそも「Bean to Bar」ってなんだっけ?

明治から発売された「meiji THE Chocolate」など、大手メーカーも続々と参入している高級路線のチョコレート。これらは一見して「こだわっている」ことがわかりますが、その多くは「Bean to Bar」と呼ばれる製造工程を取り入れています。

この「Bean to Bar」は、チョコレートの製造にカカオ豆のセレクトから携わることを指していて、まさに工房が「豆(Bean)から板チョコ(Bar)まで」全ての過程にこだわっていることの証。

コーヒー豆と同じように、実はカカオ豆も産地によって風味や特性が全く違うそう。そのため、チョコレートも当然その豆の個性を活かして作られた方が美味しくなります。

普段よく食べられている市販のチョコレートよりも、「カカオ本来の美味しさ」が味わえるとして「Bean to Bar」に注目が集まっているのです。

カカオニブが「恋するスーパーフード」である理由


みんなが大好きなチョコレートですが、ただ美味しいだけでなく抗酸化作用を持つカカオポリフェノールなどの嬉しい栄養素が含まれています。

そんなチョコレートの栄養がぎゅっっっと詰まっているのが、スーパーフードとして注目されている「カカオニブ」です。

カカオ豆を砕いて殻を取り除いただけの、いわばチョコレートのピュアな原料といえるこのカカオニブ。

数あるスーパーフードの中でも群を抜いた栄養素のバリエーションと含有量を誇っているのが大きなポイントです。

ポリフェノールによる抗酸化作用のほか、様々なミネラルに加えて、話題のオメガ6脂肪酸も含有。

また、幸福感を司るセロトニンに効くアナンダミドやトリプトファンなどの貴重な成分や、リラックス効果のあるテオブロミン、そして恋愛ホルモンといわれるPEA (フェニルエチルアミン)なども含まれています。「恋するスーパーフード」と呼ばれるゆえんはここにある、というわけですね。

体と心にうれしい栄養素がぎっしりつまっているカカオニブ、注目しないわけにいかないですよね。

アサイー以上に人気になるかも?ヘルシー派は要チェックの「カカオニブボウル」


最近、パフェやケーキのトッピングとして使われることも増えているカカオニブ。

で・す・が! Rettyグルメニュース編集部ではさらに健康的に食べられる「カカオニブボウル」に大注目しています。

人気のアサイーボウルのように、グラノーラやたっぷりのフルーツと一緒に食べれば、お腹も体も喜ぶに決まってる!

そんなカカオニブボウルを食べられるのが、4月22日に神宮前でオープンする「Salagadoola #CacaoNibsBowl Café(サラガドゥーラ #カカオニブボウル カフェ)」。

Bean to Bar Chocolateの専門店 Salagadoolaと、SEZON ART GALLERY B1FにあるCafe and Dining Bar 367°のコラボレーションで実現したこのカフェでは、美容と健康、そして恋にうれしいカカオニブをたっぷり楽しめるメニューが味わえます。

カカオニブボウルの他にも、「カカオニブを『食べるホットチョコレート』」などドリンクメニューも充実。アートギャラリーならではのスタイリッシュな雰囲気と一緒に楽しめます。

大好きなあの人と一緒に食べれば、恋に効くかも? な「恋するスーパーフード・カカオニブ」に今年は絶対!大注目です。


Salagadoola #CacaoNibsBowl Café

【場所】Café and Dining Bar 367°
    東京都渋谷区神宮前3-6-7
    SEZON ART GALLERY B1F
    東京メトロ「表参道駅」より徒歩8分


PAGE TOP