次世代「#インスタスイーツ」の注目株!「ゆめかわチーズケーキ」を撮りに行かなきゃっ

2017/05/15 田嶋 嶺子

いまや生活に欠かせないSNSになりつつあるインスタグラム。

せっかくスイーツを食べに行くなら、「とにかく写真映えするものを!」と選ぶ人も多いですよね。

そんな”インスタスイーツ”の次世代トレンドとしてRettyグルメニュース編集部が注目したのが、東急東横線・学芸大学駅にある「AWORKS CHEESE CAKE CAFE」のカラフルなチーズケーキ。

さっそく、メルヘンチックな「ゆめかわ」ケーキを撮りに行かなくっちゃ!と駆けつけてみました。

超カラフル!「ゆめかわ」なチーズケーキが可愛すぎっ


「AWORKS CHEESE CAKE CAFE」はその名の通り、チーズケーキがメインのお店。なんと150種類以上ものチーズケーキを日替わりで用意しているそうです。

今回はオーナー・船瀬さんのおすすめの3種類を厳選。

まずはそのカラフルさが目を引く「レインボー」!


パッと目に飛び込んで来る鮮やかな虹色。一目見た瞬間から、心の「いいね!」が止まりません。

写真にするとはっきり分かる表面のつやつや感と断面のふわふわ感、この質感の違いもフォトジェニック。

味はいわゆる王道のチーズケーキそのもので、別添えのレモンをかけて食べるのもおすすめです。

スクイーザーも小鳥型で、どこまでも「ゆめかわ」すぎる…。


続いてのこちらは「チョコミント」。上に乗っているのはふわふわのコットンキャンディでと〜っても幸せな見た目。

チーズケーキにありそうでなかったチョコミント風味も、チーズのまろやかさとチョコの甘さ、そしてミントの爽やかな清涼感が合わさって、やみつきになりそう!

そして最後はこれ。


こちらはちょっぴりビターで大人のチーズケーキ、「モカオレオ」。

トッピングにはマシュマロとミントで、見た目も上品な印象。ラテにも紅茶にも合いそうな、午後にぴったりの落ち着いた味です。

店内にはインスタを意識した撮影用のボードも用意。



あっ…これは100点満点ですね…。


実は沖縄発!地元に愛されるchillなカフェ


そんな女子心くすぐりまくりのチーズケーキを作っているのは、aworks代表の船瀬さん。

以前には沖縄でもカフェを10年ほどやっていたんだとか。人気メニューだったチーズケーキをメインに据え、東京・学芸大学でお店を開いたのは3年前のこと。


古民家を改装した温かみのある店内では、スイーツだけでなく、パクチーたっぷりのグリーンカレーなどのエスニック料理なども提供しています。



「今でもお客さんの8割が地元の常連さんです」と嬉しそうに語る船瀬さん。実は開店当初はチーズケーキもオーソドックスなタイプのものを出していたそう。

しかし開店3年を迎えた今年3月、内装のリニューアルを機にカラフルなチーズケーキも作るようになりました。

最初は「壁を白くしたから、ケーキはカラフルにしてみようかな」なんてお茶目な思いつきだったそうですが、お客さんからの反応はとっても良かったそう。

予想外の人気に少し戸惑いつつも、次々に”ゆめかわ”のレパートリーは増えていきました。


船瀬さんは、「学芸大学にもっと若い人が来てくれると嬉しいですね。美味しさはもちろんですが、見た目からも『あそこのお店で写真を撮りたい!』と来てもらえたら」と”学大愛”を滲ませていました。

地元からも愛される、ゆったりとして居心地のいいAWORKS CHEESE CAFE。そして、インスタでも盛り上がる“ゆめかわ”なチーズケーキを撮りに、ぜひ遊びに行ってみては?

【お店情報】

エーワークス (AWORKS) (学芸大学/ケーキ屋)

電話番号:03-6451-0503

住所:東京都目黒区鷹番3-3-7

アクセス:東急東横線「学芸大学」より徒歩2分

https://retty.me/area/PRE13/ARE20/SUB2002/100000917991/

PAGE TOP