鮨 なんば 東京ミッドタウン日比谷 すし なんば とうきょうみっどたうんひびや


予算
~60000円
最寄駅
JR山手線 / 有楽町駅(a11) 徒歩1分(72m)
ジャンル
未入力
もっとみる
03-6273-3334

口コミ(29)

    またもやお友達から急遽前日ランチのお誘い しかもこの日は18時からお鮨の予約あり どうする?悩んだけどこのチャンス逃したらいつ行けるかわからないと思いYESの返事 佐島のタコ、牡丹海老、穴子の白焼 きんきの煮物、あん肝(丁寧すぎるトリミング、切りとった切れっ端を持ち帰りたい衝動に駆られる)鰯の巻物(シソやガリが効いてる)カリカリのパンに乗ったあん肝のパテ、出汁のお椀   ここから握りへ(メニュー参照) フォルムも綺麗な鰹が激うまでした 鮪全部美味しいけど炙りトロが好きすぎ♡ 握りも全部美味しかったけど最後のオムチラシが衝撃! 穴子の乗ったちらし寿司にトロトロ卵のオムライス。見た目洋風だけどしっかりお寿司♪ 最後は玉で締めくくりごちそうさまでした 次回予約は来年6月!! その頃もっと平和になってるといいなと思いつつ #情熱大陸の撮影日

    ◆2020.09.04(金)夕餉 ◆お料理 お任せ¥33,000 お酒税サ含むお会計¥40,000 【お摘みの部】 ❶神奈川佐島のタコ 蛸を口に含んだ途端に身がホロホロに 自然に解れて来る その身からは甘味が口溶けして来る まさかとは思えるほどの軟らかさ その溶けて行く様がお口の中でぷよぷよと 誠に気持ち良く舌を撫でるように甘味が 一面に広がるので とても悩ましく感じてしまう凄い蛸なのだ。 ❷北海道増毛の牡丹海老 海老の身の上に乗せてるのは 海老の卵 海老の味噌 焼いた殻を細かく叩いた物 この合わせ技からの甲殻の香りがとても 芳ばしい 嗅覚をヒクヒクと引っ張って 欲望を掻き立ててくるのです。 こんな仕掛けをされると 堪りませんな 牡丹海老のトロ〜ンとした白身の艶かしさが 豊満に感じられる蕩ける甘味と 味噌と殻の歯触り感とが交錯して トロンの中からカリッとした食感が 飛びでて来るので有ります。 この食感が同時に舌に届いちゃうもんだから 悶絶級の珍味となってしまいます。 ❸対馬穴子塩焼き お摘みと言うレベル感を遥かに通り越した 穴子の焼き物 然も穴子を塩焼きにしちゃうと言う 穴子は詰めとセットだとの常識的な感覚を 覆すような珍しい塩焼きだ。 その塩焼きなんですが 塩加減が絶妙で舌が唸る〜ゥ 其の穴子のふっくらとした塩味良好の身に 鰻の相方みたいに 胡瓜をきっちり合わせて来る これ、嬉しい。 そして皮目が地焼きみたいにパリッパリン! 穴子の脂を弱火で浮き立たせて 自身の脂の滴りで 唐揚げみたいに仕上げるとのこと。 この表皮のコントラストから飛び込んでくる 一体感伴う味覚は極上の美味さだ。 ❹網走 キンキ煮付け お出汁が甘く香って来る 味醂と白醤油の塩梅が素晴らしく淡くて無垢で深みのある甘味が染み染みと舌一面を サ〜ッと駆け抜ける キンキを頂く前に このお出汁にやられちゃいました。 そしてキンキ 此れがまた秀逸な煮炊き加減にて 綺麗な紅の網目紋様が崩れることなく 整然と佇む皮目が プルルンと解けて食感も柔らかく滑らかに 解けて来る 堪らず箸先でチョコンと摘む 一つ小さな塊を頂く フワンと白身が鳴く 舌にツルンと落ちる この時の食感が堪らん 更に キンキの脂がプカリ浮き出て来てる浸し地の 甘味とコク深さに支えられて白身が 見事なほどの旨味を発散している 然もホロホロに崩れる様が悩ましく 其処も美味しさを増幅中 最後の一切れを食べ切るまで陶酔感に 悩まされっぱなし かつ 煮汁の甘味衰えずのままに 最後の一滴まで お皿を啜り切りました。 フゥ〜、感動もんの美味さ。 ❺余市鮟肝 甘いタレは品があってコクの奥行きが広がる 秀逸な仕上がり 何という穏やかな甘味のタレなんでしょう。 この甘さにじっくりと浸された鮟肝さんが 何処までもしっとりした食感で 舌に懐いて来るのです。 余市産の鮟肝自体が上質なこともありますが その質感をさらに高みに昇らせるコクのある 甘味をいっぱいに鮟肝に浸らせての 耽美で澄んだ美しい甘さに惹かれて 舌はゾッコンでした。 ❻鰯巻き 大阪湾の鰯 大葉 胡麻 生姜 板海苔にクルクルと巻かれた鰯の渦巻 一目惚れしてしまいそうな美観に唆られ 食欲が膨らんじゃう。 その欲に駆られてパクリと喰いつく ひゃ〜、心地よく歯が鰯に食いつく 噛んだ途端に鰯の酸味が ダイナミックに訪れる 更に進むと ん、生姜風味がポンと弾けた 鰯の身質からも甘味が飛んで来た 今度は大葉の香りが口の中をぐるぐると 廻り始めた 此れは愉快だ 其々の味覚が軽快にお口の中を走る ふと気がつくと胡麻の風味がほんのり 浮かんでる そして更に鰯がグニョンとして暴れる 鰯巻のメリーゴーランドはとても楽しく 味覚を振りまいてくれた。 ❼鮟肝のパテ 先程激ウマな甘味を魅せて頂いた余市の鮟肝を 香味野菜のセロリ、玉葱等を一緒に合わせて 裏漉ししたものをパテに仕上げて こんがり焼いたパンに帽子を被せるように 施してあります。 裏漉しされたパテは舌に少しザラ付く加減で 触れ合って来てパン生地のサクサク感との コントラストにより鮟肝の旨味の輪郭が くっきりと浮かび上がって来る。 想像超える味わいが広がる素敵珍味でした。 ❽汁椀 本日使用しているお魚たちの骨で引いた お出汁の椀 その骨からのうま味だけの滋味深い事 この上無しですよ。 舌にジンワリ穏やかに染みて来る味わいに もう、うっとりしまくりで お摘みの締めを見事に素材の命を 活かしきってる味わいに声が出ません。 【握りの部】 ①〜⑯迄、長文となりますが コメント欄に記載させて頂きます。

    日比谷ミッドタウンの 鮨なんば に伺いました! 摘み ⭐️佐島の蛸 水と酒だけで煮ているのですが、蛸の旨味が凝縮されています! ⭐️牡丹海老 上に海老の味噌・卵・殻を焼いて細かく砕いて和えたものが乗っています。モチモチの海老の食感・甘味に味噌や卵の濃厚な旨味と香ばしい殻の香りが合わさって、素晴らしい! ⭐️子持ちの槍烏賊 三杯分の卵を輪切りにした烏賊の身に詰めています。卵を取った残り二杯から作った煮詰めかけてあります。火の通し加減も絶妙で美味しい! ⭐️北寄貝のスープ 貝の旨味だけで作ったスープ。見かけはフレンチですが、バターやクリームは使わず、コクはありながらもすっきりした味わが素晴らしい! ⭐️あん肝 味の純度が高いあん肝!雑味は一切無く、旨味だけを凝縮しています! ⭐️きんきの煮付け 白醤油を使った煮付け!脂の旨味は感じさせながら、上品な味に仕上がっています! ⭐️あん肝のレバーパテ 先ほどのあん肝の外側をペースト状に仕上げたものをトーストに乗せています。お酒を呼びます! ⭐️焼き穴子 タレの味が穴子の旨味を覆い隠す事なく、引き立てます!絶妙! 握り ⭐️呼子白烏賊 舎利36°C/ネタ19°C 薄く切った烏賊を細切りにして重ねたもの。こんな食感の烏賊は初めて!舎利との混ざり具合が素晴らしく、烏賊の甘さが引き立ちます! ⭐️鳥貝 36°C/16°C 生の鳥貝。温度が上がると生臭さが出るのでネタの温度は低め。ねっとりとした食感と貝の旨味が溜まりません! ⭐️平目 36°C/20°C 3日寝かせた平目。もちっとした食感と旨味が絶妙! ⭐️鰆 37°C/21°C 舎利との一体感が素晴らしい! ⭐️鰹 37°C/22°C これ程肌理の細かい鰹は生まれて初めて!美味しい! ⭐️車海老 38°C/38°C 甘い!旨い! ⭐️北寄貝 36°C/15°C 裏返して握っているので、貝の甘味がダイレクトに伝わってくる! ⭐️春子 38°C/21°C これも舎利との一体感が素晴らしい! ⭐️伊佐木 38°C/20°C ⭐️鯵 37°C/20°C 上品な脂と旨味の鯵! ⭐️雲丹 36°C/20°C 雲丹がトロけて舎利をあっと言う間にコーティングします! ⭐️赤身 37°C/22°C 香り高く、美味しい! ⭐️トロ 40°C/24°C 脂の質が上品で素晴らしい! ⭐️小鰭 37°C/20°C 鮪の脂を綺麗に流してくれる締め具合!しっかり目に締めているにもかかわらず、身は解けるほど柔らかい! ⭐️虎河豚白子 舎利を白子で和え、上に虎河豚の身と炙った皮を乗せています。皮の香ばしさ、食感の違い、白子の美味さが更に引き立てられます! ⭐️赤むつ手巻 赤むつはノドグロの正式名称。皮を香ばしく炙っていて、アサツキと海苔の香りと渾然一体となります!これも脂が上質で素晴らしい! ⭐️干瓢巻(追加) これまた舎利と干瓢の一体感が素晴らしい!酢飯の美味しさを堪能できます! 摘みは何れも丁寧な仕事がされていて、非常に美味しい!お酒が進みます!握りはネタに応じて、舎利とネタの温度、舎利の量、更に握る手数も変えるこだわり様!ネタの質感、舎利との一体感が素晴らしく、名店たる所以がよく分かりました。次回が待ち遠しいです。 ご馳走様でした!

鮨 なんば 東京ミッドタウン日比谷の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 未入力
予算
ディナー
~60000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR山手線 / 有楽町駅(a11) 徒歩1分(72m)
東京メトロ日比谷線 / 日比谷駅(A11) 徒歩1分(75m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東急バス・東急トランセ 東98 日比谷 徒歩3分(170m)
東京空港交通 日比谷エリア〜羽田空港線 ザ・ペニンシュラ東京 徒歩3分(170m)
東京空港交通 日比谷エリア〜羽田空港線 帝国ホテル 徒歩3分(240m)            

          
店名
鮨 なんば 東京ミッドタウン日比谷 すし なんば とうきょうみっどたうんひびや
予約・問い合わせ
03-6273-3334

席・設備

カウンター

更新情報

最初の口コミ
Mitsumasa Sugawara
最新の口コミ
Ito Ryoko
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

鮨 なんば 東京ミッドタウン日比谷の近くのお店

有楽町・日比谷のでオススメのお店

銀座・新橋・築地の新着のお店

鮨 なんば 東京ミッドタウン日比谷の近くのお店を再検索

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

有楽町・日比谷周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-6273-3334