完熟マンゴーをバラの花束に!いま一番喜ばれるプレゼント「フルーツブーケ」を特別な人へ贈ろう

2017/09/13 八幡 啓司

おすすめキーワード

愛する人の記念日に贈りたい、バラの花束。美しく華やかなプレゼントの代表・バラの花束をさらに特別な贈り物にできると人気を集めているのが、カフェコムサの「マンゴーローズ」!

マンゴーで施された繊細なバラが、タルト生地の一面に咲き誇るスイーツの贈り物。完成度の高い美しさは、パティシエによる細やかな手作業で施されています!

まずは、実際の調理工程をご覧ください。

徹底されているフルーツへのこだわり

とっても美しいので、食べてしまうのがもったいない……。「こちらは豪快に召し上がることをオススメしますよ!」と、広報担当からのアドバイス。

覚悟を決めて、試食してみます!

ほぉ〜、マンゴーの舌触りがなめらか!まったく筋がなく、スッキリとした甘みです。

「弊社のフルーツプランナーが厳選したものを、パティシエが1つずつ味見をしてから調理します」とのこと。生クリームなども甘さを控えめにし、フルーツ本来のおいしさを引き立てているのだそう。

フロマージュブランのコクのある味わいも、マンゴーの甘みに優しく寄り添っています。

※フロマージュブランとは、フランス語で「白いチーズ」という意味。ヨーグルトに似たクリーム状だが酸味は少なく、あっさりとした味わいが特徴。

女性パティシエが生み出す繊細で優美な「食べられる花束」

マンゴーローズにはそれぞれ個性があり、本当に咲いているかのよう。「今回担当したパティシエは、カフェコムサでもトップレベルの腕前です。やはり、盛りつけ方やバランスなど、非常に美しいと感じます」と、広報の方もおっしゃるほどの完成度。

まだ20代中盤という若さにも関わらず、パティシエ歴はすでに9年という荒井瞳さん。

「当社のパティシエは、99%が女性です。だからこそ、女性が喜ぶものを企画でき、デザインできるのだと思います」。日本の伝統美を追求し表現することも、カフェコムサの特徴なのだそう。華やかさの中にも、優美な繊細さを感じますね。

早朝から夕方まで、店内の客席から見えるキッチンで、作り続けるパティシエたち。ひとりで訪れる男性客も多く、仕事の合間に癒やしのひとときを味わっているのかもしれません。

「食べられる花束」とも称されるマンゴーローズは、1ピース1,300円、1ホール13,000円。大切な人への贈り物にプレゼントしてみませんか?


カフェコムサ 銀座店

住所:東京都中央区銀座4-3-1 並木館B1F

電話番号:03-3535-1090

営業時間:【月〜土】11:00〜23:00 【日・祝】11:00〜20:00

定休日:年末年始

カフェコムサ 銀座店 銀座(東京都)カフェ  

PAGE TOP

Rettyグルメニュースとは?

Rettyグルメニュースは、 『食をもっと好きになる』メディアです!驚きや発見がある、美味しい話題を毎日お届けします!

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。