Le Centre

ルサントル

予算
~20000円
~15000円
最寄駅
東京メトロ銀座線 / 銀座駅 徒歩2分(82m)
ジャンル
フランス料理
定休日
毎週月曜日
不明

口コミ(5)

    ここ良かったなー ワインを美味しく飲みつつ、目にも鮮やかで美味しいお料理たちもワクワクするし❤️ この日はいつもより少なめのコースにしたんだけど、それがゆっくりワインを飲めたので良かったかも。 一緒に行った方がラムは苦手で、、、って相談したらその方のメインを豚に躊躇なく変えてくれたのも嬉しかった。 この日はワインに詳しい方が一緒だったので、その方にお任せだったけど、ペアリングもあるので今度は試したい❤️ #銀座 #カウンターもあります。

    Rettyのイベントに初参加させて頂きました。 日本酒をメインとしたオフ会 オーダーメイドフレンチ「Le Centre(ル・サントル)」 普段はシェフが厳選した旬な食材から、お客様の好みに合わせた組み合わせ、調理方法、品数を楽しめるそうなのですが、今回は特別メニューを頂きました。   ・アミューズ1 豚のリエットを詰めたグジェール ・アミューズ2 3種のマカロン ・前菜 オマール海老とカリフラワーのカクテル ・魚料理 海の幸のパピヨット サフラン風味 ・肉料理 鴨胸肉のロースト スパイスのラケ ・デザート チーズのテリーヌ   伯楽星 光 フルーティーだけど、甘さが口に残らない美味しいお酒。 伯楽星 雄町 此方の方がガツンとくる感じ。 光よりもハッキリ、スッキリした感じの味。 伯楽星 特別吟醸 結構しっかりした味。 少し尖った感じもある。 残響(磨き7%) 凄くまろやかな感じで非常に美味しかったです。 どの料理も美味しく、上品な味ですが、これに合わせたそれぞれの伯楽星が非常にマッチしていて美味しかったです。 これ程の料理とお酒を頂いて6,000円は非常にお得で脱帽です。 非常に美味しかったです。 ご馳走さまでした。

    10月27日(金曜日) 究極の食中酒を目指す「伯楽星」とフレンチとの出会い。 久しぶりの公式オフ会に参加した。 可愛いシュー生地に詰められた豚のリエットを味わいながら最初の酒を頂いた。 ねっとりと濃いリエットを包み込むかのような、鼻に抜ける果物の香りと爽やかな清涼感。 甘いマカロンに乗せられた3種類の具材の塩味のバランスもしっかりと受け止める純米吟醸雄町の旨味。 16度の重みに軽くクラっと来ながらも心地好い。 オマール海老とカリフラワーのカクテルの酸味には、まろやかな甘さの酒が併せてある。 真鯛のポアレには、特別純米の濃厚な味わいで素材が活きてくるようだ。 火入れ完璧な鴨肉のローストには、米を究極まで削り落とした「残響」が振る舞われた! 赤ワインよりも鴨肉に寄り添う滑らかな舌触り…。 究極の食中酒とは、ワインをも越えるのかも知れない。 #銀座のフレンチ&伯楽星 #久しぶりの公式オフ会 #豪華なメニュー #リーズナブルな会費

    企画で伺ったお店です。 日本酒は、普段はここまでのラインナップがあるかは分かりませんが、お料理はあると思います。 袋に包まれたお料理は、シェフ自らが開けて下さって、香りが広がり、食べる前から美味しいと分かるお料理でした。 初めから終わりまで美味しくいただきました。

    【杜氏と呑む究極のオフ会《伯楽星》】 ※コメント返しは原則お休みしてますので、記入ご遠慮ください(参考通知とオフ会の御礼は記入OKです) 先日催されたRetty公式オフ会、 「杜氏さんを囲んで日本酒を知る!酒蔵応援祭 日本酒オフ会」 日本全国の名門の蔵元が集う中、 他をさしおいてでも最優先で予約&参加したのは “究極の食中酒”こと「伯楽星」の会。 銀座の『Le Centre(ルサントル)』にて、 伯楽星 × フレンチのペアリング。 酒はいずれもオフ会前に蔵元で 瓶詰め注入したてホヤホヤ、最高鮮度のもの。 6000円コースで伯楽星呑み放題って 今回のオフ会凄すぎです。 …しかも私のテーブルは 伯楽星の杉原専務と 日本酒テイスター、バイヤーの安藤さんと同席のVIP席。 貴重なお話を伺いながらの この上なく素晴らしい食経験ができました。 ■みやじ豚のリエットを詰めたグジェール Amuse bouch ■3種のマカロン 3 types de macarons ■伯楽星ひかり純米大吟醸 糖度を抑えたクリアな味わいで、料理の邪魔をしない 「究極の食中酒」を目指す伯楽星。 比較的新しいラインナップの「ひかり」は 精米歩合15%、米をそぎ落とした“芯の芯”を味わう一杯。 たとえるなら、 山奥の水源の湧き水のような透き通った口当たり、 バナナのような品のある甘さ。 白トリュフ・キャビア・フォアグラ 3種三様のマカロンの風味を活かす。 初手にこれを持ってきた、 安藤さんの慧眼と味覚センスにも脱帽。 ■オマール海老とカリフラワーのカクテル Homard et chou-fleur cocktail ■伯楽星 純米吟醸 雄町 「伯楽星 純米吟醸 雄町」 日本酒好きから絶大な人気の雄町ですが、 古来から存在するのが雄町で 山田錦も雄町を別品種と掛け合わせたもの。 備前雄町を使っているそう。 先ほどの一杯目から打って変わり、 控えめな甘さにフルボディのワインのようなふくよかさ。 伯楽星って 基本的に薄く繊細な造りの酒が多いのですが、 この銘柄に限っては絞って割水を足さないスタイル。 クラシックな製法である2回火入れではなく、 品質管理を徹底した上で火入れ1回、 鮮度にも優れるフレッシュな口当たりの一杯。 カリフラワーのムースに、コンソメジュレ、海老の味の強い 「オマール海老とカリフラワーのカクテル」にも力負けせず、 こちらも秀逸な組み合わせでした。 安藤さん曰く雄町は 焼いた魚や肉など咀嚼する料理とも相性がよく、 次の料理の真鯛とも相性抜群でした♪ ■伯楽星 特別純米 純米吟醸 伯楽星は基本的に 高級ラインほど甘さと華やかになりますが、 「究極の食中酒」の一番指針となるのが純米吟醸。 糖度を抑えたクリアな味わい。 会食の中盤でも「飲み疲れず」どんどん飲める酒。 「最も飲まれる酒」を目指しており、 雑味のない淡い甘さとスッキリ感を両立。 ■鹿児島県産天然真鯛 レモングラスの香り Sea bream lemongrass sauce ■伯楽星 特別純米 「伯楽星 特別純米」 メロン・バナナ系の優しい果実風の甘味に、 ほんのり酸味が加わり爽やかなキレ感。 ハーブとレモングラスを使った 真鯛の包み焼きと共にいただく。 ■ハンガリー産鴨胸肉のロースト Chevreuil rôtie sauce grand veneur ■残響 超特選 純米大吟醸 ここで伯楽星 新澤酒造の 新澤社長が「残響」を携え登場。 海外のレストランではボトル 24万円(!)くらいする人気銘柄だそうで。 震災の直後の風評被害で 余った東北の米を有効利用したかった事と、 とにかく米をたくさん磨いたらどうなるのか、 という社長の探究心が生んだのが「残響」 実際に精米したサンプルも見せていただいたが、 米がビーズ位の小ささになるまで、磨きに磨きをかける。 日本酒の香り部分を華やかにすると、 逆に米の芯の味が分からなくなるため、 敢えて『残響』は香り控えめに、 芯の味を重視したコンセプト。 会もクライマックスで、酔いもまわりますが、 米のうま味とシャープさを特に強く感じられた一杯。 貴重なモノをいただきました。 ■チーズのテリーヌ Gâteau Opéra ■フィナンシェと食後のお飲み物 Financier et boisson (コメント欄へ)

Le Centreの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 不明
ジャンル
  • フランス料理
営業時間
定休日
予算
ランチ
~15000円
ディナー
~20000円

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東京メトロ銀座線 / 銀座駅 徒歩2分(82m)
JR山手線 / 有楽町駅 徒歩3分(190m)
東京メトロ日比谷線 / 日比谷駅 徒歩3分(190m)                        

                        

座席 修正依頼

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報 修正依頼

利用シーン 禁煙、ランチ、ディナー、ご飯、日本酒が飲める、ワインが飲める

更新情報

最初の口コミ
TARO.n
最新の口コミ
横田恵理子
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

このお店は以下のお店がリニューアルした店舗です


Le Centreの近くのお店

銀座のフレンチでオススメのお店

銀座の新着のお店

Le Centreのキーワード

Le Centreの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

不明