銀座くどう ぎんざくどう


予算
~15000円
~30000円
最寄駅
東京メトロ日比谷線 / 東銀座駅(A1) 徒歩2分(150m)
ジャンル
懐石料理 日本料理
定休日
毎週日曜日 祝日
もっとみる
03-3545-1091

口コミ(18)

    ■2017/11/24(金)19:00〜訪問 3名にて ■お店 東銀座駅④出口から徒歩2分ほど 井雪さんが入ってるビルの3Fです。 ■お料理 お任せ ¥22,000 本日のお料理全般に感じることは 舞い落ちる滋味の深さ 静かに降り注ぐ旨味 冴え渡る素材の生かし方 それらが渾然一体となり、 風格品格を備えたお料理と感じます。 ①先付は噴火湾の牡丹海老としろ菜 牡丹海老! 舌の上に乗せただけで そのぷよぷよの身がトロトロ溶けて来ます。 舌にネットリまったりと 白身の艶かしさが絡みつき、 ウットリとしちゃう程の甘味が放出されます。 その上に黄身醤油が奥床しい程 淡い甘味を引き出します。 極め付きは深緑色を淡くした色合いの卵! 土佐酢のジュレの酸味が卵に染みていて お口の中でプチプチ弾ける甘味と 心地良い食感の狭間 キレの良い酸味!が舌を刺激して お口にフレッシュネスを与えます。 ◉九平次 ◉十四代 ②海老芋 自家製鱲(からすみ) 海老芋をサッと素揚げして その周りにサラサラと流れる黄金色の卵 人肌程の温かみが有り 一粒の柔らか味がしっとり味と サラサラ味の丁度中間地点くらいで もう、これだけでずーっと お酒行けちゃいます。 ねっとりとした海老芋の甘味の奥から 白身魚っぽい香ばしさが仄かに 感じられます。 聞きますと、海老芋を 鰹と昆布の出汁に80度で40分 煮込むとの事にて だから、 その出汁の風味が感じられたのですね。 ③松島の穴子の山椒焼き 焼き加減が絶妙! 鰻みたいにホロホロしてて白身を 崩すとふかふかしてるの。 パリッとした皮目に染み込んでる 山椒だれの甘味が上品! 身と皮目が完全に一体化してて剥がれず 両方の旨味が口内で同時に起動します。 白身のトロトロした穴子自身の甘味と 山椒だれの甘味が融合して 別世界の味覚を作り出してる! ④お椀は甘鯛に聖護院蕪と小蕪 甘鯛から滲み出る脂成分が吸い地に 淀みなき深みを加え 浸し地の出汁風味が甘鯛を滋味深く 旨味の極に導き その無垢で淡白な白身に 彫りのある味わいを刻みます。 安らぎを覚える作品です。 ⑤お造りは金目に魳(かます) おろしポン酢、海苔醤油、藻塩 金目の鮮度の高さ 魳の脂の乗りの良さ どちらも甲乙つけ難き甘味を感じます。 その肉厚から放たれる膨よかな味わいを 酸味をポン酢で添えても良し 藻塩で甘味の輪郭をくっきりと 際立たせるも良し これが一番と思わせる海苔醤油の ねっちりとした甘味を加えて良し 浜名湖の海苔に葛を施して瀞みを出して お醤油に仕上げてます。 この、海苔醤油のとろんとした甘さが 魳にピッタリ付き添って 味わい深くて淡い甘さを見せるのです。 ⑥真魚鰹 薄っすらと淡く塩を効かせた真魚鰹 口に含んでその白身の細やかな繊維質を ホロリと歯で崩すとサクッとした食感の 隙間からジワ〜っと塩味が近づいてきて 甘塩の味わいをしっぽりと楽しめます。 ⑦白子に鼈の柚子釜 柚子のエキスが白子にも鼈にも忍びこみ 白子のぷるぷると鼈のぷよぷよコラーゲンの 共演が見せる甘味は、 このままずーっと舌の上で 溶けないでほしいと思える美味さ。 この柚子釜の中で渾然と混じり合う 鼈の出汁+白子の甘い汁+柚子の酸味が 齎す名残のおつゆが、 美味かぁと叫びたくなります。 舌の魔術師が織りなす逸品。 ⑧毛蟹とキャビアの酢浸し 毛蟹の少し甘い塩味と キャビアの品のいい塩味が掛け合う 秀逸な作品。 ホントに手抜きのない、 手抜かりのないお料理たちです。 ⑨山椒鍋ですが、くどう鍋と 勝手に命名させて頂きました。 山椒 九条葱 堀川牛蒡 サーロイン ニュー麺 お鍋の出汁がさっぱりとしてて 舌を疲れさせない旨味とコクを含んだ 濃からず薄からずの良い塩梅です。 お肉がサーロインの割には 赤身部位が多くて しかも、鍋を通しますと、 脂ぎってなく以外とサラサラとしてて お腹にスゥ〜っと入って行きます。 舌触りも滑らかで気持ちのいいお鍋です。 お肉の後は、追い出汁を入れて 少しお味を薄めてからニュー麺を頂きます。 ⑩土鍋で炊くいくらご飯 お米はつや姫 鯛のそぼろ なめこの赤出汁 香の物 いくらがつや姫に良く馴染んで プッチンと甘味を弾いて 帆立の甘味がお米に流れてて つや姫の元来の甘味を膨らませています。 この甘味の共演に加えて 鯛そぼろが信じられない程の絶品! いくらご飯にそぼろを掛けて頂きますと 瞬く間につや姫の味が変貌を遂げ いくら+鯛そぼろ+帆立の三重奏の味が 重なり合いながらも 旨味の同調律が共鳴し合います。 ⑪甘味 温州蜜柑のシャーベット アマレットソース シャインマスカット ラム酒のジュレ ⑫くどうプリン #行楽の秋キャンペーン

    ■2018/01/10(水)12:00〜訪問 昨年の11月に訪問後、 その素晴らしさが忘れ難く 鯛茶漬けも味わいたく再訪 お昼のコースは¥8,000と¥12,000から選択 くどうさんのお料理は 食材と一対一で会話を施し 素材の個性の豊かさを引き出すお料理 類まれな才能の持ち主と思います。 どんな進化を遂げて行くのか 見届けたい料理人 私の小さな経験値からしか判断出来ませんが、 銀座に赴く機会がありましたら、 是非、お時間を割いて頂き、 訪ねて頂いて宜しいお店と思います。 ■お店 カウンターが無く、個室のみの設えにて ①4名様 ②6名様 ③2名様×2卓の半個室 の構成 夜の部は、それなりにお値段が張りますが、 ランチでお試しでも十分に夜の部同様の 質の高さとボリューム感を味わえます。 ■お料理 ¥12,000 ①毛蟹 菜の花 土佐酢のジュレ お年始に亀の器で登場 毛蟹の鮮度抜群にて 先ずは何も付けずにそのままのほぐしを お口に含むと 無垢な甘さを感じつつ 仄かに感じる酸味がほぐしに広がっていて ほぐしにジュレを同席させると 甘酸っぱい香りが徐々に舌から消えて ジュレの澄んだ酸味がお口を覆い尽くす この二段階の格差が蟹の甘味を増幅 ②絶句する美味しい胡麻豆腐 くどうオリジナルの風味豊かな胡麻だれ 熟練の技と遠火でじっくり焼かれた胡麻豆腐 上質な胡麻を丹念に練って葛寄せして 皮目の焼き加減とお豆腐のプヨプヨ感 何にも増して濃厚な風味の胡麻だれ これらが三位一体となり絶品な旨味を感じる 皮がパリッとしてて凄く美味しい、 一口で絶句の味わい 皮の素材感がくっきり輪郭を表し 中の豆腐はこってりして胡麻の甘味の 質が貴賓溢れて その味覚を一瞬遮ってしまうかの 濃厚な厚みを感じるタレ その甘辛の味わいと 胡麻風味の芳醇さが交錯する味覚は とんでも無く跡を引いて余韻が消えず 一舐めして言葉を失う これぞ名作 ◉ふぐひれ酒 鰭の薫り深く酒に沈み込む旨さ輝く ③椀盛 白味噌仕立て 白子 聖護院かぶ 海老芋 しっとりと優しい纏わり方 落ち着いた大人風味の薫り 緩やかに余韻を残して行く 白味噌の甘味を白子が引き立てる 白子の旨味を白味噌が引き出す 拘りの白味噌 そのクリーミィさが 白子にぴたりと寄り添う 振り柚子のアクセント香ばしく 白子の質感が極まるほどの美味 海老芋がねっとり甘味を舌に絡ませて 最後の一滴まで吞み干し 至福の旨味に酔い痴れる 至高の一品。 ④お造り 平目 唐墨 出汁醤油 山葵 藻塩 平目がふくよかで、少しくコリっとして 唐墨を沢山かけて 山葵醬油もいい 藻塩が平目の甘味を一層引き立てて どいつもこいつも何から何まで秀逸 ◉加茂錦 ⑤八寸 ○車海老 ○子持ち昆布 ○真鯛のフライ ○鰤の塩焼き ○鳥松風 ○カステラ卵 ○かぶ生酢和え ○金柑 ○黒豆 しっぽり車海老で舌をちょっと喜ばせて 昆布の小粒が小気味良い食感を呼び込み フライが肉肉しくも無垢な白身の素直な甘味とサクサクした衣との対称性を味わい 生酢和えでさっぱりした後に絶品の鰤! この塩焼き、とんでも無く旨い 寒鰤の旨味を ここまで引き出す焼き方が有るのかと 鰤の身から滲み出す脂をその身の中に キュッと閉じ込めさせて 旨味をギュッと詰めこんで 塩味を表面から感じることはなく 肉を噛んでるうちに 奥からジワリと塩味を伴う 鰤の味が滲み出してくる 一品一品が技術に裏打ちされた素材の 持ち味を遺憾無く発揮させた八寸 ◉大信州辛口 ⑥サーロインと下仁田葱の小鍋 このお値段でお肉料理まで頂けるとは、 嬉しい誤算 然もサーロインをお出汁で煮込んで 下仁田葱と一緒に頂きます。 極太葱の甘さもサーロインの旨味も 存分に楽しんでお腹膨れて幸せ気分を満喫 ⑦お食事 鯛茶漬け お待ちかねの鯛飯 ご飯はふかふかつや姫 米粒がよく立ってる 先ず一膳目はつや姫に 胡麻だれが潤沢に浸された鯛の切り身を 寝そべらせる 鯛の淡白さがくっきりと映し出される 濃厚胡麻だれ味にご飯が染まり 豊かなコクを感じる 二膳目、この味を逃すまいと脳裏に刻みたく 鯛を平らげてお代わり 出汁の入った急須がご到着 三膳目は鯛のお刺身を乗せてから 出汁茶漬けで お出汁に馴染んで切り身が白く変化して 濃厚な胡麻だれも淡い茶色に薄まり 辛さも柔らかくなり薄味になるが そこを山葵がツーンと刺激して 鯛茶漬けの輪郭を整える このバランスが崩れそうな感じのまま、 ザクザクっとお口に啜るのが格別。 ⑧甘味 紅ほっぺ ラム酒のジュレ ヨーグルトアイス 苺のソース ⑨くどうプリン ⑩お土産 くどうプリン購入 お手元と膝掛けをお持ち帰り #素材と真摯に会話する料理

    ■2018.10.26(金)19:00〜訪店 ■お料理 お任せ¥22,000 ①先付 秋茄子 生雲丹 大和芋 土佐酢のジュレ 山葵を絡めて 新鮮な生雲丹と長芋さんが とろ〜っとした甘味を共演して 雲丹の甘味と 長芋のトロ〜んとした甘味が お互いに張り合っていて 何方も一歩も譲らず 其処に お茄子が嫋やかな優しい秋味を 舌に寄せてきて 最後は茄子の寄り切りかと思えるほどです。 可憐な茄子の繊維質の舌触り しっとりとお淑やかな風味を備えて 秋茄子の美味なる余韻を残して行きます。 ②岩手の松茸のフライと甘鯛の鱗揚げ 雪塩 酢橘 松茸のフライの衣が狐色に焼けて サクサクっとした衣の食感が素晴らし過ぎ。 そのサクサク感の扉を開けますと 向こう側には松茸の気高くも気品溢れる 香りがフライの中に閉じ込められていて その香ばしい甘味がジュワ〜のフワ〜で お口中に充満するのです。 この時の衝撃が舌に鮮明に印象を残します。 そのまま何も付けずに旨し 雪塩でもっと旨しが二倍 酢橘塩で一気に昇天する旨し 一方、甘鯛の鱗のサクサク感は 揚げ物のサクサクとは全く 別物で軽快なカリカリ感が伴うサク感が 真っ先に歯に当たり 次いで甘鯛のホロホロ崩れ行く甘味が 舌を撫でながら包み込んで行くのです。 ③鯖の手巻き寿司 三陸の金華鯖のお寿司に板海苔を巻いて 鯖:舎利の比率が5:1くらいの極太の鯖! ビジュアルにもビックリですが 海苔を巻いて食べた時に広がる鯖の旨味が とても芳醇で鯖の旨味にお口中が潤い 暫し呆然となります。 しかも板海苔のパリッとする硬度が高く 噛み下す時の食感の気持ちよさが 鯖の甘味と共にず〜ッと残って その後から舎利の酸味が 追いかけて来る楽しい作品。 ④胡麻豆腐 名物料理 くどうの胡麻豆腐 皮のパリパリ感と中のトロトロ感と 胡麻だれの滑らかな舌触り感とが 渾然一体となって舌を襲う旨味の極み お豆腐自体の甘さ加減が絶妙なのに加えて 胡麻だれの独特な鹹味が 喉に乾きを覚えるくらいにパンチが効いてて 濃厚な甘味を覚えると同時に お豆腐の胡麻の香り高い甘味が交錯して 美味なるアンサンブルを奏でます。 ⑤鱧松のお椀 見返しを見てびっくり 鱧が松茸を咥えてますよ〜 お椀を飲み干してまた、びっくり 松茸がにょきにょき 香りを嗅いでウットリ 味を噛み締めて嬉しい 蒔絵を眺めて楽しい ⑥鰆の炭叩き 菊花 芽葱 藻塩 お醤油 山葵 皮目の部分を熱く熱した炭を当てて 焦げ目をつけてるので 炭の薫香がピタッと鰆に寄付いて 鰆の甘味に輪郭をビシッと決めてます。 藻塩も鰆の甘味を引き立てますが 素材自体の甘味と薫香の淀む味わいが 素晴らしい。 ⑦琵琶湖産の天然鰻蒲焼 鬼灯 10万本に一本と言う大鰻で1kg以上の代物です。 まさに千載一遇の天然鰻を頂けるチャンスを 授かりました。 先週の水曜日に届いて寝かせて熟成した所を お出し頂きました。 ホントに偶然にも出会えた鰻さん。 兎に角、旨味も皮目のパリ感も尋常ならざる美味しさに、んんんと舌之助が唸りっぱなし。 白身の弾力感が不思議な感じで ホクホクな白身なのにしなやかな反発もあり 噛んだ時の食感が歯を浮き沈みさせて その肉質から発散される鰻ダレの甘味と 鰻自身の旨味が調和する極上の美味しさに感動 この味覚、データ保存したぁ〜い。 後から何度でも読み取れたら良いのに と、お馬鹿な事を考えてしまいました。 ⑧無花果の白和え 無花果に白和えのソースとアーモンドの粉 単純に無花果を素直に炊いた果汁が優しい 白和えの甘味とアーモンド甘味のふわふわ感 ⑨喉黒の塩焼きに出汁の餡掛けと松茸スライス 全員が、ヤバァ〜イと叫んでしまった逸品 唸ると言うかレベルを超えた美味さ 悶絶ものです。 出汁の餡が慈の味わいを深めて 喉黒を纏ってるだけで 訪れる極上かつ風格ある旨味 喉黒のホロホロ加減に染み込んだ塩気の塩梅 塩気と甘味が交錯するバランスの妙味 其処に忍び寄る松茸の香味が喉黒を覆う 絶句する味覚 筆舌し難く ちびちびと 半刻ほど時間をかけて 我を忘れて お酒と戯れたい 秋の夜長をこのお料理と共に虚となるべし ⑩山形牛の芋煮 里芋 舞茸 ⑪お食事 いくらと秋鮭の炊き込みご飯 ジャンボなめこの赤出汁 香の物 追いいくら 子持ち鮎旨煮 薄口醤油で漬けたいくらが 赤くキラキラ光り輝く 一膳目は鮭といくらの粒粒が散りばめられた 旨味たっぷりの秋味ご飯を頂く 二膳目は追いいくらをどっぷり、 ボタぼたボタとぶっ掛けてご飯をいくらで 覆い尽くして頂く もう満足満腹で身も心も満たされちゃいました ⑫甘味 洋梨 洋梨のアイス ラム酒のジュレ掛け ザクロ

銀座くどうの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • 懐石料理
  • 日本料理
定休日
カード
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners
  • JCB
予算
ランチ
~15000円
ディナー
~30000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ日比谷線 / 東銀座駅(A1) 徒歩2分(150m)
東京メトロ銀座線 / 銀座駅(A5) 徒歩5分(330m)
都営大江戸線 / 築地市場駅(A3) 徒歩5分(380m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 業10 築地 徒歩2分(110m)
東京空港交通 銀座・汐留エリア〜羽田空港線 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 徒歩3分(190m)
都営バス 業10 銀座四 徒歩3分(240m)            

          
店名
銀座くどう ぎんざくどう
予約・問い合わせ
03-3545-1091
お店のホームページ

席・設備

座席

14席

(2名席×2 半個室×1、4名席個室×1、6名席個室×1)

個室

2人用
4人用
6人用

カウンター
喫煙席
駐車場
なし

特徴

利用シーン
  • 個室
料理の特徴・こだわり
  • 魚料理にこだわり
  • 食材産地にこだわり
  • 料理人が海外修行経験あり
  • 料理人が有名店で修行経験あり
  • オーナーシェフ

更新情報

最初の口コミ
Yuko.W
最新の口コミ
光岡志朗
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

このお店は以下のお店が移転した店舗です

移転前の店舗情報は次のリンクからご確認できます。


この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

銀座くどうの近くのお店

銀座の和食・日本料理でオススメのお店

銀座の新着のお店

銀座くどうのキーワード

銀座くどうの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

銀座周辺のランドマーク

03-3545-1091