雪山のように美しい「白オムライス」!?繊細な日本の味わいに包まれて、オトナもうっとり舌鼓…

2017/08/01 八幡 啓司

おすすめキーワード

鮮やかな黄色い卵と、赤いケチャップとの可愛らしいコントラスト。丸みを帯びたフォルムの中には、ケチャップライスがたっぷり。そんなオムライスが一般的ですが、今回取材したのは「白オムライス」なるもの。いったい、どんな味わい?

赤坂駅からほど近い「赤坂 津つ井」は、かつて料亭だったのだそう。趣のある店構えは、まさに日本的。今回特別に「白オムライス」を調理している様子を、間近で見学させてもらえることに。

「卵を焼くときは、フライパンの温度が重要なんです」と、調理中の方が顔にフライパンを近づけて、温度を確認していました。経験に基づく肌感覚なのだそうで、職人技ですね。

試食してみると、和の味わいが広がります。「鶏に与えている餌が玄米なので、白っぽい黄身なんです。さらに生クリームも加えて、白さとコクを増しています」。あっさりとした卵に、ソースの塩気が合うんです。「こちらは濃厚な色の黄身に、トビコと昆布出汁を加えました」。

ご飯も繊細でありながら、しっかりとした味わい。エビやカニのほぐし身など、海鮮の具材がたっぷり!「丁寧にとった鶏ガラと、セロリ、にんじんの出汁で炊いているんですよ」。こっそりと入っているキャベツや玉ねぎも、食感の変化を演出していました。すべてが調和し合って「 にっぽんの洋食」に仕上げられているんですね。

店内の門構えやインテリアも、和洋折衷の落ち着いた雰囲気です。入り口をくぐれば、ここが都心の赤坂であることを忘れてしまいそうな空間が広がっています。店内の窓から見える庭には、キレイな魚が優雅に泳いでいました。

地下に個室もあるので、接待や女子会など、大切な会合でも安心して利用できますね。夏真っ盛りで猛暑が続いていますが、雪山のような白オムライスに挑んで、夏の思い出を作ってみませんか?


赤坂 津つ井
住所:東京都港区赤坂2-22-24 泉赤坂ビル 1F・B1F

電話番号:03-3584-1851

営業時間:[月~金・祝前]ランチ:11:30〜15:00 LO14:30 ディナー:17:00〜22:00 LO21:30
     [土・日・祝]ランチ:12:00〜15:30 LO15:00 ディナー:16:30〜22:00 LO21:30

定休日:毎年1月1日、毎年12月31日、毎月第1日曜日、毎月第3日曜日、祝日の月曜日

赤坂 津つ井 総本店 六本木一丁目(東京都)洋食  

PAGE TOP

Rettyグルメニュースとは?

Rettyグルメニュースは、 『食をもっと好きになる』メディアです!驚きや発見がある、美味しい話題を毎日お届けします!

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。