赤坂 鮨 こしかわ

公式情報
AKASAKA SUSHI KOSHIKAWA すしこしかわ

予算
~15000円
-
最寄駅
東京メトロ千代田線 / 赤坂駅 徒歩1分(39m)
ジャンル
寿司 魚介・海鮮料理 割烹・小料理屋
03-6277-7158

美しく丁寧な所作と一切の妥協を許さない情熱が織り成す、至高の握り。

★3/26以降の土曜日は2部制になります★ 1部:17:00~19:00 2部:19:30~20:00 赤酢や煮切り醤油を使う江戸前鮨。豊洲から仕入れる一級品の魚を手間を惜しまず丹精込め仕込み、食材の旨みを最大限に引き出し店主が納得できたものだけを握る。品書きは、つまみとにぎりで構成された『おまかせコース』一本のみ。 最初から最後まで飽きさせることのない食事を活気あふれるカウンターでお楽しみください。

メニュー

  • 大トロ

    大トロ

    当店自慢の大トロです。 ※コースでの提供のみです。

  • 車エビ

    車エビ

    江戸前といったらやはり車エビ。 ※コースでの提供となります。

  • ウニ

    ウニ

    濃厚なウニも堪能してください。 ※コースでの提供のみです。

赤坂 鮨 こしかわのコース

  • おまかせ握りコース 15,000円(税込16,500円)

    おまかせ江戸前握りのコースです。

口コミ(7)

    • ピックアップ口コミ

    土曜の夜は知人から誘われた情報のあまり出ていない回らないお鮨屋さんの『鮨こしかわ』へ 赤坂駅からは近く、2階にあるため看板が目印です。 つい最近オープンしたということで店内はかなり新しい新鮮な空気が流れてました。 完全予約制のコースのみ コースの内容は仕入れ等によって変わるそうですが、以下内容でした。 せりのお浸し 削りたて鰹節添え お刺身3種   シメサバ、サワラ、ツブ貝 毛蟹海苔巻き  あんきも ブリシャブ  ヒラメ スミイカ スミイカで作った塩 イワシ マグロ赤身  太刀魚 焼き サヨリのかんぬき  卵黄 天草のコハダ サヨリの皮 大トロ 穴子 車海老 玉子 トロタク巻き いくらうに、込みご飯 しじみ汁 抹茶アイス 1品系、握りをわけて厳選して紹介していきます。 前半1品系 せりのお浸しは削りたての鰹節でいただきます。 削りたての鰹節特有の出汁の香りにシャキシャキのせりが良い組み合わせでした。 お刺身3種 大船渡 シメサバ 浅漬けのペースト上 岡山 サワラ 玉ねぎの漬け込みor塩 つぶ貝 わさび それぞれ食べ方に1工夫ありでシメサバはペーストソース、サワラは玉ねぎの漬け込みジュレ、つぶ貝はシンプルにわさび醤油 感動の旨さだったのは旬のサワラ 玉ねぎの旨味も堪能できるジュレとスモークの香りもあり脂の乗ったサワラの身が絶妙に合わさった刺身でした。 北海道余市のあんきも 煮立ての仕上げ お酒のアテにピッタリの味付けだったあんきも 絶妙な火加減で煮られたあんきもはフワッフワの食感にあんきも特有のねっとり感を感じます。 柚子胡椒or生七味で味変もでき、特に生七味で食べるあんきもはここだけで食べれる味付けです。 日本酒との相性も抜群でした。 毛蟹海苔巻き シンプルに蟹と蟹味噌を和えたものを海苔にぎっしり詰めた1品 毛蟹の旨味が凝縮されているので海苔との相性抜群でした。 ブリシャブ 程よい柔らかさに潜らせてあるブリは、シメサバでいただいたソースでシンプルにいただきます。 ブリの脂身が程よく滲み出ており、日本酒と合わせると絶品です。 前半握り 各地の厳選されたネタをいただく握りです。 赤酢は2種用意されてます。 大将がこだわりを話しながらいただく握りは、知る人と知る鮨の知識を学べるので、会話しながらいただくと背景が知れ旨味が増します。 大間のマグロ赤身、大トロ 初めての大間のマグロは、過去食べたマグロの中でも群を抜いて旨味でした。大トロは一見脂身が重そうに感じますが見た目以上にあっさりした美味しさでした。 前半1品系、握りの後後半1品系が数品きて、再び握りとなります。 後半1品系 太刀魚の焼き 大根おろし、すだち、生七味 分厚いの身の太刀魚はさっぱりすだちとの相性抜群でした。 サヨリのかんぬき 卵黄添え サヨリのかんぬきととろっとろの卵黄が合わさった1品 サヨリの締まった身と卵黄が絶妙に合い辛口の日本酒との相性抜群です。 後半の握り 穴子 ずっしりとした穴子はシャリ全体を包み込む 穴子特有の柔らかみが口の中で弾けて旨味が増します。 車海老 茹でた車海老 程よい硬さ、柔らかさの車海老は火がしっかり入っており海老の旨みを感じることができます。 ご飯締め 握りかご飯かどちらか迷いましたが、圧巻だったのはトロタク巻き ねっとりした大間のトロを大きめのたくわんでいただく巻きものは食感がたまらない巻きものでした。 最後はしじみ汁と一口抹茶アイスで締め 大将と話しながら食べる鮨は知識やこだわりが聞けるので真の鮨を感じれるお店です。

    ここは赤坂。 某キー局の裏手にある高級鮨処。 ビルの2階へ進み、ガラガラと戸を開けると女将がお出迎え。 17時のオープン時間に予約をした私たちは、一番乗りの入店ということでエル字カウンターの1番奥の席へ座りました。 本日は特例期間中のためノンアルビールと『寿月堂 芽茶』冷たい緑茶で乾杯をしました。 コースのスタートは 『まりも 梅』青梅をメロンシロップに漬けた初夏を視覚からも味覚からも嗅覚からも感じさせる一品。 梅雨時期のどんよりな気分も吹き飛ばしてくれました! お次は早くもお寿司?と思いきや『うに芋寿司』!! 山芋とウニ、海苔の佃煮のマリアージュがやさしい!! どれも主張し過ぎずお口の中で溶け合うのです。 お次は桜ます。 自家製のカラシがご自慢! お椀はふぐの白子を。 ふたを開けると大きさにビックリ!! 箸で持ち上げるにもデリケートな柔らかさ。 口に入れると濃厚クリーミー。 お出汁も優しさを感じる一杯。ほっとするひととき。 お次に焼物。 メインは太刀魚。 添えられた旬のお野菜たちも素材の味を活かした調理法で。 トマトのおひたしやさつまいものオレンジ煮。スモークサーモンを千枚大根で包み、ヤングコーンは葉ごと焼く大胆でシンプル。 お塩もこだわりの藻塩で焼物の美味しさをより一層に引き立てていました! 前置きがかなり長くなりましたが、 ここからはお寿司を食します。 春小鯛。 鯵。 とり貝。 中トロ。 小肌。 とり貝はカウンター越しにパフォーマンス! ぺしっと叩きつけて身を引き締めるところが見どころ。 中止めにエビしゅうまい。 添えられた割醤油がまたこだわり抜かれた薄からず、主張もし過ぎない脇役。クレソンも鼻を抜けてく苦味でひと仕事。 しゅうまいを食している間に大将が生きの良すぎる車海老と格闘の末、氷水に漬け込み勝利! 食べられたく無い!と逃げてしまったのか、そんな車海老さんたちもお湯に浸かり赤みを帯びてすっかり美人さんに。殻を剥かれて大将の愛を吹き込み、後ほど命を美味しく頂きました! アオリイカ。 のどぐろ。 赤身の漬け。 活車海老。 ウニ。 煮蛤。 穴子。 玉子。 アオリイカのねっとりとするも引き際の潔さ。 のどぐろは香り高い海苔で包み。 ウニは必殺三段重ね。 煮蛤の芸術的な刃入れ術。 穴子のふっくら製法は感動の初体験。 玉子はスイーツとよく言うものの、こちらの玉子は和菓子!繊細さと芸術性を兼ね備えた逸品。 巻物はトロたくと鉄砲巻き。 赤出しはめかぶを。 デザートにはいちご豆腐と白玉あん最中を頂き、 もう満腹です。 カウンター内で食材と真剣に向き合いながらもママ友との女子トークに耳を傾けてくださりありがとうございました! お話好きなユーモアのある大将にはまた会いたくなって通ってしまうかも! また伺わせて頂きます。 ごちそうさまでした。

    知人にとても素敵なお寿司屋さんがあると聞いて予約をし行ってみました。 昨年12月にオープンしたばかり。 コロナ禍という状況ですが、指針を守りながらもお客様を一生懸命にもてなそうという心意気を随所で感じました。 オーダーは20,000円のコースのみ。 対象の選りすぐりの素材を思う存分楽しませてくれます。 まずはビールで乾杯。 一品目は 菜の花とタラの芽の和えもの 削りたけの鰹節がふりかかっていてなんとも優しい味わい。 削りたての鰹節の香りがほんのり伝わってきます。 お造りで 青森のヒラメとえんがわ すだちをさらっとかけ塩または醤油で。 ほんのりとした甘さがしっかり伝わってくる。 続いて岡山の鰆 3日寝かして 玉ねぎと醤油の和物でいただきます。 口の中で膨らむ香りが、余韻となりしばらく続きます。 つぶ貝すだち 甘みと磯の香りがバランスよく伝わってきます。 とにかくこの時点で目や口だけでなく音や香りでも楽しんでいる感じがたまらなく心地よい! 箸休めの天豆濃い味わいで甘みとコクがすごい。 ここで日本酒をスタート。 飛露喜 純米吟醸 福島のお酒。 スッキリな味わいでこれからのメニューを引き立ててくれた。 〆鰯芽ネギとしそ 岩手の鰯を使用していて イワシのクセがいい意味で香りにかわり口の中で響く感じ。 毛蟹。贅沢に身をたっぷり、有明の海苔で巻いて 鼻に通る奥深しい味わい。 ガリは ゲンコツと黒はスライスで 栃木から取り寄せている。 甘くなく、ちょうど良い味の濃さ。 千葉竹岡の太刀魚 これも淡白な味が印象の太刀魚とは違って コクがありしっかりとした味。 なまの七味と合わせてまた絶妙な味わい。 ここからにぎり 鴨川の金目鯛 金目鯛というと伊豆の方のイメージでしたがこの時期は鴨川が良いとのこと。 炙りで赤酢の飯といただきます。 ここで日本酒変更。 南部美人。特別純米。 こちらは味わい深く奥深さ、重みのある感じのテイスト。 鹿児島出水のすみイカ ほんの少し味付けをしているだけですが、イカの甘みが半端なくまたわさびの加減も絶妙でバランスも素晴らしい。 寿司飯だけ食べてみてよということでいただくと いかにネタとのバランスを念頭に作られているかが よく分かりました。 酢飯だけでは美味しくない。 微妙な調整が大切なんだと。 天草のコハダ。 コハダは〆でいただきますが、お酢で〆るのではなく 塩で〆てお酢で味付けするのだそうです。 絶品です! 赤身 大間産のマグロ。 個人的にマグロは赤身ですが、 大間産は初めてかも。 中トロ 赤身の後だとむしろあっさりしている感じ。 筍の土瓶蒸し 銀杏とのどぐろと一緒に蒸されて すだち一滴たらして飲む。 若葉が鼻にくるそしてその後の筍は極上の味わい。 余韻がいつまでも続く。 筍は土の中でいい塩梅に育って一番いい状態のものを使っているそうです。 同時にのどぐろをいただける贅沢さ! のどぐろ トラフグの白子 外側はしっかり焼かれているが、中はトロトロ。 熱をいれたことでコクが増しており、お酒がまたうまい一品。 ボタンえび。 殻のままのボタンエビをその場で調理。 身の部分を味付けしていただくと思いきや、 肝を取り出し、味付けはそれ。 確かに下手に味付けするより、最上の味付けは肝といった感じ。 上品な甘みと肝の苦みが絶妙にブレンドした一品。 鼻の中のかぐわいが半端ないです。いつまでも続きそう。 次は鯛。鹿児島の出水 昆布締めで頂きました。 昆布のほのかな味と鯛の甘みがバランスよく、 口の中で響き渡る感じ。 海苔のこだわりは触れずにはいられず 有明のノリ手巻き、巻物には千葉の海苔を使っているのだとか。 パリッと頂く海苔と、湿っていただく海苔を使い分けている細やかさ。 ウニは函館子安のもの。 軍艦とかそういった感じではなく、シャリにウニを載せ軽く海苔で包んで。 この食べ方が一番おいしさが伝わってきます。 対馬の穴子。 アナゴはどうしても東京のイメージですが、 対馬の穴子も有名だとか。 玉子焼き。 芝エビを含ませて、仕上がっているが、玉子焼きというより カスタードプリンのようで、デザートを食べてるみたい。 とろたく 壺漬けのたくあんと一緒に。 お椀 青森十三湖のしじみ 小ぶりだけど、味のしっかりしているしじみで、出汁が濃く感じました。 デザートは 抹茶アイスもなか 食事中、場を和ませてくれる大将

    赤坂に新しくオープンしたお鮨屋さん。 インスタも食べログもGoogleも誰も投稿していないので、ドキドキしながら訪問。 おまかせコース1本(20,000円)この日の内容は以下。 【つまみ】 ・蕪のすりながし(聖護院蕪)  削りたてのかつおぶしとブラックペッパーがアクセント。 ・つぶ貝、サワラの炙り  玉ねぎの煎り酒がのった鰆と、塩,醤油で食べる鰆の2種が楽しめます。 ・かに海苔巻き  食べてびっくり。カニのみを海苔で巻いたかにたっぷりの海苔巻き♡ ・北海道産鰤しゃぶ  身の厚い脂ののったぶりが2枚! ・余市のあん肝  甘く味付けされた大きなあん肝♡柚子胡椒や生七味をお好みで。これが美味しすぎて、食べ終わりたくなくて少しずつ食べました。。西瓜の奈良漬も入っていて、日本酒が進みます。 ・茶碗蒸し  イバラガニ内子がのったトロトロ茶碗蒸し。 ・竹岡の太刀魚  とっても肉厚で、ふわふわ。お箸でほろほろ切れました。こちらも生七味、大根おろしでいただきます。 ・サヨリの閂  かんぬきは太く立派なものを言うらしく.しっかりしたサヨリでした。うずらの卵と絡めて。 ・根室産バフン雲丹ご飯イクラ、雲丹乗せ  あまーいウニと新鮮いくら。最高に美味しい小丼♡  【握り】 ・平目 握りはネタが大きくシャリが小ぶりで食べやすい! ・スミイカ  スミイカの墨で作った自家製の塩がのったこのイカが本当に美味しかった♡ねっとり! ・しめ鰯  1日寝かせたという脂たっぷりの鰯。口のなかでトロけました♡添えられた浅葱も美味。 ・鮪の赤身  赤身だけど中とろのような濃厚さ。隠し包丁で醤油の味が染み込むように工夫しているそう。 ・中トロ  美味しくないわけがない♡ ・天草のコハダ  大きなコハダ。さっぱりしていてお口なおしになります。 ・大トロ  見た目は脂たっぷりですがくどい感じではなく、バランスの良い大トロ♡ ・穴子  アナゴも巨大!熱々ふわふわ ・トロたく  あえて大きめにきって食感を残したたくあんと、濃厚なトロで〆まで最高に美味しい。 ・玉子焼き  プリンの様な好みの卵焼き。 ・しじみ汁 ・抹茶最中アイス もう、最初から最後まで全てが美味しくて、大満足のコースでした。 日本酒もお勧めで頂きましたが、とっても美味しく、お猪口やグラスも素敵でより美味しく感じました。 店内はとっても清潔感があり、大将もお店の方もみんな気さくで優しいのですごく居心地が良かったです。 年内最後にこんなに素敵なお鮨屋さんに出会えて嬉しい夜でした♪

    オープンから間もない清潔感のある店舗 女将の丁寧な応対が非常に好感が高い オーナーがこしかわさん 焼き鳥やイタリアンなどなどいろいろ経験されているが非常に若い方 大将の米田さんはお酒が好きそうに見えて下戸とのこと 逆に飲まないがゆえに純粋にうまみだけを判断できる? 湯島→銀座と修行をされたそうです お話上手でコミュ力高い 薄く切らず大きく塊で出すガリが非常に美味しかった 1カワハギ 肝あえ 大分 2聖護院蕪 すり流し  ※ブラックペッパー掛けの上にちょこんと削りたての鰹節をそえて  とても上品であっさりとした仕上げ 3お造り 上くえ 長崎 左つぶ貝←珍しい左巻のヒメエゾボラ 右 さわら 岡山  ※上に乗っているのは玉ねぎ →肉厚のクエにつぶ貝の歯ごたえが素晴らしい 4毛ガニの巻物 →巻いてあるノリがパリパリの状態で毛ガニのジューシーさと相まって聴覚がと味覚がいっきに幸せに 5あん肝 柚子胡椒・生七味 下にすいか(京都)の奈良漬けを敷いて →同行者含めて今回最高に美味しかったものの一つ 素晴らしい仕上げでした  臭みもなく口の中できれいに溶ける優しい触感 添えてあった生七味が全般通していい役目を果たしてました 6茶碗むし いばらがにのうちこが上に →スプーンに載せると零れ落ちるほどの柔らかさ 出汁ジュースのような ここから握り 7ヒラメ 青森 8すみいか →産地聞き逃し 隠し包丁 9〆いわし 千葉 →一日寝かしている。にんにく風味で仕上げている 光物とにんにくの相性がとってもいい 10赤身 大間 やま幸 →身が引き締まってて食べ応えがある 11中トロ 大間 やま幸 12太刀魚の焼物 千葉竹岡 →口の中でほろほろと崩れる抜群の焼き 13さより 閂(かんぬき)は上質な鱵(さより)です あさつきが振ってある 14さより 閂(かんぬき)皮  握り再び 15コハダ 熊本 16うちいし ウニといくらのご飯   うまみが凝縮 17大トロ 大間 やま幸 18車海老 宇部  →厚みのある立派な海老 温かいままでいただくとエビの風味が口の中で広がる 19穴子 対馬 →言葉が出ない 口の中で溶けて満足な時間 黄金穴子だろう 20芝海老の入った玉子  →まるでプリン デザートかと思うようなつまみ 21トロたく巻き →パリパリの海苔をまかずに出してくれる 見た目にも楽しい 22十三湖のシジミのお吸い物 23抹茶アイス 誘ってくれた友達に感謝 ごちそうさまでした

お店からのオススメ

  • おまかせ握りコース

    おまかせ握りコース

    おまかせで提供させていただいております『江戸前握り』のコースです。

  • 大間のマグロ

    大間のマグロ

    コースで提供しているマグロは大間産のマグロを使っております。

  • コースにはお寿司以外の物も

    コースにはお寿司以外の物も

    コース内には、季節に応じてお寿司以外のメニューも提供しております。 一例) ・お造り ・ブリしゃぶ ・かんぬき 卵黄添え ・太刀魚 焼き ・お吸い物

赤坂 鮨 こしかわの店舗情報

店舗基本情報

予約・問い合わせ 03-6277-7158
オンライン予約
ジャンル
  • 寿司
  • 魚介・海鮮料理
  • 割烹・小料理屋
営業時間
定休日
予算
ディナー
~15000円
クレジットカード
  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners
  • JCB
QRコード決済
  • PayPay

住所

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東京メトロ千代田線 / 赤坂駅 徒歩1分(39m)
東京メトロ丸ノ内線 / 赤坂見附駅 徒歩8分(590m)
東京メトロ半蔵門線 / 永田町駅 徒歩8分(630m)                        

                        
駐車場 あり 近隣(割引なし)あり

座席

席数

14席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

4人用

サービス・設備などの情報

衛生対策と予防の取り組み
店内
店舗内にお客様用のアルコール消毒液の設置
客席間の仕切りを設置もしくは間隔の確保
定期的な換気
従業員
勤務時の健康チェック及び検温など
従業員のマスク・手袋着用
手洗い・うがいの徹底
お客様
入店時の手指消毒
入店時の検温
コース 8000円以上コースあり
料理の特徴・こだわり 魚料理にこだわり、食材産地にこだわり
ドリンクの特徴・こだわり ビールあり、日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、ウイスキーあり
予約 完全予約制
利用シーン ディナー、PayPay決済可
雰囲気 静かな店内、落ち着いた雰囲気
サービス テイクアウト可能
お子様連れ入店 可 小学生可
ペット 不可
Wi-Fi利用 あり
携帯電話電波 docomo、au、Softbank

更新情報

最初の口コミ
inoue masa
最新の口コミ
Tomohiro Igarashi

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

赤坂 鮨 こしかわのキーワード

赤坂 鮨 こしかわの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

赤坂周辺のランドマーク

03-6277-7158