蕪木 かぶき

その奥深さに魅せられた、生粋のコーヒーマニア をはじめ 38人がオススメしています 口コミをみる

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
つくばエクスプレス / 新御徒町駅(A4) 徒歩6分(470m)
ジャンル
カフェ コーヒー専門店 スイーツ チョコレート
定休日
毎週火曜日 毎週水曜日
もっとみる
03-5809-3918

鳥越の珈琲とチョコレートの人気店

口コミ(21)

    《2017.02.24訪店》 Retty初投稿になります❗️✨ キリ番1300投稿目はこちら〜♫(((o(*゚▽゚*)o)))♡ めちゃくちゃ素敵な「珈琲とチョコレートのお店」を 開拓しました❗️2017年マイベスト入り確実です。(๑˃̵ᴗ˂̵) 自家焙煎珈琲豆とチョコレートの製造(Bean to Bar) 販売をこちらの場所にて工房兼喫茶室の実店舗として 2016年11月7日にオープンされました。✨ Bean to Barの人気店『ダンデライオンチョコレート』 が蔵前にはありますが、こちらはまだ穴場の知る人ぞ知る なお店ですが…既に人気店です。( ̄▽ ̄) 場所は蔵前駅、浅草橋駅、新御徒町駅よりそれぞれ徒歩 7〜8分程です。 私は知っているから、躊躇なくドアノブを回せますが… 知らないとココは何のお店??となるその外観がまた シンプルの極み❗️(`・∀・´) 豆電球の下に屋号「蕪木」のプレート、茶色の木ドアの 脇に「営業中」と書かれた小さなプレートがあるだけ❗️ 14:45頃に入店するとカウンター1席だけ空いてました♫ オーナーの蕪木さんが1人で切り盛りされています。 ドアを開け店内へ入ると…そこは薄暗く落ち着いた照明 のむーじー極まりない空間でデートで連れてこられたら 女性は…。( ̄▽ ̄)ですね。✨✨ まずお冷ではなく「白湯」が出されます。╰(*´︶`*)╯♡ 過去の評価からも白湯のお店は"Pログ"の点数高いです❗️ メニューは珈琲9種(ブレンド3/ストレート3/アレンジ3)、チョコレートドリンク7種(ストレート3/フレーバー4)、お酒類3種で珈琲とチョコレートと少しのお酒という ラインナップです♫╰(*´︶`*)╯♡ ◼︎ブレンドコーヒー(珀 )700円 ◼︎無垢チョコレート200円 ◼︎ブレンドコーヒー(オリザ)650円 《購入品》 □板チョコレート(かもがや) 時価×2枚 →拘り抜いた逸品❗️✨店内提供分を優先する為、販売用 は売切れている時もありますが在庫ありなら買うべし♫ ぜひ深煎り珈琲と共に楽しんで頂きたいです。d(^_^o) ここでは感想は書きません…その素晴らしさを是非、 実際に足を運ばれ…体験して頂きたいです❗️( ̄▽ ̄) こちらの素晴らしさは活字では表現しきれません。(・_・; 静寂な素敵空間の中で珈琲とチョコレートを愉しむ… それだけ❗️✨ 写真撮影はお客さんの少ない時に店主さんの許可を 得てからにしましょう。_φ(・_・ ☆蕪木さんのネルドリップ…器用な男ですから✨(動画) https://instagram.com/p/BRHnA-KjfUY/ ☆やかん君…しゅっしゅー❗️(動画) https://instagram.com/p/BRHoBJBjh9L/ いつもタイミングの悪い私は…動画を撮影している時に 限って…下校帰りの子供達の声が入り込む。(・_・; 私が撮影しなかった時は↑の動画の時よりも見惚れて しまいそうな蕪木さんの所作から目が離せません♫✨ ヤカンからコーヒーケトルへ熱湯を移し替える時、カップからお湯を捨てる時、コーヒーサーバーからカップへ注ぐ時に持ち手じゃない方の腕を手前に出して隠す❗️✨ 抽出後のテイスティングや他にもコーヒーを淹れる際の 所作ひとつひとつに無駄がなく美しい♫(๑˃̵ᴗ˂̵) 珈琲とチョコレートが好きなら迷わず行くべし❗️ 私の中では西の"ねじまき雲"さん、東の"蕪木"さん。 こちらは定期的に訪れたい秀逸店です♫ 《オマケ:蕪木さんの経歴が凄い》 チョコレート技師、珈琲焙煎師で書籍も出版。✨ ◼︎珈琲専門店に勤務→株式会社ロッテに入社。 技術者としてカカオ/チョコレートに関する研究、製品開発、チョコレートセミナー講師などの仕事を手掛ける。✨ ◼︎退社後はチョコレートのレシピ開発、カカオ・チョコレートに関する講義、カカオ栽培地での指導、品種・発酵研究などを行っている。✨ #キリ番 #Retty初投稿 #ホワイトデー #ビーントゥバー #マイベスト候補 #珈琲とチョコレート

    東京を代表するチョコレートとネルドリップの名店「蕪木(かぶき)」。コーヒー友の多くがマイベストの一つに必ずあげる有名店です。 総武線を浅草橋で下車。鳥越神社から徒歩3分ほどのダウンタウンに、場所も時間もタイムスリップしたような箱がありました。外観の佇まいからはコーヒー専門店と判断できずに一度素通り。 全く中が見えないのでドキドキしながらそっと扉を開けると、そこには空気が止まったような静寂が。浅草橋というよりは、静岡とかベルリンとか。。。一度来たことがあるような、全く初めて来たような、近いような遠いような、懐かしさと新鮮さの両方を感じます。時代も、過去のような未来のような不思議な感覚。。。。何かの小説に迷い込んだ気さえしてきます。。。 店内はわずか5席ほどのカウンターと、テーブル席2つ。カウンターテーブルの幅は、マスターとの距離が近すぎず遠すぎず、とても心地よい。奥にはフジローヤルの焙煎機。BGMはかすかに静かにゆっくり流れるジャズピアノ。二つ横に座った常連らしき男性は、珈琲ゼリーをオーダーした後、マイライトを持ち込んで、分厚い洋書を読み始めました。 コーヒーはブレンド3つとストレート2つの5種類。中深煎りから深煎りのみで浅煎りはなし。マスターがネルドリップで一杯づつじっくり落とします。ドリップは点滴から始まって点から線へ、途中から砂時計のようにサラサラと流れていきます。 コーヒー2杯と、チョコレート2種を注文しました。 コーヒー ★オリザ。中深煎りのブレンド。他にもっと深い、「珀(はく)」と「羚羊(かもしか)」あり。 ★モカ・ヤンニハラール。深煎りのストレート。他にこれよりは深くないイェルガチェフェもあります。 チョコ ★おまかせ 200円 香カカオ70%・木苺ののような鮮やかで上品な果実感 コーヒーに合うタイプをマスターが選んで出してくださいます。板チョコの一欠片が3個 ★ドラジェ 250円 種実のカラメリゼ ヘーゼルナッツとアーモンドをチョコレートでコーティングしたもの どうやら、ここのマスターはコーヒーというよりむしろチョコレート職人であるらしく、自家製な上、本も出版されています。コーヒーもチョコもハイスタンダード。 フードメニューもエスプレッソマシンもありません。でも数種類のお酒はあります。 店内の目に入る色々なものが端正に、そしてミニマルに整っていて、好きな人にはたまらないだろうなぁというお店。 私にとっては、落ち着くというよりは、ちょっと緊張するコーヒー専門店。喧騒から離れたいとき、一人になりたいときにふらっと寄りたいお店です。

    店舗正面と向き合う。 重厚な扉以外、何もない。 いや、小さな照明の下に、小さなプレート。 繊細な書体で記された「蕪木」の文字が、読み取れる。 扉のかたわら、足元にも、小さな板が立て掛けられている。 屈み込むようにして読み取る。 黒い板の殆んどを余白とする、小さな文字で、「営業中」とだけ記されいる。 此処は、台東区鳥越にある、珈琲とチョコレートのお店なのだが、そんなことは、何処にも書かれていない。 扉を押し開ける。 珈琲焙煎師であり、チョコレート技師である店主が、静かに出迎えてくれる。 店主は、珈琲、カカオ、チョコレートの研究・開発・指導に携わって来られた方。 此処は、そんな店主が、2016年11月7日に開いた店舗。 錬金術の工房、若しくは、主人と客が向かい合う茶室と言って良い趣き。 珈琲、若しくはチョコレート色に沈み込む店内。 奥行きのあるカウンターを挟んで、店主と相対する。 僅かな照明の下、焙煎機や、磨き込まれた金属器が、光を放っている。 流れるピアノソロは、無音以上に静か。 ブレンド珈琲三種から、メニュートップの、「オリザ」650円を選択。 これに合わせる「無垢チョコレート」200円も三種あるのだが、その選択は、店主にお願いした。 カウンター上に、金銀銅の三色に輝く茶筒状の金属器が置かれている。 これに、ブレンド珈琲三種の豆が、入っている。 豆を、木皿に取り出し、検分する。 音の静かな電動ミルに通し、ネルドリップ。 湯は、注意深く注ぎ込まれる。 珈琲の粉が、湯を吸ってネルの中を上がって来る。 しかしながら、珈琲は、ネルの中にとどまり、下のサーバーには降りて来ない。 ところが、ネルの中身が、その縁に達し、更に膨れ上がろうとした瞬間、堰を切ったように溢れ出してくる。 カップを温めていた湯を切り、布で拭う。 珈琲をサーバーからカップへ注ぎ込む。 そして、客へと差し出す。 その所作には、一切の無駄がない。 繊細で、優雅。 珈琲を口にした瞬間、目の奥に、華やぎのある鮮やかな色彩を感じた。 目を閉じると、今度は、色彩ではなく、凛とした余韻が広がる。 店主が選んでくれた「無垢チョコレート」は、「果香」。 一切れを。口に含み、歯を立てる。 割れる瞬間、赤みがかった光が見えた。 鮮やかな酸味。 次の一切れは、口中で溶かしてみる。 カカオ分が70%もありながら、木苺のような味わいが滑らかに広がり、満たされる。 芳醇な至福の時。 願わくは、この甘美たる安らぎが、とこしえたらんことを。

蕪木の店舗情報 修正依頼

ジャンル
  • カフェ
  • コーヒー専門店
  • スイーツ
  • チョコレート
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        つくばエクスプレス / 新御徒町駅(A4) 徒歩6分(470m)
JR中央・総武線 / 浅草橋駅(A4) 徒歩7分(560m)
都営大江戸線 / 蔵前駅(A1) 徒歩9分(670m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 東42乙 鳥越神社 徒歩3分(230m)
都営バス 東42乙 鳥越一 徒歩5分(350m)
台東区 南めぐりん 浅草橋駅北 徒歩6分(420m)            

          
店名
蕪木 かぶき
予約・問い合わせ
03-5809-3918
お店のホームページ
TwitterのURL
https://twitter.com/kabukiyusuke

席・設備

座席

10席

(2名卓×2 カウンター6席)

個室
カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Tomonori.N
最新の口コミ
大塚和哉
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

人気のまとめ

蕪木の近くのお店

浅草橋・蔵前のカフェ・スイーツでオススメのお店

錦糸町・浅草橋・新小岩の新着のお店

蕪木のキーワード

蕪木の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

浅草橋・蔵前周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-5809-3918