くろぎ くろぎ


予算
~60000円
~60000円
最寄駅
都営大江戸線 / 大門駅(A5) 徒歩3分(180m)
ジャンル
日本料理 料亭 テイクアウト
定休日
毎週月曜日 毎週日曜日 祝日
もっとみる
03-6452-9039

ゆったりとした空間でおいしい料理を食べながら会話がはずむ、日本料理のお店

湯島から芝大門に移転してきたお店。 その日に手に入る最上級の食材を一番美味しい形で味わえるように、 食材により献立が変更されます。 もちろん、苦手なものや好きなものなどの要望にも対応可能です。 春は山菜や筍、夏は鱧や鮎、秋は松茸や丹波栗、冬は寒ブリや河豚が味わえます。 本物の和食を追求する、お任せコースのみの本格和食のお店。

口コミ(49)

    ◆2020.08.01(土)昼餉 ◆お料理 お任せ¥50,000 お酒消費税含むお会計¥65,750 恒例の食材パレードからスタートです。 淡路の鱧がとぐろ巻き状態で2尾 鹿児島県産黒毛和牛ヒレ肉の塊 鹿児島県産黒毛和牛カイノミの塊 琵琶湖の鮎が大きな陶器のボールの中で 元気よく飛び跳ねてます。 伊勢海老 高級魚のアコウ(キジハタ)! このお魚さんはお造りで吟醸と行きたく この高貴なお姿を見た瞬間から 舌が疼いてしまいました。 ①先付 宮崎県産佐土原茄子の揚げ浸し 新銀杏の素揚げ 車海老の素揚げ 玉蜀黍の掻き揚げ 佐土原茄子の繊維質の滑らかさから 伝わる口当たりの品の良さ 舌に自然と蕩けて来る茄子の甘味 揚げ浸しの穏やかな質感から発散してる 芳醇な揚げ茄子の味わい そのうっとりと陶酔してしまいそうな甘味に 鰹節と生姜が寄り添い茄子の甘味を刺激する 茄子が口の中でジュ〜シ〜に瑞々しさを 発散させるのと同時に生姜の香ばしい味覚が キュンと舌を時めかせる うん、噂に違わずの佐土原茄子の品格を堪能させて頂きました。 印象的な茄子に控えし新銀杏のほろ苦さが 絡む塩味が妙味の組み合わせを際立たせる サクッと齧り付き突き抜ける玉蜀黍の甘味 素揚げの車海老が歯に反発するプリプリ感 この温物の素材たちには黒龍 吟風が クイクイッと進んでしまいます。 ②茶碗蒸し 玉蒸し 海鼠腸 山葵 んん、うま味の滋味深さに溺れてしまう〜 玉地の奥深さ広がる甘味が舌をとろかします。 ぷるぷる揺れる玉地に纏うお出汁の滋味深い事 品格伴うお味だけでも舌が惑うのに 海鼠腸が玉地の甘味を引き出す塩味を ヒタヒタと忍ばせて来る 更に 玉地の中でぷかぷか浮かんでる海鼠腸が 品の良い塩味を漂わせて 玉地の甘味を引き立てて来る 居心地の良い味覚がお口に広がります。 ③雲丹素麺 素麺 生雲丹 かき氷 蕎麦つゆ 素晴らしく清涼感溢れる作風にて この真夏に冷感を快く舌を駆け抜けていく逸品 何と言っても目に飛び込んでくる涼しげな 細氷の天使の呟き舞う盛り付けに釘付けとなる このキラキラと輝くスターダストは 何と、お出汁のかき氷ですゥ〜! そのかき氷がいっぱいに盛られた雲丹と素麺が キンキンに冷えまくってて 清涼極まる食感が素晴らし過ぎ かき氷の冷感がず〜っと素麺の コシを維持しつつ しかも冷感がキンキンのままで 素麺の美味しさが最後まで続きます。 更に雲丹もかき氷の下で 冷んやりして硬目の塊になっているので 雲丹の味覚が倍増して舌に落ちた時に感じる 冷んやりとした珍味が人肌の温感で蕩けて行く 時間の流れがゆっくりと進んで行く それ故雲丹の珍味を何時もより長く味わえて 素麺との絡みが継続して 素麺のコシが引き立ち ツルツル感もかき氷の冷感から膨らむし 蕎麦つゆの出汁のうま味も加わり もう、今夏最高の出逢いにほっぺも舌も 歓喜しまくり状態です。 毎日食べたぁ〜い。 ④鱧の小鍋仕立て 鱧 温かいおろし 梅肉 鱧鍋のお料理は お出汁に浸された牡丹鱧が椀盛の中に鎮座し 別皿でご用意の濃厚な梅肉をたっぷりと 付けて食べるという趣向 更に驚きのお皿は 鱧をお代わり出来ちゃうと言う信じられん サービスが登場して 観客席からえ〜?との歓喜の声が発声です。 で、お椀から牡丹鱧を摘んで大根おろしの 盛り皿に置いて鱧の天に梅肉を チョコンと乗せて頂きます。 う〜んめぇ、梅肉の酸味が先走り 酸っぱさがジワ〜リ鱧のお肉の旨味を 引っ張り出して来る 鱧肉は本来の淡白な美味さに 温かいおろしが絡んで霙風味いっぱいの味わい 其処に甘苦さが漂いながら鱧固有の 弾力感溢れる美味しさがvividに 伝わって来ます。 ⑤八寸 朝顔の蔓が御膳の竹細工の合間を スルスルと伸びて埋め尽くし 花に見立てた器が蔓の中から朝顔が 綺麗に花弁を覗かせています。 お花を摘む感じで器を取り除き 別のお盆の上に乗せて行くと言う趣向です。 夏のお花である朝顔の花がら摘みを している感覚の八寸は清々しく感じられます。 さて、陶器の朝顔の中には 粟麩に湯葉の餡掛け 黄色が鮮やかに花咲く南瓜の擂り流し 鯖鮨に生姜をお醤油で炊いたものを添えて 赤が眩しい鬼灯の中には茹で立ての枝豆 湯葉がお口の中でその濃厚に甘味が 蕩けて行く感触を味わいます。 蕩け感が堪んなく美味しくて 湯葉に包まれて粟麩が浮き出て来る感じが 舌を癒します。 そして南瓜の質感がまったりとした甘味で その耽美なる味わいがお口の中で サラサラと口溶して行く時間が流れて うっとりする感覚で満ちて行きます。 ⑥〜⑫までコメント欄に記載させて頂きます。

    贅沢な朝食。 ・シャンパン ・豆乳鍋 ・お浸し ・食パン+キャビア+玉子焼 ・アジの干物 ・白米2種類 ・鴨のお粥 ・梅干し ・牛肉しぐれ煮 ・イカ明太子 ・マグロのお造り ・生卵 ・トロロ ・味噌汁

    念願のランチです。 旬の食材、素材の歴史、盛り付け、器すべて楽しめました。 目の前で見た包丁さばきは見事‼︎ 視線を奪われることが多かったです。 食べきれずお弁当にして持ち帰らせていただきました。 お弁当も重みがあり、、感謝。 左利きに気がついてくださりご配慮いただきました。 また絶対伺いたい‼︎

くろぎの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 日本料理
  • 料亭
  • テイクアウト
営業時間
定休日
カード
  • VISA
  • Mastercard
予算
ランチ
~60000円
ディナー
~60000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        都営大江戸線 / 大門駅(A5) 徒歩3分(180m)
都営三田線 / 御成門駅(A2) 徒歩4分(320m)
都営三田線 / 芝公園駅(A5) 徒歩6分(420m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東京空港交通 芝エリア〜羽田空港線 芝パークホテル 徒歩3分(180m)
都営バス 都06 大門駅 徒歩3分(240m)
都営バス 橋86 新橋六 徒歩6分(430m)            

          
店名
くろぎ くろぎ
予約・問い合わせ
03-6452-9039
お店のホームページ

席・設備

座席

10席

個室
カウンター

(カウンター10席)

喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • ディナー
  • ランチ
  • 個室

更新情報

最初の口コミ
Miki Imai
最新の口コミ
光岡志朗
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

このお店は以下のお店が移転した店舗です

移転前の店舗情報は次のリンクからご確認できます。


人気のまとめ

くろぎの近くのお店

浜松町の和食・日本料理でオススメのお店

品川・浜松町・田町の新着のお店

くろぎのキーワード

くろぎの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

浜松町周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-6452-9039