肉割烹 岡田前

にくかっぽう おかだまえ

予算
~60000円
営業時間外
最寄駅
東京メトロ南北線 / 麻布十番駅 徒歩5分(330m)
ジャンル
割烹・小料理屋
定休日
毎週日曜日
03-3478-0338

和牛の魅力を存分に味わえる肉割烹。料理に合わせたワインや日本酒のペアリングも魅力

口コミ(17)

    なんのハレの日でもないですが、友人と豪華ディナー。いくら、ウニ、トリュフ、神戸ビーフ、松茸、キャビアと高級食材オンパレードw もうインパクトがやばいですw 個人的No1はメンチカツの雲丹乗せですかね。肉汁と雲丹のマリアージュが最高にロックでした♪

    元起業家で料理人でもある肉のプロ岡田賢一郎氏が独立し開業した肉割烹。イノセントカーベリーで岡田氏が目の前で料理するコースが客から岡田前と呼ばれていたことから、店名を「岡田前」と名づけたそう。 18時30分の回を予約。店に入ると既に17時の回の方々は奥のカウンターでコースの終盤。 手前と奥のカウンターでコースの時間を少し被せて対応しているようだ。自分らは手前側カウンターに座り岡田さんがこちらのカウンターで肉の調理を開始し、奥のカウンターでは他のスタッフがコースの終盤の対応するといった効率的な運用。 そしてコースの始まり。 ▪️季節のコース7月 23,000円(税込・サ別) ▪️松阪牛の出汁をとった黒トリュフ乗せ茶碗蒸し 出汁の旨みとトリュフの香り、滑らかな食感。 目の前では岡田さんが牛タンを捌き始める。タン元は厚切りにして炭火焼き、タン中はお刺身で、タン先はおみやに使うとのこと。これは楽しみ。 ▪️松阪牛と神戸牛ミックスのメンチカツ 利尻産ウニを乗せて。これでもかと盛られたウニの山。そのまま手に持ってかぶりつく。メンチカツの熱で少し蕩けた甘いウニと肉汁溢れるメンチカツの共演。この2つが合わさるとそれ以上に美味しくなる。 ▪️タン中の刺身とフランスプロバンスの夏トリュフ タン中を食べやすい大きさに薄めにカット。結構な量が盛られる。 その上にはトリュフ。皮は取って柔らかいところのみを使用することで超薄切りにできるそう。皮の黒い部分はデザートに使用。無駄がない。 刺身は能登の塩とポン酢、静岡のわさびでいただく。初めてタンの刺身食べたけどこれは美味い。 ▪️松阪牛雌牛のしゃぶしゃぶとアスパラ&ペンタス(花) 見事に美しいサシの入った松阪牛の雌牛は80℃でしゃぶしゃぶして氷水で冷やす。 ゴマだれをつけて食べればあっという間に溶けてしまうような柔らかな肉の美味しさに悶絶する。 ▪️アスパラ豆腐とじゅんさい神戸牛コンソメスープ ここで箸休め的に汁物。ねっとりとしたアスパラ豆腐。じゅんさいの食感も好き。スープももちろん旨みがしっかりとする。 ▪️松阪牛もも肉ユッケとキャビアの卵かけご飯 魚沼産コシヒカリに卵黄を割入れその上に松阪牛イチボのユッケ。そして一人1/2瓶のイタリア産シベリアチョウザメキャビアをどっさりと乗せる。これをまぜまぜして食べてと言われるのでその通りいただく。 これも足し算して何倍にも美味しくなる超贅沢卵かけご飯。おかわりください!とつい言いたくなる。 ▪️タン元の厚切り炭火焼き ミディアムウェルに仕上げた分厚いタン元。 スペイン製のチャコールグリルで肉の中心部がミディアムとウェルダンの間の62.5℃になるように仕上げる。 ウェルダン、ミディアム、レア、ローなどは焼き方と言うよりも肉の中心部の温度で分けられるそう。 こちらでは肉を一番美味しい状態で提供する。 柔らかな食感ながら歯ごたえもある。しっかりと旨みの閉じ込められたタンは絶品。 ▪️神戸牛サーロインと松阪牛シンシン炭火焼き こちらもミディアムウェルに仕上げられたブランド牛。ここで神戸ビーフのサーロインまで食べられるとは感動。 神戸牛のサーロインは脂がとても甘くて旨みが口に広がる。一方の松阪牛は赤身で肉らしい旨さが楽しめる。 ホースラディッシュ、マスタード、カンボジア生コショウでアクセントを加えながら。 ▪️茨城県千川産の二八蕎麦 しっかりとしたそばの風味とコシがあり〆に最高。そばのレベルも高い。 ▪️トリュフのアイスと山梨県産の桃&シャインマスカット 先程出てきたトリュフの皮の黒い部分を使用したアイスはトリュフの香りが離れててもするほど強い。 ▪️アイスティー ▪️おみや この2種類のお土産は嬉しい。翌日にいただく。 ▪️タン先の薄切りサンドパン×2 薄切りのタン先を香ばしくローストしてマヨネーズベースのソースと共にメゾンカイザーのパンでサンド。薄切りならではのタンの旨みがありさらにマヨネーズソースと共に食べると最高に美味しい。 ▪️カレー カレーは大ぶりの肉がゴロゴロと沢山入っている。これが柔らかすぎず少し食感も残した柔らかが絶妙。このカレー普通に売ってたら数千円はしそうなレベル。 おみやはどちらも美味でした。 ▪️飲んだもの ・芋焼酎レモンハイ 1,000円 ・白州ソーダ割り 1,200円 トータル27,500円/1人 ほど いやぁー、これは肉好きにはたまらない、そして夢のような肉割烹。食材も素晴らしく、量的にもなりお腹がいっぱいになる量。そして岡田さんの柔らかな接客。 何をとっても素晴らしかった。 ここは定期的に通いたい。 #肉

    ここはヤバイ!!ここまで映える&魅せる食材を大盤振る舞いするお店はなかなか無いのでは? え?そんなに? 何度も発してしまうくらい驚きの連続。 神戸牛のタンや松坂牛のサーロイン、トリュフにキャビア、雲丹、イクラとわかりやすいくらいの高級食材に溺れることが出来ました。 オススメは松坂牛メンチカツと雲丹。 タン元も最高に美味しかった! The 港区を代表するお店 ご馳走様でした

    肉割烹 岡田賢一郎氏が目の前で肉を捌き料理をこしらえる このライブ感もここに来る楽しみにひとつ 最高に美味かった! 〇料理 ・黒トリュフ乗せ茶碗蒸し(松坂牛の出汁) ・松坂牛と神戸牛のメンチカツ+雲丹 ・タン中刺身のトリュフ掛け ・松坂牛のしゃぶしゃぶ ・コンソメスープ (ホワイトアスパラ、じゅんさい他) ・松坂牛ユッケとキャビアの卵かけご飯 ・タン元厚切り ・神戸牛サーロイン  松坂牛シンシン ・二八そば(茨城県産) ・トリュフアイス  桃&シャインマスカット ・コーヒー ・お土産  タン先薄切りサンド  カレー 〇お酒 ・レモンハイ ・白州ソーダ割 The nearest station is #Azabujuban Amount of money:¥28,000/Per person Waiting time:Advance reservation Restaurant specializing in high-class meat dishes in Azabujuban. #麻布十番駅

    仕事仲間とお邪魔させていただきました。以前より行ってみたかったのですが、なんせ予約が取れなくて。笑 偶然のタイミングでお誘いを受け、楽しみにしておりました。入店してからの空間がもうオーラが違う雰囲気がしてくる。席に着いてもお願いしますと自然に言葉が出る感じだ。 お任せのコースになっており、すべてが規格外の感じだった。まるで松茸が椎茸のように扱い、高級食材がすべて大盛り。さらに肉もとにかく素晴らしい。 肉業界の岡田ボスの料理を楽しみながら味わうコースは格別だ。ぜひまたお邪魔させてください。 本当にごちそうさまでした。 ありがとうございます(^_−)−☆

肉割烹 岡田前の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3478-0338
ジャンル
  • 割烹・小料理屋
営業時間
定休日
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~60000円
クレジットカード
  • Amex

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東京メトロ南北線 / 麻布十番駅 徒歩5分(330m)
東京メトロ日比谷線 / 六本木駅 徒歩7分(510m)
東京メトロ南北線 / 六本木一丁目駅 徒歩14分(1.1km)                        

                        

サービス・設備などの情報 修正依頼

利用シーン ランチ、ディナー、おひとりさまOK、接待、クリスマスディナー、おしゃれな、ご飯、ワインが飲める

更新情報

最初の口コミ
伊藤涼子
最新の口コミ
Hiroshi Fujihara
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

肉割烹 岡田前の近くのお店

麻布十番の和食・日本料理でオススメのお店

六本木・麻布・広尾の新着のお店

肉割烹 岡田前のキーワード

肉割烹 岡田前の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

お店の掲載テーマ

03-3478-0338