Petit Restaurant La Rêve ぷてぃ れすとらん ら れーゔ


予算
営業時間外
~10000円
最寄駅
東京メトロ南北線 / 麻布十番駅(出入口7) 徒歩2分(87m)
ジャンル
フランス料理
定休日
毎週月曜日
もっとみる
03-6230-8477

口コミ(5)

     Petite Restaurant La Rêve(プティ レストラン ラ レーヴ)にて、尾崎牛をフレンチとして楽しむ。  「Petite」は「小さな」、「Rêve」は「夢」、直訳すると「小料理屋フレンチ 夢」、夢とは店主さんの名前。  本来「夢(Rêve)」はフランス語では男性名詞で、 Le Rêve と表記されます。  店主さんが女性であるためという理由で Rêve の冠詞をあえて「La」と表記、 La Rêve は造語です。  店主の夢ちゃん(大人の女性にちゃん付けは失礼ですが、その可愛らしさに免じて)は、ベージュアランデュカス東京から修行に入り、パリでの修行を経て六本木Kabcoの支配人に。  時が満ちて、2019/10/13(台風一過の大安吉日)にカウンターフレンチをオープン。  彼女らのために新築ビルが用意され、店舗もまっさらからのデザイン。  友達と会話するような声が通る、お店とお客さんの程よい距離感なカウンター10席のみ。  この空間でおばんざいから始まる最高のフレンチが楽しめる。  新規開店三日目の貸切会、つまり開店前から予約していた貸切会、繋いでくれた人の縁に感謝。  アラカルトを揃えて気軽に立ち寄れるメニュー構成ですが、この日はコース仕立てにワインを合わせて頂きました。  箸は奥出雲は雲南市湯村温泉の工房、煤竹工房奥出雲の百年煤竹箸(すすだけばし)。  (セミじゃなくて)ミツバチのマークが象徴的な、シャトーラギオールのステーキナイフ。  こだわりではなく、良い物だから普段使いする箸とナイフ。  さて、乾杯はシャンパーニュ。  すっきりとした味わいだけでなく、立ち上るペルル(le perle=真珠)の美しさが、これからの料理への道しるべ。  乾杯が終わると、幹事さんが全員を一言、二言で紹介して下さいますが、なぜ私だけファーストネーム?  まあ、20年前に初めて会ったときからそうなんだけど。  今日のメインディッシュである尾崎牛のシンタマを、シェフが見せて下さいます。  うっとりするような色合い、一塊で200gなので二人分とのこと。  肉の入荷は毎回同じでは無く、シンタマだけではなくトウガラシなどが用意される日もあるそうです。  乾杯に合わせるように焼き出します。  えっ、もう焼いちゃうの、と見ていたら、一気に焼き上げるんじゃ無いんだ。  溶岩プレートで炙るように焼いたらトレーで休ませる、を繰り返していて。  フレンチおばんざい3種。  いやいや、フレンチのおばんざいとか食べたことないし。  磯つぶ貝、アシ・パルマンティエ、白インゲンなどの盛り合わせ、馴染みやすい美味しさ。  サラダ ラ レーヴ。 『マイクロベビーリーフサラダ。小さな芽味のしっかりとした赤ちゃん野菜たち。お花は飾りだけじゃなく、さまざまな味があり楽しめます。』  小料理屋フレンチのサラダとは、こんなにふんわりと美味しいのか。  かるくドレッシングが掛かっていて、おしゃべりの邪魔もしない。  ここで白ワイン。  シャブリ・プルミエ・クリュ・ヴァイヨン(CHABLIS 1er CRU VAILLONS) 2017 フランス(ブルゴーニュ)。  料理に合うことを最優先にセレクトした白ワイン、美味しいですねぇ。  ここでバケット、固めに仕上げてあって美味しいパン。  本来ならお代わり有料、パンは二種類を美味しくいただきました。  ブリのミキュイ~4種に大根~。  『白い大根はソースにし、緑大根は、軽く茹で、赤大根はピクルスに。紫大根は生のまま。ブリはバルサミコ酢とシェリービネガーでマリネをし、稲藁で香りをつけました。さっぱりとした前菜です』  小料理屋風に言えばブリ大根、こんなに白ワインに合いますか。  フォアグラのコンフィ。  たまたま目の前で調理されていましたが、フォアグラを丸で仕入れてコンフィして、切り分けていました。  フォアグラはフォアグラだけ味わいのが一番美味しいですよね。  続けて、赤ワイン。  レザマン・デュ・シャトー・モンペラ・ルージュ(LES AMANTS DU CHATEAU MONT-PERAT ROUGE) 2015 フランス(ボルドー)。  なんとも魅惑的なエチケット、ブドウの樹なのか、人なのか。  さて、メインの尾崎牛のシンタマ。  尾崎牛のテールを煮込んだソースを掛けてあり、付け合わせのジャガイモなどもとても美味しい。  この濃厚なピンクの肉肌、融点が低い尾崎牛だからこその焼き具合。  美味しいですねぇ、なんで尾崎牛はこんなにも美味しいんだろう。  最後はチョコレート ムース。  アイスクリームは「ハーゲンダッツです、美味しいでしょ」と言っていたような。  飲み物はエスプレッソ、紅

    なかなか行きたい日に予約が取れず漸く訪問出来た和のおばんざいを取り入れたカウンターフレンチ、『ラレーヴ』。 カウンター10席の可愛い店内、お鮨のネタケースに前菜が並ぶ落ち着く空間。 メニューを見ると鰤大根も。 一品は前菜¥650~とお手頃で、売りはお肉とお魚の溶岩焼き。 前菜盛合わせとフォアグラのコンフィと尾崎牛の赤身カメノコをオーダー。 分厚い尾崎牛を溶岩で焼き、途中火から下ろし休ませまた焼くを繰り返す丁寧な焼き方。 付け合わせは熟成キタアカリのグラタン。 深夜2時まで営業、カウンターデートに二軒目のワインバー使いにお薦めです。

Petit Restaurant La Rêveの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • フランス料理
営業時間
定休日
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~10000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ南北線 / 麻布十番駅(出入口7) 徒歩2分(87m)
東京メトロ日比谷線 / 六本木駅(出入口3) 徒歩11分(840m)
都営大江戸線 / 赤羽橋駅(中之橋口) 徒歩12分(890m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        港区 田町バスルート 麻布十番 徒歩1分(61m)
港区 田町バスルート 麻布十番駅(一の橋) 徒歩3分(170m)
港区 田町バスルート 麻布十番公共駐車場 徒歩3分(210m)            

          
店名
Petit Restaurant La Rêve ぷてぃ れすとらん ら れーゔ
予約・問い合わせ
03-6230-8477
お店のホームページ

席・設備

座席

10席

(カウンター10席)

個室
カウンター
喫煙
不可

(完全禁煙)

※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

特徴

利用シーン
  • デート
  • ディナー
  • PayPayが使える

更新情報

最初の口コミ
Yousuke Takahashi
最新の口コミ
A. KUMI
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

Petit Restaurant La Rêveの近くのお店

麻布十番のフレンチでオススメのお店

六本木・麻布・広尾の新着のお店

Petit Restaurant La Rêveのキーワード

Petit Restaurant La Rêveの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

麻布十番周辺のランドマーク

03-6230-8477