とわ


予算
営業時間外
~30000円
ジャンル
割烹・小料理屋
定休日
毎週日曜日 祝日
もっとみる
03-6433-5680

■2019.03.27(水)19:00〜訪店 ■お料理 お任せ¥25,000のコースを頂きました。 お酒含んでお一人様¥33,000ほど。 ①先付 蛍烏賊 細魚 菜花 黄身酢 黄身酢おぼろ 菜花の鮮やかな緑が春らしさを装い 細魚にまぶされた黄身酢おぼろが 菜の花がいっぱいに咲き誇る草原を 思い浮かばせて 大海から春を告げる蛍烏賊が潮の香りを 届けてくれます。 此れは春の妙味がさり気無く詰まった嬉しい 小皿です。 ②桜蒸し たん下 こごみ 桜の花を合わせた銀餡 桜の葉 桜餅ならぬ桜蒸しの中にタン下を詰めてます。 桜蒸し自体が大振りで食べ応え感が伴い 春模様が満開に感じられる桜色に染まった お椀は、麗らかな春の和やかさを感じられる お料理。 ◉AGEO ③白魚とアスパラのお浸し 宍道湖の白魚 アスパラの出汁 唐墨 アスパラと白魚には自家製の唐墨が 振りかけてあります。 お浸しの地がさっぱりとしててアスパラに 同化してる味わいに感じると思いましたら アスパラを炊いた時の出汁との事。 この浸し地に染まるアスパラ自身の 繊維質が麺類の様に刻まれてるので 食感が滑らかなシャキシャキ感なのです。 ツルツル〜ッと喉越しを感じながら 滑り込んで行くアスパラ 此れはチョツト感動ものです。 そしてしっかりと白魚は鮮度良い白身で アスパラの出汁に素直に絡んで 淡白な旨味が春の風味を感じます。 ④お造り 鴨川の真鯛 酢橘 塩 醤油 山葵 鯛の白身がシコシコして歯に弾力感を与えて 噛むと気持ちよく響き返してきます。 その淡白な旨味を酢橘塩で酸味と塩気を 足すと、鯛の味が引き締まっていい感じです。 AGEOがスキッとした切れ味のいいお酒で 合わせやすく進んでしまいます。 ⑤お造り 小田原の鮑 花山葵 6時間掛けてゆっくりと蒸した鮑の柔らか味は 歯を入れるとふわりと 沈んで噛み砕く力は不要なほどで 噛んで歯が柔らかな繊維質の中に 沈んでいきながら鮑の甘味がじゅわ〜って 滲み出てくるのです。 これもお酒進めてしまいますね〜。 ⑥お椀 海老と空豆の真薯 筍 蓮根 片栗の花葉 煮柚子の実 吸い地が淡いのです。 鰹の出汁が主張しすぎない様に 昆布も淡く引かれていて 合わせた出汁のうま味が深まる吸い地です。 真薯は 卵と油と葛を少し入れて繋げた絶妙なバランス 空豆の甘味もシャキッとした繊維感も 真薯の美味しさを広げます。 ご一緒頂く筍の春の香り 蓮根の瑞々しく歯に絡む繊維感 その全てが見事に調和して生まれる至福の味覚 ⑦牛テールの春巻 5時間ほど炊いてから一日寝かせて 旨味を熟成 兎に角、牛テールとは思えないホロホロ肉の 解しかと思われるものが 春巻きの中に詰まってて 柔らかくて味が濃厚でテール自身の旨味と 施された味付けの甘味にコクが浮き出ており 極上の珍味を頂きました。 印象的な一品。 ⑧焼物 黒毛和牛の牛タン ホワイトアスパラ 牛タンが七輪の上で可憐な舞を見せて 店主の慣れた手つきで 5cmはあろうかと思えるほどの分厚いタンを コロコロと転がしてじっくり焼いて 最後に刷毛醤油でさらっとタンを撫でる。 ジュッと言って数滴落ちて 懐かしいお醤油の焼ける香りが カウンター越しに飛び越えて来る。 外目はこんがり狐色に変色して 中のレアなロゼ色に染まる見事な色合いの 妖艶な肉肌からにわかに湯気があがってます。 なんて柔らかいの 歯がタンの中に自然に吸い込まれて 沈んでいく お肉の断面がサクッとほどけて行き 瞬間、ジューシーな甘い脂が湧き出る。 ⑨煮物 神戸牛 若牛蒡 お肉の旨味が煮汁に良くなじむ お肉と牛蒡の相性が良くて 牛蒡の甘味と霜降りのお肉の旨味が煮汁に 淀む事なく溶け込んでいる コク深さが煮汁から浮き出てきて お口に神戸牛の美しいお味が広がります。 此れは美味なるもの代表です。 ⑩ヒレカツ クレソン お海苔 ヒレカツは 炭焼きでじっくり火入れをしてから 最後はポワレして仕上げてます。 中はゆっくりゆっくり火が進み 芯まで温まるが繊維質は全く壊さず ソフトなままな状態で仕上がってます。 クレソンに付き添う海苔の味わいが濃厚で パリパリな感触と 磯の風味がたっぷり感じられる海苔の味覚を ヒレカツの旨味に付き合わせると極上の妙味が 生まれて来ます。 此れが驚いちゃうくらい磯味を お肉に植え付けて ヒレカツの味を昇華させます。 肉質も素敵でカツと言うより、 ヒレ肉のスポンジケーキです。 ⑪お食事 筍ご飯 蛤の潮汁と青さ 香の物 筍の春味がお米の一粒まで甘く香るご飯です。 美味しく箸を進めてお代わりが嬉しくなる お食事でした。 ⑫甘味 蜜柑のゼリー 杏仁豆腐のアイスクリーム

コメント 0
行きたい 267

光岡志朗さんの行ったお店

常の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 割烹・小料理屋
営業時間
定休日
カード
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~30000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 黒77 西麻布 徒歩2分(160m)
都営バス 黒77 西麻布二 徒歩4分(280m)
都営バス 渋88 南青山七 徒歩5分(370m)            

          
店名
とわ
予約・問い合わせ
03-6433-5680
お店のホームページ

席・設備

座席

14席

個室

4人用
6人用

カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

03-6433-5680