MASHI NO MASHI TOKYO

マシノマシトウキョウ

予算
~10000円
~10000円
最寄駅
東京メトロ日比谷線 / 六本木駅 徒歩2分(150m)
ジャンル
ラーメン
定休日
毎週月曜日 毎週火曜日 毎週水曜日 毎週日曜日
不明

WAGYUJIRO 1KG CHALLENGE 2019年に提供していたクラシック和牛二郎が復刻というお知らせを聞いて飛んでいった。 現行のWAGYUJIROとの1番の違いはモヤシとキャベツとニンニク。 二郎系インスパイアとして2年前登場した和牛ベースの二郎は直系二郎の荒々しさを表現してゴロゴロ感のあるヤサイを使ったものだった。 現行のものはややミニマムサイズのモヤシとペースト状ニンニクになっているので大の直系二郎好きとしては当時の荒々しさが堪らなかった。 復刻したクラシック和牛二郎を作っているクッキングパパこと北川シェフも作っていて楽しいと仰るほど。食べてる側のこちらも食べてて楽しい。ただ現行の和牛二郎も滅茶苦茶美味しい。 勿論スープも牛骨スープでそこに本来門外不出である筈の二郎と同様の醤油を使用しているとの事でスープの再現度はまさに非乳化系の二郎に近い。それが和牛で作られているのだから和牛好き&二郎好きからしたらこれ以上のものはない。 麺は極太で直系二郎の府中と同じくらいのボリューム。 今回1kgチャレンジとの事で麺、スープ、具材全て合わせて1kgだが麺量は200gなので直系二郎の小ラーメン麺少なめと同じくらいの量。具体的に店名を挙げると新宿のカブジこと歌舞伎町二郎の麺少なめヤサイマシぐらいの量。 チャーシューはやはり日本最高の牛飼いつまり世界最高の牛飼いである尾崎宗春さんが手掛ける伝説の尾崎牛を煮込んで作られたもの。これが有難いほどに美味しく前代未聞のチャーシューなのである。 箸で解れてしまう柔らかさまで煮込まれていてカエシの味が染み込んでいる。本来の尾崎牛の肉の甘味がマリアージュされていて滅茶苦茶美味しい。もう一度言いたい、滅茶苦茶美味しい。 和牛が好きで二郎も好きな人には是非食べてもらいたい、WAGYUMAFIAでしか再現出来ないこの和牛ベースの二郎。 ──────────────────── 場 所 六本木 金 額 11,000円 空 間 カウンター席 決 済 QUICPay ──────────────────── 最後までお読み頂いてありがとうございます。 フォローやいいねが励みになります! ─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─ ・・─・・─・・─ Instagram/GoogleMapも更新しています! ▼Instagram @sunao_dayo https://www.instagram.com/sunao_dayo ▼ GoogleMap SUNAO https://goo.gl/maps/hweqPKucT2wnp2iJ7 ─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─ classicwagyujiro

SUNAO.Iさんの行ったお店

MASHI NO MASHI TOKYOの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 不明
ジャンル
  • ラーメン
営業時間
定休日
予算
ランチ
~10000円
ディナー
~10000円

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東京メトロ日比谷線 / 六本木駅 徒歩2分(150m)
東京メトロ千代田線 / 乃木坂駅 徒歩8分(620m)
東京メトロ南北線 / 六本木一丁目駅 徒歩9分(680m)                        

                        

座席 修正依頼

席数

13席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

不明