• 閉店

石頭楼 本店

すーとうろう

予算
営業時間外
~10000円
最寄駅
東京メトロ千代田線 / 乃木坂駅 徒歩3分(180m)
ジャンル
台湾料理 湯豆腐 刺身 火鍋
定休日
無休

胡麻の香りに誘われて、乃木坂のマンションの一室にある台湾料理のお店

マンションの一室にある、隠れ家的な台湾鍋のお店。分かりにくい場所にあるので、事前に確認しておくと安心。完全予約制。店員さんが石鍋で温めたゴマ油にお肉をくぐらせてオイル煮した後、鶏がらスープを足して具材をどんどん投入してくれる。まさにやみつきになる美味しさ。メニューは5000円のコースのみ(ドリンク別)。

口コミ(261)

    乃木坂の隠れ家鍋! マンションの一室で少し探しにくいけど、とってもごま油が効いてて最高でした!お店に入った瞬間ごま油の香りがして、お鍋もボリュームたっぷりです。 お肉と海鮮がたくさん入っていて締めの雑炊も最高でした◎ ちょっとお高いけど癖になる美味しさでした。

    4名で個室を利用しました。 鍋のコースは お通し(スモークサーモン?のマリネ?みたいなの) 肉鍋(豚、牛肉と野菜) 海鮮鍋(カニ、エビ、シューマイ、練り物と野菜と糸こん) 〆(おじやorラーメン) デザート(杏仁豆腐) という感じでした。 どれもボリュームがあり〆の前で満腹。 よく食べる男の人にでも満足感のあるボリュームでした。 ポン酢と卵の二種類の味付けで楽しめますが、 腐乳をたくさん卵に入れて食べるのが癖になりました。 〆のラーメンは正統派な醤油ラーメンな感じで美味しかったらです。 お洒落な感じでは全くないし、店員さんはぶっきらぼうな人もいますが、独特な雰囲気で素敵なお店でした。

    今日は何故か女子会に混ぜてもらうことになり、僕の大好きな六本木の『石頭楼』へ。 ここの胡麻油のお鍋、元は韓国の宮廷料理だったものが台湾に伝わったものだそう。 マンションの1室にあるこちらのお店は隠れ家感が半端ないですね〜!! それにしても旨かったよ〜(≧∇≦)

    新感覚のごま油鍋。食べたことない味だったけど、めちゃめちゃおいしかった!!絶対にまた行きたい!! ※一軒家なので場所がわかりにくい。 ※全身ごま油臭になるので着る服は要検討。

    あらら、どうやら移転してしまった模様。 でも大好きなお店なのでアップしときます。 ごま油香るこのお鍋は唯一無二かと。 食べてみないとこの美味しさはわからない! ごま油で炒められ煮込まれたお肉に合わせる玉子だれがまた超絶好み❤にんにくと腐乳の組み合わせがもうたまらん❤生卵苦手だけど、このタレだけは食べれる! そして〆の中華そばがこれまたどうして。 お腹いっぱいだけどすすってしまうよー‼ 移転先はどちらになるのだろうか……checkせねばー‼

石頭楼 本店の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 台湾料理
  • 湯豆腐
  • 刺身
  • 火鍋
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
営業時間外
ディナー
~10000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ千代田線 / 乃木坂駅 徒歩3分(180m)
東京メトロ日比谷線 / 六本木駅 徒歩7分(550m)
東京メトロ銀座線 / 青山一丁目駅 徒歩11分(860m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        港区 赤坂ルート 心臓血管研究所 徒歩1分(80m)
港区 赤坂ルート 乃木公園 徒歩3分(190m)
都営バス 都01折返 東京ミッドタウン 徒歩4分(260m)            

          
店名
石頭楼 本店 すーとうろう
お店のホームページ

席・設備

座席

100席

個室
カウンター

特徴

利用シーン
  • 忘年会
  • 新年会
  • デート
  • 大人の隠れ家
  • 個室

更新情報

最初の口コミ
Kenji Okabe
最新の口コミ
貝塚 弘光

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

六本木の中華でオススメのお店

六本木・麻布・広尾の新着のお店

石頭楼 本店のキーワード

石頭楼 本店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

六本木周辺のランドマーク

このお店の特集記事