汁なし担担麺 くにまつ 神保町店

しるなしたんたんめん くにまつ じんぼうちょうてん

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
東京メトロ半蔵門線 / 神保町駅(A5) 徒歩3分(180m)
ジャンル
担々麺
定休日
毎週日曜日
不明

口コミ(52)

    広島式汁なしは青ネギが多いがこちらは白葱。ただし、ネギ増しを購入するとそれは青ネギになる。 オープン当時、イベントなどで使う容器だったのでがっかりしていたが、すぐに丼に変わったようだ。 メニューは元味と新味がある。元味は本店の味で中細ストレート麵。 醤油ダレのシンプルな味付け。新味はさらに細いストレート麺。 トウチや黒酢などを使った中国風味付け。 二回目なので新味と迷ったが食べ比べなので元味に。 ちなみにそれぞれKUNIMAXというメニューも有り、辛さと痺れが強め。 基本690円でKUNIMAXは750円。 痺れ感が強く、食べ終えてもしばらくビリビリきていた。基本的には卓上調味料でカスタマイズして自分好みを見つける食べ方重視。

    昨日頂いた“汁なし担担麺元味”と“汁なし担担麺新味”の違いを確認するために2日連続の訪問。 それ程お腹空いていなかったので、“麺大盛り”にはしないで“汁なし担担麺新味”と“担担ライス”用に“半ライス”を頂きました。 “元味”は広島の本店で提供されていて、“新味”はアルパークの2号店で提供されています。 こちら神保町店はオープン当初は“新味”のみでした。 大きな違いは麺とタレ。 “元味”は中細麺で茹で時間1分10秒、“新味”細麺で茹で時間35秒です。 写真ではそんなに変わらないように見えますが、実物は全く違って見えました。 “元味”は細いのにややモチッとしていて、“新味”は博多ラーメンのような低加水ぽいパツんとした感じ。 後半気づいたのですが、混ぜ方が下手だったようで、麺が絡まってしまい啜り難くなりました。 絡まないようにうまく混ぜるにはコツがいるかも。 タレは一目で色の違いが判ります。 “元味”はオレンジぽい色で、“新味”は黒っぽいです。 味も全く別物で、“元味”は芝麻醤が効いて濃厚、“新味”は黒酢と豆豉が効いてあっさりしています。 あっさりしているからか麻味を“元味”より強く感じますね。 また、“元味”は白ネギですが、“新味”は青ネギです。 いやぁ、全く別物ですね。 以前は訪問感覚が開いたからか違いが判らなかったのですが、続けて頂くと何故判らなかったのか理解できない程に違います。 同じお店で全く違う味を頂けるのはなんかお得に感じますね。

    先日行った“キング軒”との違いを確認したくて久々の訪問。 以前は広島式汁なし担担麺をよく解っていなかったので『こういうものなんだな』と深く考えていませんでした。 で、“元味”と“新味”の違いもよく判らず(^_^;) 他店舗と比較することで理解が深まるはず! “汁なし担担麺元味”を“麺大盛り”で頂きました。 “元味”は青ネギではなくて白ネギなので青ネギに変更。 もちろん“担担ライス”用に“半ライス”も頂きます。 茹で時間は1分10秒。 「くにまつ」では混ぜる回数は20回推奨です。 混ぜる前はビジュアル的には大きな違いはないかな。 麺がやや太いように見えるかも。 混ぜた後はタレがねっとりしているように見えますね。 このねっとりの正体は芝麻醤というゴマのペーストのようで、ゴマの風味が芳しいです。 辣味より麻味の方が際立っているのは“キング軒”と同様で、これが広島式汁なし担担麺の大きな特徴のようですね。 なんとなく“キング軒”より普通の汁なし担担麺に近いように感じます。 元々は「きさく」の味に惚れ込んでオープンしたのが「くにまつ」なので、中国の担担麺(=汁なし)をベースにしていると考えれば、普通の汁なし担担麺に近いのも当たり前といえば当たり前なんですかね。 麺を食べ終わった後の“担担ライス”はゴマの甘みを強く感じました。 麺よりご飯の方がゴマを引き立てるんですかね? 確かに“キング軒”とは違った美味しさでした。 どちらも素晴らしく美味しいので、気分で使い分けられますね。 さて、以前頂いた“新味”との違いを改めて検証するために明日にでも再訪ですかね。

    20201209ランチ 14時と、遅めの時間帯に入店。 新味と書かれた痺れ系統のメニューを選択。それにしても汁なし担々麺は久しぶりでした。

    神保町付近に来たので行く機会を伺っていた本店に来店。 午後休みがあり1700迄閉店だったため、暫し時間を潰して17時直後に入店。 ネギが一杯の¥680(細麺)を注文。 素早く出てきた丼はネギしか見えない! 店主の指導通り20回以上麺とタレを混ぜるがなかなか難しい。 最近の辛めの強い汁無し坦々麺。 テーブルの酢でマイルドにしたりラー油で辛さを強めたり味変しながら平らげる。 最後に追い飯すれば良かった。 それにしても、この場所でこの値段でやってるのは凄いなあ。

汁なし担担麺 くにまつ 神保町店の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 担々麺
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ半蔵門線 / 神保町駅(A5) 徒歩3分(180m)
JR中央線(快速) / 御茶ノ水駅(御茶の水橋口) 徒歩8分(570m)
東京メトロ丸ノ内線 / 淡路町駅(B3b) 徒歩8分(600m)            

                    ■バス停からのアクセス            
        千代田区 秋葉原・麹町バス便 猿楽町 徒歩3分(200m)
千代田区 四谷・御茶ノ水便 カザルスホール 徒歩3分(240m)
都営バス 都02乙 神保町二 徒歩4分(260m)            

          
店名
汁なし担担麺 くにまつ 神保町店 しるなしたんたんめん くにまつ じんぼうちょうてん
予約・問い合わせ
不明
FacebookのURL
https://www.facebook.com/kunimatsu.tokyo/
TwitterのURL
https://twitter.com/kunimatsu_tokyo

席・設備

個室
カウンター
喫煙
不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。 [?] 喫煙・禁煙情報について

更新情報

最初の口コミ
高橋洋一
最新の口コミ
Norihiko Hiraoka
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

汁なし担担麺 くにまつ 神保町店の近くのお店

神保町のラーメン・麺類でオススメのお店

神田・秋葉原・御茶ノ水の新着のお店

汁なし担担麺 くにまつ 神保町店のキーワード

汁なし担担麺 くにまつ 神保町店の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

神保町周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

不明

このお店の特集記事