はちまき

はちまき

予算
~2000円
~1000円
最寄駅
東京メトロ半蔵門線 / 神保町駅(A7) 徒歩3分(230m)
ジャンル
天ぷら 丼もの テイクアウト 天丼
定休日
毎週月曜日
03-3291-6222

江戸前名物の穴子など熟練の揚げた最高の天ぷらを出してくれる名店

神保町にお店を構える天ぷらの名店「はちまき」。江戸前名物の穴子を始め、海老、野菜と素材を吟味した師玉のメニューを、熟練の技でカラっと揚げた最高の天ぷらを思う存分味わえます。まさに創業昭和6年の老舗の味。

口コミ(248)

    【神保町ランチ】 土曜日の神保町ランチ。 ものすごい行列の店が数店。 ハッキリいって、1時間並んで食べるのは時間の無駄と感じるのでパス。 そこで「天麩羅はちまき」で天丼を。 運よく並んでなく、すぐに入店。 今回は天丼に(税込1,000円)。 サクッと揚がった天麩羅にタレが染み渡り美味しい。 具材も海老やイカなどバラエティに富んでいます。 昔の老舗の味に大満足! ごちそう様でした!

    “天丼”を“大盛り”で頂きました。 タネは“エビ二本”・“きす”・“いか”・“れんこん”・“ピーマン”。 いつも通りサクサクで美味しいですなぁ(*´∀`*) 前回特に美味しかったのは“きす”でしたが、今回は“海老”が美味しかったです。 なんとなくですが、いつもより甘みが濃いように感じました。 次回は1年ぶりに“定食”にしてみよう。

    神保町では老舗と思われる天麩羅のお店です。例えて言うなら「いもや」はファストフード、こちらは和食店といったところでしょうか? ランチタイムの早い時間ですが、席は6割くらい埋まっていて人気店のようです。 メニューを眺めて決めたのは、並と比べて穴子と野菜増しの 松天麩羅重 1900円 をご飯少なめでお願いしました。穴子、海老2本、キス、イカ、ナス、レンコン、ピーマンという豪華ラインナップの天ぷらが山のように盛り付けられて運ばれてきました。衣を均一に良い感じでまとっている天麩羅はどれも素材の味が感じられるもので、キレの良い油もくどくありません。これは私の好みのラインにヒットでした。ご飯はコシヒカリを使っているそうですが、今年の富山のコシヒカリは美味しいそう、口当たりが柔らかい甘味のあるご飯でした。香の物は生姜と牛蒡の酢漬け、お酢が油をさっぱりと流してくれるだけでなく、牛蒡の土の香りがいい仕事をしていました。 板場の物腰の柔らかい大将からは的確な采配が飛んでいて、ホールスタッフも含めた店全体は、まるでチームワークの取れたスポーツを見ているようです。オペレーションのこなれ方を見ても永く続いているお店となるのは納得でした。こちらはややランチには遠いですが、美味しい天丼が食べたいときにはぜひ再訪したいものです。

    赤はちまき 青はちまき 黄はちまき! はちまき@神田神保町! やっぱり、はちまきをして行くべきだと思うが、ミュータント・タートルズに間違えられるといろいろ面倒なので辞めた。 1931年(昭和6)創業の老舗天麩羅店である。 老舗だからと言って無駄に横柄な態度は取らず、非常に庶民的でリーズナブルな価格で提供してくれる大変ありがたいお店なのだ。 近隣に出版社などが多い事から、昭和の時代は文壇の常連客が多かったらしい。 特に懇意にしていたのが江戸川乱歩で、初代店主青木寅吉氏と一緒に映った写真がいくつか飾られている。 きっと乱歩から「とらきっつぁん」と呼ばれて可愛がられていたのだろう。 さらに常連客として、海音寺潮五郎、山岡荘八、佐野周二、三國連太郎、辰巳柳太郎の名が挙げられている。 因みに、佐野周二は最近失言が多く叩かれ気味の関口宏の父。三國連太郎は佐藤浩市のお父さんである事ぐらいは分かってるよね? 作家だけにとどまらず、往年の昭和スターをも虜にしたお店なのである。 松天麩羅定食@2,000円! 一番リーズナブルな天丼(1,000円)で十分なのだが、旬の穴子の天麩羅を堪能したかったのである。 残念ながら恐らく江戸前の穴子ではないとは思うが、毎日豊洲から天麩羅に適した尺サイズ(30cm前後)の穴子を仕入れているというので、旬の穴子を安価に堪能できるだけでも相当嬉しい。 天麩羅がジャンジャカ揚げ立てで出てくる。 お目当ての穴子の天麩羅を眺め、しめしめなどと言いながら、天つゆにちょこんとつけてかぶりつく。 はぁ〜♪ 旬あなごを堪能しつつ、ため息をつく。 これがホントのため息堪能(溜池山王)!

はちまきの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 03-3291-6222
ジャンル
  • 天ぷら
  • 丼もの
  • テイクアウト
  • 天丼
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~2000円
クレジットカード
QRコード決済
  • PayPay

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                東京メトロ半蔵門線 / 神保町駅(A7) 徒歩3分(230m)
都営新宿線 / 小川町駅(B5) 徒歩7分(520m)
東京メトロ丸ノ内線 / 淡路町駅(B5) 徒歩7分(520m)                        

                        

座席 修正依頼

席数

33席

(カウンター6席・テーブル4席×5卓・座敷2席×1卓)

カウンター
喫煙
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

4人用 6人用 7人用以上

サービス・設備などの情報 修正依頼

TwitterのURL https://twitter.com/RvyaJQz0URAyDvN
利用シーン ランチ、おひとりさまOK、ご飯、昼飲み、個室、PayPay決済可

更新情報

最初の口コミ
Miharu Nakaoka
最新の口コミ
大瀧 健弘

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

はちまきの近くのお店

神保町の和食・日本料理でオススメのお店

東京の新着のお店

はちまきのキーワード

はちまきの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

神保町周辺のランドマーク

03-3291-6222

このお店の特集記事