ガンディーマハル

公式情報
Gandhi Mahal

予算
~2000円
~1000円
最寄駅
都営新宿線 / 小川町駅 徒歩3分(240m)
ジャンル
カレー インドカレー
定休日
無休
03-5296-1238

小川町駅近くにあるインド料理屋。神田カレーグランプリでは決勝に残ったお店。ビルの2Fにありますが、すでにカレーの香りが 漂ってきます。ナンがパリパリともちもちの両方が楽しめる食感で、ナンを食べたくなったらココと決めているお客さんも。おかわり自由ですが1枚が大きいでのハーフサイズのお代わりもあります。セットではいろいろなカレーが楽しめて辛さも好みの調整ができますのでより辛さを楽しみたい人にはぴったりです。

口コミ(29)

    ガンディーマハル【21年最後の神田町印度】カレー237店489食 2021.12.27 ■カレー2品セット ¥980 ▷ほうれん草とチキンのカレー ▷ダールカレー 辛口 神田は新御茶ノ水駅近くの町印度、ガンディーマハルのロケーションが大好きです。隣のビルが粋なんですよ。何が粋かって、隣のビルは『連合』の本部なのです。全国の労働者諸君!彼らが力を合わせて長年にわたり労働環境・労働条件を何十年にも渡り改善する取り組みをしてきた全国組織の本部なのです。それで、その全国の労働組合の親分的本部な大きな看板の向こうに、こっそりガンディーマハルの看板があるんです。控えめにちゃっかり入り込んだ町印度(※)という感じ(笑) (※)町印度: ゴーグル仮面は、ナン&カレーを提供する日本の一般的なインド料理店およびインド・ネパール料理店を総称して『町印度』と呼んでます。そう呼ぶことを提唱するのは僭越ですが、その呼び名が町中華に比較して同じようにしっくりくると思っています。小生が最初に街インドを提唱したのは次のURLです。よかったらご覧下さい。 https://ameblo.jp/komedarian/entry-12619334275.html 労働者諸君を支える全国代表の皆さんの胃袋を長年に渡り支えてきたに違いない。そう思うと、ガンディーマハルって全国労働者諸君の味方みたいなお店に思えてきちゃうんです(笑) というわけで、連合の隣のビルの2階に上がりました。エレベーターが開いたら、域内店内です。神田地域にしてはかなり大きなフロアの店です。町印度で何十人の大宴会もできちゃいます。 注文は、2種カレーセット980円。都心の夜の街インドにしてはとてもリーズナブルです。多くの町印度が、ランチは安いのに夜は思いっきり高価だったりすることがありますが、何しろガンディーマハルは連合の隣、全国労働者諸君の味方ですから。 ほうれん草とチキンのカレー、ダールカレーを選択しました。 いい感じに焼かれたナンは、ふわっと大きく膨らんで提供されました。楽しいビジュアルでわくわくしちゃいますね。 ほうれん草のカレーもダールカレーもおいしかったです。けっこう豆カレーを高確率で注文するのですが、ダールカレーで特徴あるスパイス感を楽しめる店ってなかなかの腕前だなぁと感心したりするのです。このリーズナブルな値段で、このダールカレーを楽しめるのだから、ガンディーマハル、なかなか好きなのです。 満足しました。 めでたしめでたし #ゴーグル仮面 #カレー #インド料理 #町印度 #ガンディーマハル #神田カレー街食べ歩きスタンプラリー

    つい最近まで「北インドカレー」と「南インドのカレー」が異なって存在する認識が全くありませんでした。こちらのガンディーマハルさんは「北インドカレー」のお店。 私が通常食べ馴れていたインドカレーは、北インドカレーだったようです。北と南では使うスパイスや具材が全く違うようです。 「北」は濃厚でドロッとしたタイプ。数種類のスパイスやガラムマサラ(ミックススパイス)などを使用し、牛乳や生クリーム、バター、カシューナッツなどを使うのでこってりと濃厚で油分が多いのが特徴。具材はチキンやマトンなど肉類が多いようです。 反対に「南」はシャバシャバで辛味が効いています。ココナッツミルクやタマリンド(酸味が効いたフルーツ)を使い、魚介や野菜や豆の具材が多いそうです。 キーマカレーやバターチキンなどは南には存在しないとか。 北インドは乾燥して小麦が育ちやすい土壌なのでチャパティやパサラと言った小麦をこねて焼いたものが主食。南は1年中暖かく水も豊富で稲作に適しているため主食はお米。 日本でよく見かける「ナン」はインド全体を見ると、精製した小麦が高価なためあまりメジャーな主食ではなく、ナンを焼くタンドール釜を持つ家庭も少ないようです。 さて、私が本日いただいたのは「カレー二種セット 980円」です。カレーは「エビカレー」と「バターチキン」を選択。南インドには存在しないバターチキンが気になりました。 食べ馴れたドロッとしたカレー。ナンをちぎってエビカレーやバターチキンにつけて食べ比べします。でもあまり違いがわかりません。両方ドロッとして美味しいです。エビやチキンそのものを頬張ると具材の風味を強く意識できます。 久しぶりのナンは美味しいですね。ご飯にバターチキンを絡めて食べてもやっぱり美味しい。 最近南インドカレーが続きましたが、私の経験からこれがインドのカレーです(笑) 東京にいるからこそ南インドカレーを食べる機会にも恵まれるのでしょうが、他の地域はやはりナンと一緒に提供される北インドカレーが大半なのでしょうね。

ガンディーマハルの店舗情報

店舗基本情報

予約・問い合わせ 03-5296-1238
ジャンル
  • カレー
  • インドカレー
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~2000円
クレジットカード
QRコード決済
  • PayPay

住所

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                都営新宿線 / 小川町駅 徒歩3分(240m)
東京メトロ丸ノ内線 / 淡路町駅 徒歩3分(240m)
東京メトロ千代田線 / 新御茶ノ水駅 徒歩4分(310m)                        

                        

座席

席数

50席

カウンター
喫煙 不可
※健康増進法改正に伴い、喫煙情報が未更新の場合がございます。正しい情報はお店へご確認ください。
[?] 喫煙・禁煙情報について
個室

サービス・設備などの情報

お店のホームページ http://dhanyawad.s1.xrea.com/ochanomizu/
利用シーン ランチ、食べ放題、おひとりさまOK、禁煙、昼ごはん、PayPay決済可

更新情報

最初の口コミ
Kazuo Kashima
最新の口コミ
eri.m

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ 「PayPayが使える」と記載があるがご利用いただけなかった場合は こちら からお問い合わせください。

ガンディーマハルのキーワード

ガンディーマハルの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

目的・シーンを再検索

御茶ノ水周辺のランドマーク

03-5296-1238