オールプレスエスプレッソ トウキョウロースタリーアンドカフェ Allpress Espresso Tokyo Roastery & Cafe

年間500軒!酒場を放浪するせんべろキング をはじめ 329人がオススメしています 口コミをみる

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
東京メトロ半蔵門線 / 清澄白河駅 徒歩11分(860m)
ジャンル
カフェ コーヒー専門店
定休日
無休
もっとみる
03-5875-9392

清澄白河でカフェ巡りなら行きたいこのカフェ

ニュージーランド発のカフェを楽しめるお店、「Allpress Espresso Tokyo Roastery & Cafe」。店内の大きな焙煎機を使用した珈琲はとってもコクがあり美味しいと評判です。ウッド調の素敵な空間で、プレートの野菜、チーズ、生ハム、トーストは絶品♪朝早くから開店しているので、モーニングとしても楽しめますよ♪

口コミ(160)

    季節限定の春味のコーヒー♡桜の季節に合わせて、春をイメージして焙煎したというコスタリカのコーヒー”SAKURA”が昨日より新発売されました〜。友に誘っていただき、東京・清澄白河にあるオールプレスエスプレッソに新作発表会に行ってまいりました(^^) オールプレスエスプレッソは、ニュージーランド発祥のコーヒー専門店で、本場では1980年創業。ロンドンやオーストラリアにも店舗があり、日本には清澄白河に一号店があります。オールプレスは豆の卸しも結構力入れていて、日本国内で70店舗以上のレストランやカフェで豆を使ってます。 新発売のメニューは、 ☆SAKURA(サクラ) 味から季節を連想できるってすごい!! サクラという名前のブレンドかと思ったら、コスタリカのシングルオリジンでした。プルメリアのアロマやダークチェリー、メイプルシロップなどを彷彿させる複雑でユニークなフレーバー。 産地は、ウエストバレー、ジャノボニートにあるペティサ農園のコーヒー豆。標高1600m以上のウエストバレーのジャノボニート地区は、高湿度で寒暖差が激しいため実が引き締まった美しい酸味を持つコーヒーが生まれると言われています。品評会では上位入賞豆の名産地として知られているところ。イエローハニープロセス。 ”ハニープロセス”というのは、豆の精製方法の一つで、「どうやってコーヒーの実を取り除いて、豆になる部分の種を取り出すか」っていうところ。豆についた果肉をどのくらい残して乾燥させるかは、最終的なコーヒーの味に影響があります。このへんはちょっと難しいので、また今度。 ちなみに、けっこうご存知ない方もいるので話しておくと、コーヒー豆って、コーヒーの果実の種の部分なんです。 ところで、焙煎の責任者である焙煎士のペッターくんになぜコスタリカの豆をサクラに選んだのか聞いたら、エチオピアのレモンのような酸味に比べて、コスタリカはチェリーっぽさやフローラル感が強いから、桜の花をイメージできたんだそうです。でも、ペッターくんはスウェーデン人なので、ペッターくんの中では、春のイメージはもっと寒くて、ピンクっぽくはないそうです。笑 季節限定のSAKURAスコーンも一緒にいただきました。全粒粉を使ったさっくりとしたスコーンに桜の花びらをトッピングし、クロテッドクリームに爽やかな苺ジャムと苺をはさんだものでした。これもよかったですね〜。特にクリーム美味!! 【コーヒーの味を有名人で例えるシリーズ】 美しい酸味、まろやか。ダークチェリーっぽい酸味があるが、冷めてくると甘みが増す。少しミルキー感。軽やか、ライト、ピンク。透明。赤っぽいブラウン。クリアな華やかさ。スポーティ。っていうところを総合すると、、、あ、、、また名前が思い出せません!よく雑誌とかにモデルとしても出てて、すごい筋トレしてて、スタイルが抜群に良くて、、ちょっとオーストラリアっぽい気もする髪の長い女優さん。、、、、名前。。。ううう、、、いつもすいません!

    Retty人気店。東京のコーヒータウン・清澄白河にある、大好きすぎるカフェ「オールプレス」。こちらにも素敵なコーヒー男子がいるので、早速Rettyグルメニュースの連載「コーヒー男子図鑑」の第2回目に特集させていただきました。スウェーデン人の焙煎士、ペターさんです。 ALLPRESS ESPRESSOは、1989年にニュージーランドのウェリントンで創業したコーヒー専門店。こちらは、2014年8月に初上陸した一号店です。日本で直営の店舗はここだけですが、国内のカフェやレストラン70店舗以上でここの豆が扱われています。青山にあるニコライバーグマンのカフェなんかもそうです。 ちなみに、スキーシーズンはオセアニアから外国人観光客が増えるので、お客さんからの要望が多くて雪国エリアのカフェでオールプレスのコーヒーを飲めるお店が増えるそうです。 ★アイスフラットホワイト ★エスプレッソ この日は、お決まりのエスプレッソと暑かったのでフラットホワイトのアイスを。フラットホワイトのアイスは、ちょっと濃いめのエスプレッソをミルクの中に注いで出来上がり。豆はキバブレンド。コクがあるけれど、華やかさもあります。オールプレス未体験の方は、ユニークで風味豊かなエスプレッソを一度飲んで欲しいです。 ご興味ある方は↓是非! https://retty.news/35270/ そして、もうすぐ第3回目が公開になります。 おしゃれ極まりない建物も必見。さすがにニュージーランドのお店だけあって、NZ代表のラグビー選手が来日した際は、毎日訪れていたそうです。

    清澄白河『Allpress Espresso(オールプレス エスプレッソ)』 エスプレッソが得意なニュージーランド発のロースター&カフェ。 こちらのフラットホワイトがお気に入りで、清澄白河にいるならやっぱり足を運んでしまう。 席数は多くはありませんが、木材倉庫をリノベーションした店内も居心地◎ ロースタリーも併設されています。 コーヒー豆のロースタリーであり、オールプレスの真骨頂ともいえるエスプレッソ系メニューを中心にドリンク&フードを提供しています。 今では全国60を超えるカフェでもオールプレスの豆が楽しめるようになったみたいです。 【注文】 フラットホワイト¥430 なめらかな口当たりでミルクとエスプレッソが絶妙なバランス。 今のところ私の中でNo.1のフラットホワイト。 オールプレスに来られる機会があれば是非エスプレッソ系ドリンクをおすすめします。 テイクアウトももちろん出来るので、清澄白河散策に美味しいコーヒーもいいですね。

オールプレスエスプレッソ トウキョウロースタリーアンドカフェの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • カフェ
  • コーヒー専門店
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東京メトロ半蔵門線 / 清澄白河駅 徒歩11分(860m)
東京メトロ東西線 / 木場駅 徒歩12分(960m)
都営新宿線 / 菊川駅 徒歩15分(1.2km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        都営バス 業10 木場公園 徒歩3分(210m)
都営バス 業10 東京都現代美術館前 徒歩4分(270m)
都営バス 東20 東京都現代美術館 徒歩4分(310m)            

          
店名
オールプレスエスプレッソ トウキョウロースタリーアンドカフェ Allpress Espresso Tokyo Roastery & Cafe
予約・問い合わせ
03-5875-9392
お店のホームページ

席・設備

座席

25席

個室
カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • 朝食が食べられる
  • おひとりさまOK
  • 禁煙
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Kagoshima Kiyoshi
最新の口コミ
Yuuri.S

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際はこちらからお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

オールプレスエスプレッソ トウキョウロースタリーアンドカフェの近くのお店

門前仲町・清澄白河のカフェ・スイーツでオススメのお店

人形町・門前仲町・葛西の新着のお店

オールプレスエスプレッソ トウキョウロースタリーアンドカフェのキーワード

オールプレスエスプレッソ トウキョウロースタリーアンドカフェの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

門前仲町・清澄白河周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

03-5875-9392

このお店の特集記事