味達

あじたつ

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR中央・総武線 / 下総中山駅 徒歩2分(160m)
ジャンル
ラーメン 中華料理 餃子
定休日
無休
047-333-9983

在宅勤務でのランチ、この日は同じく在宅勤務の息子とともに。 そういえば、『味達』には半年ほど行っておらず。 まん延防止等重点措置中、休業していたりということもありましたからね。 お店に到着、今日はやっている。 ん? このテント看板は新しくなっているような。 とはいえこの扉を開けるのには若干勇気がいる、相変わらずそんな歴史の重さ(?)と風格(?)がある店構え。 ここに来たら食べようと思ったもの、何だっけかな。 大量のメニューを前にしてすっかり忘れてしまったんだけど…辛子何とかだったよな。 あ、とりからし炒め… いや、違うんだけどなぁ。 まぁいいや、発見できないから今日はこれにしておこう。 オーダーした後に気付きましたけど、食べたかったのは豆腐の辛子焼き。 辛子豆腐は、「古くは東京オリンピックの年にあたる1964年発祥の料理。王子製紙(現:日本製紙)を始めとする製紙工場で働く人々の胃袋を支えてきたローカルフードです。」(https://rikuzi-chousadan.com/sdffoods/camprecipe/002jujokarashiyaki.html)とのこと。 歴史のあるお店だからこそ、こんな昔からの料理も食べられるんだなと思っていたんですけど、すっかり頭から抜け落ちてました。 このお店はワンオペ、先に息子の中華丼を作った後に私のとりからし炒め、変更もありだったんですけどね。 一度オーダーしてしまうと、なんだか妙にとりからし炒めを食べてみたくなってそのままに。 運ばれてきたとりからし炒め、熱々で湯気が立っていて美味そう。 よし、それでは頂きます。 まずは鶏を一つ、お、プリッとした食感に…このタレは何だろう。 見た目から醤油を想像しながら噛みますけど、微妙に味が深いのは辛子が入っているからだろうか。 野菜はピーマンとネギ、それにもう一品の緑は… キュウリか。 炒め物にキュウリ、珍しいですね。 これがさっぱりとした水分になって、ピーマンの苦味とともに味のエッセンスに。 全体的に味が濃いめなので、野菜が入っているのは嬉しい。 てんこ盛りのご飯、これ、絶対にご飯に合うオカズ。 乗せて食べてみると… おぉやっぱり、こりゃ美味ぇ。 ふっくらご飯にプリプリ鶏肉がいい食感。 こりゃ食べる手が止まらなくなりますね。 高級な料理も美味いけど、町中華で食べるこういったガッツリ飯はまた別の美味しさ。 デスクワークじゃなく身体を使う仕事であれば、更に美味しさを実感できるんでしょう。 初めて食べた味でしたけど、『味達』だからなのか、とりからし炒め全般が美味いのか。 他所でも試してみたくなる一品、ご馳走さまでした。

Yoshiki Kawamuraさんの行ったお店

味達の店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 047-333-9983
ジャンル
  • ラーメン
  • 中華料理
  • 餃子
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                        
                JR中央・総武線 / 下総中山駅 徒歩2分(160m)
京成本線 / 京成中山駅 徒歩6分(430m)
京成本線 / 鬼越駅 徒歩10分(770m)                        

                        

座席 修正依頼

カウンター
個室

047-333-9983