珍楽 ちんらく


予算
~1000円
最寄駅
JR京浜東北線 / 大宮駅(東口(北)) 徒歩9分(670m)
ジャンル
中華料理
定休日
不明
もっとみる
048-641-0650

お手頃価格のメニューが豊富。タンメンと餃子のリピーター多数

口コミ(7)

    大宮駅・東口、【 “オレンジロード”沿いにある”昭和遺産”の中華屋さんで、”タンギョウ”を堪能❗️ 】。 大宮駅から氷川神社へ向かう「一の宮通り」(通称:オレンジロード)沿いにある、それはそれはクタビれた外観の中華料理店(笑)。 以前は車移動が多く、オレンジロード反対側の県道からのイメージ(平たく言えば、裏側の物置です)しかなかったのですが、氷川参道でウォーキングを始めてから表側を知り、いつか訪問したいと思っていたお店です。 さて。 11月初旬の秋らしい三連休、お昼前後で氷川参道を”ジャージ姿”でウォーキング。 途中、腹が減りまくってしまい、「お昼食べちゃおうかなぁ〜」と思うも、「”ジャージ姿”で入っても大丈夫そうなお店って…」 そうだ、『珍楽』‼️(失礼な) ということで、初訪問。 店内に入ると、とてもフレンドリーな女将さんがお出迎え。 あれれ⁇ 事前情報だと、寡黙な職人の大将からのプレッシャーを受けるものと思っていたのですが、肩透かし。 で、女将さんと、何故かスマホの話(笑)をしながらオーダーしたのは、お店イチ推しのコチラ。 《 たんめん 》¥600-税込 《 ギョーザ 》¥300-税込 所謂”タンギョウ”ですね。 ギョーザ 、めちゃくちゃ美味いです‼️ ニンニクがガッツリ効いてます。 ニラも入っていて、野菜餡のパンチが素晴らしい。 これは、良いものです。 タンメンは、一口目に酸味を感じます。 お酢を入れてるのかもしれませんが、これが後半食欲を増進するというか、なんかクセになります。 全体的には、昔ながらのタンメンですが、上手くまとまっています。 で、カウンターに座って美味しく頂きながら、何気なく目線を上げてメニューの短冊をみたら、衝撃が。 この値上げラッシュのご時世に、チャーハン・みそラーメンが値下げになってるではありませんか‼️ マジか⁉️ 何て素晴らしいお店なんでしょう。 大宮アルディージャのサポーター向けでしょうか。 なんか、超気に入ってしまいました。 次回は、”究極のしっとり系”らしい、チャーハンを頂きたいと思います!

    大宮駅北側の線路を跨ぐ大栄橋。 この大栄橋がある県道2号(旧国道16号)が、大宮氷川神社に続く参道と交わるところ。 そこには、もう一本、大宮駅前から斜めにのびてきた一の宮通りが交わります。 一の宮通りは、大宮駅から大宮氷川神社に参拝しようとする方々が利用する、抜け道のようになっています。 さて、その一の宮通りが、県道2号に繋がる直前、鋭角な角地の一軒手前に、中華料理店があります。 店名は「珍楽」。 そんな立地なので、一の宮通り側と、県道2号側の両方に、入口があります。 面白いのは、その二つの入口の様相が、まるで異なること。 県道2号側の入口は、幅も広く、今時な店舗風。 なのに、ダンボール等が積まれ、あまり使われていない様子。 色褪せた黄色いテントや看板には、「中華『料理』 珍楽」と書かれています。 一の宮通り側の入口は、幅が狭いものの、その造りが素晴らしい。 モルタルに、カープを持たせ、形造られた凹面。 そこに、浮きあがるように取り付けられた「珍楽」の二文字。 その古びた風合いが、実に味わい深い。 横の古風な看板には、「中華『飯店』 珍楽」と書かれています。 この様相が気になり、お店に足を踏み入れました。 日曜日、三時ごろのことです。 中途半端な時間だったためか、お客は誰もいません。 ご高齢、白髪、角刈りの大将が、客席のひとつに座っておられます。 背中をぴんと伸ばしたまま、眼を閉じているご様子。 「ここに座って、良いですか」と声をおかけします。 すると、上半身がぐらりと動き、カッと眼を見開かれます。 張り出されたメニュー構成を拝見すると、一番人気は「タンメン」600円や、「チャーハン」600円と思われます。 「タンメン」の方をお願いしました。 「タンメン」、特別なところはありませんが、美味しいです。 強火で炒めたシャキシャキのモヤシ、ニラ、ニンジン、キャベツ、玉葱等と、豚肉。 そして、茹でた黄色い麺。 特に鶏ガラスープの塩味と胡椒が、懐かしい。 大将に、いくつかお話をうかがいました。 このお店の創業は、昭和22~3(1947~9)年頃で、もう70年になるとのこと。 大将は2代目。 一の宮通りは、以前は商店街で、買い物客で賑わっていた。 しかしながら、そういった店舗は皆、無くなってしまった。 斜向かいは、大宮アルディージャのクラブショップ「オレンジスクエア」になっている。 そのため、最近ではサッカー好きのお客が多い。 そんなことを、うかがっていたら、次々とお客が入り始め、大将は大忙しとなってしまいました。 お客は、一様に、一の宮通り側の入口を利用されていました。 #レトロ食堂

    初詣の時に見かけて気になってた珍楽にやって来ました(^.^) いかにも昭和な店構え。店内には昔の大宮の記事が貼ってあります。 メニューはシンプル。ラーメン、みそラーメン、タンメン、チャーハン、餃子。 壁の反対側にあと3つほど野菜炒め的なメニューもあったかも。 注文したのは前回から気になってたタンメン、チャーハンと餃子、それにビール(^_^) 先に餃子が着皿。やや小振りで一口でいけます。味は昔ながらのニンニク効いた好きなやつ。野菜多めでジューシー(o^^o) チャーハンはパラパラとは対極にあるタイプ。こんな食感は初めてで、ちょっと驚き(o_o) しっとりしてるがベタついてる訳じゃなく、メシ粒は口の中でほろっと崩れていく。味付けもちょうどよく、これも美味い(^.^) タンメンは、ホントに昔ながらのタンメン! スープも野菜の旨味だけでとったようなスープ。餃子のニンニク感をこのスープで洗い流すのがぴったり。 まさにここはタンギョーのペアリング最強店^o^ #しっとりチャーハン #ガツン餃子 #昔ながらのタンメン

珍楽の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • 中華料理
定休日
予算
ランチ
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR京浜東北線 / 大宮駅(東口(北)) 徒歩9分(670m)
東武野田線 / 北大宮駅 徒歩13分(980m)
東武野田線 / 大宮公園駅 徒歩19分(1.5km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東武バスウエスト 深夜急行(大宮駅東口〜春日部駅西口) 大宮区役所入口 徒歩5分(360m)
国際興業 大01 氷川参道 徒歩5分(390m)
国際興業 大15 堀の内 徒歩6分(420m)            

          
店名
珍楽 ちんらく
予約・問い合わせ
048-641-0650

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • ランチ

更新情報

最初の口コミ
Yoshichika Takahashi
最新の口コミ
長谷川英亮

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

珍楽の近くのお店

大宮の中華でオススメのお店

大宮の新着のお店

珍楽のキーワード

珍楽の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

大宮周辺のランドマーク

048-641-0650