ぎんねこ ぎんねこ


予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR京浜東北線 / 浦和駅 徒歩8分(580m)
ジャンル
そば(蕎麦) うどん 丼もの
定休日
毎週日曜日
もっとみる
048-822-4751

冷やし月見や、冷やしたぬきがオススメ、浦和にある人気のお蕎麦屋さん

口コミ(9)

    冷やしたぬきそば@浦和 早めランチに冷やしたぬき蕎麦大盛食べました(^^)浦和では有名な町の大衆そば屋さん ラーメンやカレーライスや丼物などもあります!10時半開店です(^^)駅からは5分ちょっと歩きます。外観も素敵です! #浦和 #ひやた #冷やしたぬきそば

    冷やしたぬきが映えるお店だけど… もりそばと小天丼セット! そばも天丼も美味しい! たぶん何を食べても美味しい店な気がする。

    「た たぬき き きつね ね ねこ ♪」 唄を口ずさみつつ、お店へ向かいます。 何しろ、此方のお店、平日の昼間しか開いていません。 しかも、食べたいのは、冷やしメニュー。 やっと、タイミングが合っての訪問です。 高まる期待とともに、唄と足取りが加速します。 浦和、埼玉県庁に向かう裏門通りの「ぎんねこ」。 1920年代後半に、「洋食・喫茶シルバーキャット」として創業しました。 第二次世界大戦時、敵国語にあたるとして、店名改称を余儀無くされます。 戦後物資が乏しくなり、配給品の蕎麦粉や小麦粉を使い、蕎麦店に業態変更されます。 正面の壁に浮かび上がる「ぎんねこ」の文字が美しい。 店舗の外観、内装、ともに風合いがあります。 「冷したぬき」600円か、「冷しきつね」600円かと迷います。 あげく、狸と狐の一方に与することができず、「冷やし月見」650円をオーダー。 麺は、「うどん」や「ひも川」も選べるのですが、「そば」でお願いしました。 並盛りで、素晴らしいボリューム。 まず、目を引くのは、生卵ではなく半熟の目玉焼きが載っていること。 器の三方に、それぞれ、トマト、ワカメ、ナルトを刻んだもの。 中央にはキャベツとキュウリを塩で揉んで浅漬けにしたもの。 細めで、たっぷりの蕎麦が、その下に隠れています。 特に、キャベツとキュウリの浅漬けが、たまらない美味しさ。 その塩気と、ツユの味わいに清涼感があります。 改めて店内を見回すと、気の置けない大衆食堂といった風情。 メニューには、「中華そば」まであります。 同じ埼玉は秩父にある「パリー食堂」(2016/04/30訪問)が想い出されます。 あちらは、昭和2(1927)年創業ですから、同じ時代の起業。 どちらの店名にも、「大正浪漫」の叙情性や、耽美主義の風潮が感じられます。 お店を出て、唄を口ずさみつつ歩きだします。 「アスタ・ルエゴ さよなら銀(月)の猫 ♪」 #レトロ食堂

ぎんねこの店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • そば(蕎麦)
  • うどん
  • 丼もの
営業時間
定休日
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR京浜東北線 / 浦和駅 徒歩8分(580m)
JR京浜東北線 / 北浦和駅 徒歩20分(1.6km)
JR埼京線 / 武蔵浦和駅 徒歩21分(1.7km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        国際興業 浦101 市民会館入口 徒歩3分(200m)
国際興業 浦12 常盤一 徒歩4分(310m)
国際興業 浦12-2 仲町三丁目 徒歩6分(450m)            

          
店名
ぎんねこ ぎんねこ
予約・問い合わせ
048-822-4751

席・設備

個室
カウンター

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • 日本酒が飲める

更新情報

最初の口コミ
中島求
最新の口コミ
田中英介

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

人気のまとめ

ぎんねこの近くのお店

浦和のラーメン・麺類でオススメのお店

埼玉の新着のお店

ぎんねこのキーワード

ぎんねこの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

浦和周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

048-822-4751