庵 浮雨 un peu


予算
~2000円
~2000円
ジャンル
そば(蕎麦) 居酒屋 バー
定休日
毎週月曜日
もっとみる
048-825-0468

久しぶりに魂の食をいただいた。 フレンチの出る蕎麦屋、 浮雨@浦和 私事ではあるが、1月末に浦和を 退くこととなった。 その3日前にAkiko Nakamura氏 から「浦和を去る前に、なんと してもこの店だけは!」と紹介 されたのが、こちらの店である。 聞けば神田の蕎麦の名店『眠庵』 で修行し,その後フレンチを学んだ 店主がやってる店とのこと。 信頼してるスジからの情報でも 「そんな二刀流どうなのよ?」 と疑ってかかるひねくれこびと。 しかし、予想は裏切られる。 お通し:イカとブロッコリーの ガーリック風味。 いわゆるガーリック風味のマリネ。 作ってる段階ですげーって思った。 マリネを和える動きが肩甲骨の先から動いている。 たかだかお通しの和え物で、だ。 味も然り。 わざとイカとブロッコリーの味を ガーリックで分けて、噛んでる内に 口の中で味が一体化するやつだ。 われても末に合わんとぞ思うって ヤツだ。 牛蒡の青唐味噌マヨネーズ和え。 味噌と青唐で牛蒡の甘さが際立つ 一品。 味噌とマヨという庶民の味を使い ながらも、 やはりどことなくフレンチだ。 タコの柚子胡椒マリネ。 もはや『和』なんだが、違う。 タコも充分に美味いのだが、 ネギとトマトが無茶苦茶美味い。 たぶんかなり上質であろう オリーブオイルとワインビネガー が、タコよりも野菜にマッチした 結果だろう。 馬さしのタルタル こんなもんを400円で出しちゃ いかん。 美味過ぎ。 丁寧にスジを取られたその肉は もはや生肉汁のゼリーと言っても 過言ではない。 それをソースが更に引き立たせる。 扁桃腺がキュンキュン言う。 やっと本題の蕎麦だ。 作ってる時からヤバイ。 蕎麦の茹で加減を見る目付き 〆に移るその動きの速さは もはや狩猟系動物に等しい。 写真ではワカらないかもしれないが 蕎麦が美しかった。 出てきたその瞬間に、「美味い!」 って言っちゃったもの。 ひと口目、そのままイッた。 塩もなにも付けないで、生の蕎麦を ここまで美味いと感じたのは初めて かもしれない。 そんで塩つけたら蕎麦の香りと 甘みがグンと増す。 問題はこのクリームカレーの つけ汁だ。 蕎麦とカレーというだけで、 さすがのおいらでも眉をひそめる。 路麺ならまだしも、これだけの 美味い蕎麦をわざわざブチ込ま なくてはイカンのか?と。 ひと口喰ってちょっと笑った。 美味い、でもこれは遊びだ。 そもそもつけ汁のクリームカレー 自体がかなり美味く、口に入れた 瞬間は完全に蕎麦が負けているの だが、噛んでる内にグイグイ蕎麦が 押し返して来る。 「どんだけイイ蕎麦打ってんだよ!」 って話だ。 カレーとクリームを押しのける 蕎麦に絶対の信頼を感じて、 正当なカエシに移って食す。 驚愕。 カエシから燻製香がする。 鰹節の燻製香が出汁になっても まだ活きてるのだ。 出会ったコトがない。 おそらく2つの事を意味している。 1つはもちろん上質の鰹節を使って いるということだが、 もう一つは、その上質な鰹節に 熱を加える時間を相当短くしている ということだ。 もっと時間をかけて煮出せば旨味は 出るが、香りは飛ぶ。 旨味を残すか香りを残すかの瀬戸際 を知っているんだ、この人は。 これにさっきの蕎麦ががっぷり四つ で口の中で組み合う。 名力士の大相撲の様だ。 両者味が濃いのに、喉元をすぎると 余韻だけ残してスッと消えていく。 美しい味と書いて「美味しい」と 言うのは、こういう事だったんだね… とにかく感動と驚嘆の繰り返し。 いい料理人は動きを見ればわかる というのは、あながち間違いでは なく、全ての動作に無駄が無いし、 若い身空にしては様になっている。 料理へのひた向きさが見えるその動きに非常に好感が持てるのだが、 気持ちの余裕が動きに表れると、なお良いかな? いちいちウルサイね、どーも。 酒を3種以上頼まないと蕎麦を 出してもらえないので、1人で 4千円強ではあったが、なんの 悔いも無し。 むしろこの値段でこれだけのモノが 食べれたコトに驚く。 すでに浦和を去ってしまったが、 脚を運んでも人を連れて行きたい店

コメント 0
行きたい 30

中島求さんの行ったお店

庵 浮雨の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • そば(蕎麦)
  • 居酒屋
  • バー
営業時間
定休日
カード
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        国際興業 浦10 県庁通り 徒歩3分(180m)
国際興業 浦04 高砂小学校 徒歩4分(250m)
国際興業 ミッドナイトアロー浦和・大宮 浦和駅西口 徒歩4分(280m)            

          
店名
庵 浮雨 un peu
予約・問い合わせ
048-825-0468
オンライン予約
宴会収容人数
12人

席・設備

座席

8席

個室
カウンター
喫煙席

(完全禁煙)

貸切
貸切不可

8名様より承ります。ご相談下さい。

お子様連れ入店
不可

ディナータイムは、中学生未満のお子様はご遠慮いただいております。

たたみ・座敷席
なし
掘りごたつ
なし
テレビ・モニター
なし
カラオケ
なし
バリアフリー
なし
ライブ・ショー
なし
バンド演奏
不可

特徴

利用シーン
  • 飲み放題 :貸切時のみご注文可能です。

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

048-825-0468