シボネボルケ shiboneboruke


予算
~2000円
~2000円
最寄駅
東武東上線 / 上福岡駅(南口) 徒歩18分(1.4km)
ジャンル
カフェ かき氷
もっとみる
049-247-3777

詩人でもある女性オーナーが、自身の遊び場だった林の中に開いたカフェ

口コミ(16)

    週末に、ずっと行ってみたかった、住宅街の一角に残る林の中にある隠れ家カフェへ行ってきました 今回は、愛犬は車の中でお留守番です 詩人でもある女性オーナーさんが、自身の遊び場だった林の中に開いたお店だそうで、どんぐりがたくさん落ちている林を抜けた場所に、白い贈り物の箱のような建物が建っていました お店の中に入り、席に座ると提供されたのは白湯でした 店内は、高い吹き抜けがあって二階はギャラリースペースになっており、木漏れ日の光が入る素敵な空間、ゆったりとした時間が流れる店内でコーヒーを飲み、慌しい日常を忘れさせてもらいました✨ 次回はランチに行ってみたいです #隠れ家カフェ #落ち着ける店内 #駐車場あり #お一人様OK #ここはヤバいです

    東武東上線上福岡駅の「シボネボルケ」については、以前(2015/09/27)、チャイとティラミスを投稿していますが、ランチが美味しいとお伝えしたく、再度の投稿です。 「シボネボルケ」は、詩人でもある女性オーナーが、自身の遊び場だった林の中に、2010年3月6日に開いたカフェです。 木のチップが敷き詰められた周りの林ごと、別空間のようです。 林の中の建物は、白壁と木調とをまとい、贅沢な吹き抜けを有しています。 本日は、2名で訪問。 「林のごはん」1500円を二つと、「林のコーヒー」500円(から100円引)、「ハーブティー」600円(から100円引)です。 まず、お水ではなく、白湯が出されます。 メニューの最初は、「朝採り野菜の季節のサラダ」。 沢田農園で、その日の朝採れた野菜だけを使っています。 その野菜は、店頭で販売もしています。 サラダは、素材ひとつひとつに、手が加えてあり、全体として、複雑でありながら一体感があります。 例えば、人参だけでも三種が使い分けられています。 細く千切りにしたオレンジ色と黄色の人参には、ドレッシングが浸透しています。 太めにカットされた赤い人参は柔らかく蒸してあります。 感動的な味わいでした。 次に、「季節の野菜スープ」と「地粉の天然酵母パン」。 今日の「スープ」は、ポタージュでしたが、ポテト以外に複雑な素材感がある一方、調味料は抑えてあります。 「パン」の小麦粉は、埼玉産地粉。 そこへ、干しブドウからおこした自家製天然酵母。 重厚な食感と、噛むほどに伝わる深い味わいがあります。 「スープ」も「パン」も、驚きです。 最後に「お好みのおやつ」とドリンク。 ◼︎「バナナのホワイトチョコケーキ」は、完熟バナナとホワイトチョコをたっぷり使い、卵乳は不使用。 素材がもたらす、しっとり感を味わえます。 ◼︎「さつまいもの焼きプリン」は、川越産の薩摩芋が、濃厚な味わいと甘みをもたらしてくれます。 ◼︎「林のコーヒー」は、アイスでお願いしました。 何と川越の「あぶりコーヒー」(2015/04/11訪問)のブレンドを使用しているそうで、納得の味わい。 ◼︎「ハーブティー」は、何種類かある中から「お日様のお茶」を選択。 豊潤な味わいです。 食後の満たされ思いのなか、店内には、窓から射し込むこの季節とは思えない暖かな日差しがありました。

    「シボネボルケ」は、詩人でもある女性オーナーが、自身の遊び場だった林の中に開いたカフェです。 2010年3月6日、啓蟄を選んでのオープンです。 周りの林ごと、別空間のようです。 林の中の建物は、白壁と木調とをまとい、贅沢な吹き抜けを有しています。 料理は、地産池消。 小麦粉は、金子さんが作る埼玉産地粉。 干しブドウからおこした自家製天然酵母。 卵は、川島町の矢部養鶏のトップラン。 旬の野菜は、沢田農園。 油は、埼玉産なたね油、オリーブ油。 季節のチャイが、「栗のチャイ」650円とのことで、まずこれをお願いしました。 次に、「本日のおやつ」から、「甘酒のティラミス」550円をお願いしたので、ドリンクが-50円となりました。 最初に、お水ではなく、白湯が出されます。 「栗のチャイ」は、大きな器で提供されて、栗の豊潤な香と味に満たされます。 「甘酒のティラミス」は、卵乳を使わず、甘酒と塩麹で作りあげた素朴な味わい。 口中で蕩けます。 クルミにコーティングをしたものと、白いクリーム状のものが、トッピングされています。 このクリーム状のものが、不思議な美味しさです。 オーナーにお尋ねしたところ、甘酒、ココナッツミルク、豆乳をゼリーで固めたものだそうです。 此方のお店、休みの日が多いので、事前のブログチェックが必須です。 どうやら、その休みに日には、メニューの研究と仕込みをされているようで、ランチメニューも大変美味しいそうです。

シボネボルケの店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • カフェ
  • かき氷
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        東武東上線 / 上福岡駅(南口) 徒歩18分(1.4km)
東武東上線 / 新河岸駅(2.4km)
東武東上線 / ふじみ野駅(西口)(2.7km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        東武バスウエスト 上福03 尚美学園大学駐車場前 徒歩2分(110m)
東武バスウエスト 上福03 尚美学園大学前 徒歩2分(140m)
川越市バス 34系統 中村外科 徒歩4分(290m)            

          
店名
シボネボルケ shiboneboruke
予約・問い合わせ
049-247-3777
お店のホームページ

席・設備

個室
カウンター
喫煙席

特徴

利用シーン
  • ランチ
  • おひとりさまOK
  • デート
  • オーガニック料理
  • 禁煙
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Katsuhiro Kiyotake
最新の口コミ
yumiko horiuchi

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと

  • お店のページをPRすることができます。
  • 無料でお店の写真やメニューを編集することができます。

スマホ決済はPayPay!
初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

人気のまとめ

シボネボルケの近くのお店

川越のカフェ・スイーツでオススメのお店

川越の新着のお店

シボネボルケのキーワード

シボネボルケの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

川越周辺のランドマーク

お店の掲載テーマ

シボネボルケに関連のページ

049-247-3777