浅川 あさかわ


予算
~2000円
~2000円
ジャンル
そば(蕎麦) 天ぷら
定休日
毎週水曜日
もっとみる
027-231-7294

地元の蕎麦屋放浪記NO.8-2 「灯台下暗し」近過ぎて逆に行く機会を逸していた此方のお店に再訪しました。一昔前、新店舗に移る前は出前もしていて、たまに利用していましたが、新しいお店になってからは、出前もなくなり行く機会が減ってしまった。金砂郷の常陸秋そばが食べられるお店は少ないので、群馬県でも雑誌に取り上げられるなど知られるようになってきました。 此方のお店では、常陸秋そばの「金砂郷そば」と群馬吾妻高山村産などいくつかの産地の蕎麦粉をミックスした「満天せいろ」の2種類のお蕎麦が食べられる。売りは、やはり「金砂郷そば」、入口に「海老根武志原種 金砂郷そば 新そばになりました」との説明書きがありました。 「金砂郷」とは何か……茨城県北部に位置する常陸太田市金砂郷地区の事で、県の奨励品種「常陸秋そば」の発祥地。今では良く知られる「常陸秋そば」は、古くから茨城県県北地域で育てられてきた金砂郷在来種のそばをもとに、茨城県農業試験場が昭和62年に品種登録したと言う。大粒なこともあり、台風などの影響を強く受けやすく栽培の難しい品種だが、その風味は非常に優れ、甘みや香りが抜群に良いことでも知られている。中でも常陸秋そば発祥の地として知られる常陸太田市金砂郷地区は、茨城の中でも特別な存在で常陸秋そばの聖地などと呼ばれている…… 今日は、そんな「金砂郷そば」を「じゃこ天おろしせいろ」で頂いた。お蕎麦は、若干粗挽きのような感じ、小麦粉一割五分でつないだ石臼挽きの手打ち細切りで、喉越しも決して悪いわけではないが、どちらかと言うともっちりとしていて甘み、香りを重視したお蕎麦だと思う。風味は抜群に良い。返しのやや強めの辛口のもりつゆで、美味しく頂いた。 じゃこ天は、かき揚げ風、食べやすいように4等分に包丁が入れられている。揚げたてを熱い天つゆに付け、大根おろしと共に頂く。じゃこの香ばしい香りが口の中に広がり、とても美味しかった。 〆の蕎麦湯は、どちらかと言うとあっさり目ではあるが、タイミング良く出て来て熱々を美味しく頂きました。 夜には行ったことがないが、蕎麦前の肴も豊富、日本酒の品揃えもなかなかのものです。会計時に確認したら、"そばきり 吾妻路"で見かけた黒龍の限定酒「石田屋」「二左衛門」の4合瓶なども並んでいた。日本酒は旨い、不味い、甘口辛口くらいはわかるが、酔うとそれほど味がわからなくなるので、なかなか良いお酒には手が出せない。価格もそれなりだろうと思いますが、日本酒好きの人にはちょっと評判となっている。特に茨城出身の人には人気があり、東京方面でも名が知られているお店です。 ご馳走様でした! 常陸秋そばの聖地"金砂郷"のそば

コメント 3
  • こんばんは。 じゃこ天美味しそうですね~✨ 金砂郷蕎麦って甘味があるんですね。 食べた事がないから食べてみたいです(^∇^)✨

  • こんばんは、コメント有難うございます。じゃこ天は、それだけのかき揚げで香ばしく美味しかったですよ。金砂郷そばは、よく聞く常陸秋蕎麦ですが、此方のお店のお蕎麦は噛みしめると蕎麦の風味が強いですね。本場のお店に行ってみたいです(^ ^)

  • うわぁ。本当に美味しそう✨ そういうお蕎麦、大好きです❤

行きたい 37

Hiroyuki Yajimaさんの行ったお店

浅川の店舗情報

修正依頼
ジャンル
  • そば(蕎麦)
  • 天ぷら
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~2000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        前橋市バス 荻窪公園線 上三俣町 徒歩1分(54m)
前橋市バス 荻窪公園線 日吉町 徒歩2分(130m)
前橋市バス 北循環 みよし公園 徒歩3分(190m)            

          
店名
浅川 あさかわ
予約・問い合わせ
027-231-7294
FacebookのURL
https://www.facebook.com/soba.asakawa/
TwitterのURL
https://twitter.com/soba_asakawa

席・設備

座席

34席

個室
カウンター
喫煙席

この店舗の運営者様・オーナー様へ

Rettyお店会員にお申し込みいただくと、お店のページをPRしたり、店舗情報の編集をすることができます。

スマホ決済はPayPay!初期費用・決済手数料・入会手数料が0円で導入可能です。

027-231-7294