レストランNOTSUKE

のつけ

予算
営業時間外
~2000円
ジャンル
魚介・海鮮料理 北海道料理
定休日
無休
0153-82-3777

野付郡別海町にある海鮮料理のお店

口コミ(4)

    GW道東の旅、その6。 トドワラで有名な野付半島の先端部にある、野付半島ネイチャーセンター内にあるレストラン! この日のランチは知床で食べようと思っていたのですが、一本道である知床峠がGWなのに凍結で通行禁止になってしまい、致し方なく回避。 そこで、野付半島のほうに行ってみました。 野付半島は、半島全体が日本最大の砂嘴。 立ち枯れたトドマツが海水の浸食と潮風によって朽ちた「トドワラ」。 ミズナラが立ち枯れたまま残る「ナラワラ」。 荒涼とした景色が広がった一帯は、まさに「この世の果て」のような絶景! 野付半島ネイチャーセンターは、トドワラ観光の拠点となる場所にあります。 すでに時刻は15時近くでしたが、ここに来るまで全く食事をとる店が見当たらなかったので、もうお腹ペコペコ(^^;; ネイチャーセンターまで来れば何か食べられるだろうという算段でやって来ました。 レストランは、お土産コーナーの奥にあり、15:30ラストオーダーで、16:00閉店。 ギリギリセーフ。危なかった~(^^;; 窓の外には遥か彼方にトドワラへと続く道が見えます。 メニューは、定番のラーメン類やカレーなどの他、ホタテバーガーや丼物、定食など。 知床で食べるつもりだった海鮮系が良いなと思い、自分と娘はいくら丼(1500円)、妻はジンギスカン定食(1100円)。 提供されたいくら丼は、小ぶりな丼ですが、いくらがびっしり! キラキラ輝いていて、美しい これにサラダ、味噌汁、漬物付き。 これで1500円は破格! いくらは、粒々がしっかりしていて、ねっとりした食感。 でも、粒々を噛むとプッチプチ。 美味しい♪ これは札幌とか街で食べると、倍額くらいはするでしょうね。 我慢した分、素晴らしい丼に出会うことができました(^^) GW道東旅行 1軒目:たんちょう    <釧路空港>(スパカツ、豚丼)  2軒目:摩周湖カムイテラス<摩周湖>(摩周湖の霧ソフト) 3軒目:喜八       <網走>(北海道名物いろいろ) 4軒目:モリヤ商店    <網走>(かにめし、ほたて弁当) 5軒目:北見食品工業直売所<網走>(揚げかまぼこ) 6軒目:レストランノツケ <野付半島>(いくら丼、ジンギスカン定食) #いくら丼  #海鮮丼  #ジンギスカン  #野付半島

    “この世の果て“と呼ばれる場所で頂く 絶品グルメ❗ “野付半島と打瀬舟“、北海道の風物詩や、景色に、認定される眺め以外に、“トドワラ“、原生林が、海水に浸食され、立ち枯れしてしまった風景、“トド“とは、“トドマツ“の“トド“を指します、此方に、来る事をお勧めされたユーザーの方がお二方❗、一人は、道東を巡るに、辺り、アドバイスを頂いたHatakeyamaさん、日頃の投稿から、お出かけや、絶景etc.、投稿から感性が似かょつているか❔と思い、メッセージでお勧めをレクチャー頂きました、が、まさかの悪天候、手直しが必要となり、直にお会いして、お話を伺う事に、忙しい合間を縫って来て頂きました待ち合わせの、野付半島ネイチャーセンターに、降りると、“潮の香り“が漂って、アウトドア好きには、好奇心が擽られる感覚に、お会いして、話を進めると、雨でも、リカバリーできるスポットや、注意点をレクチャー頂きました、短い時間でしたが、非常に興味深いヒント等を頂き、本当に『アッと』言う間でした、ありがとうございましたm(__)m もう1人は、白老のMARIさん、向かう方向と、楽しみスタイルを聞いて、野付半島の“北海しま海老“を、同じ、道内でも、白老は、かなり離れてます、食してみて、白老まで、話が伝わる、“納得“の味でした、改めてありがとうございますm(__)m さて、“この世の果て“に、行く前に、北海しま海老の踊り食い❗と、ジャンボ・ホタテ・バーガー❗を、先ずは、“北海しま海老“を、北海道でも、綺麗な海に、しか、生息市内“海老“、漁期間は、 6月下旬~7月中旬 10月中旬〜11月上旬 の、年に2回、1回は、約2週程度 『海のルビー』と呼ばれる代物を、贅沢にも、踊り食い❗で、川に、生息する様な、緑かかった色合い、ピチピチ動く、貴重な海老を“御免“と頭を捻り、皮を剥ぐ、透き通る身が“特別感“を更に、口に含めば、“甘さ“が、抜群の環境で育っているので、“臭み“等一切無く、更に、海老の味噌が、環境の良い海水育ちなので、臭みも無く、濃潤なコクのみ。 此れを頂ける幸運に、感謝したい(≧▽≦) ジャンボ・ホタテ・バーガー、ホタテを中華風に味付けして、春巻きの皮でくるみ、3種類のソースと、チーズ、新鮮なレタスを挟んだ、バーガー、パリパリの春巻きの皮と、特製バンズの、ダブルの“コク“、肉厚のホタテ、と、チーズとの取り併せ、手製プライド・ポテトと、牛乳が脇を固め、牛乳の量が選択出来るのが嬉しい❗勿論ビッグサイズを❗(^O^) #1回2週間の貴重漁期の海老❗ #珍しい“北海しま海老“❗ #綺麗な海でしか育たない海老“踊り食い❗ #ジャンボ・ホタテ・バーガー❗ #この世の果ての絶景❗ #北海道遺産❗ 追記、北海道遺産、“トドワラ“も、そうです、いずれ消えて無くなる、“現在“しか、楽しめ無い、貴重な光景が在る物も在る、北海道の風物詩から、史跡❗、風景❗、迄在りますし、“トドワラ“は、風化が進み、土に帰る物、同じく、崩落して、アーチが見えるのに、限りが在る物が、“タウシュベツ川橋梁“、勝手、木材を切り出した、路線に架かる旧式コンクリートの橋、第一級の鉄道遺産、冬場は、ダム湖の底に、沈む、氷点下◯度の水温がコンクリートブロックの隙間に、侵入し、破壊し、アーチの部分が、いずれ無くなる北海道遺産、今回は、訪れてませんが、同じ北海道遺産繋がりで、過去の写真から、 時期が限らる、グルメと遺産、如何ですか❔

    野付半島ネイチャーセンター内にあるお食事どころ。以前は「トドワラ食堂」という名前のお店だったのが、リニューアルしたそうです。 ここには自分で組み立てて作る、看板メニューの「ホタテバーガー」を食べに行きました。 立地といい名前といい、どう考えてもB級グルメなのに、これがもう、めっちゃめちゃ旨い。なぜだ。 ちなみに、お隣で召し上がっていた、東京から来たと覚しい上品な老婦人お二人は季節限定メニューの「ホッカイシマエビの踊り食い」を召し上がり「・・・どうしよう。このエビ、人生で一番美味しい」とおっしゃってました。 ああ、胃袋が3つ欲しい。

レストランNOTSUKEの店舗情報

店舗基本情報 修正依頼

予約・問い合わせ 0153-82-3777
ジャンル
  • 魚介・海鮮料理
  • 北海道料理
営業時間
定休日
予算
ランチ
~2000円
ディナー
営業時間外

住所 修正依頼

住所
アクセス
                                        ■駅からのアクセス                                    

                        

座席 修正依頼

カウンター

(窓際がカウンター)

サービス・設備などの情報 修正依頼

お店のホームページ http://notsuke.jp/shisetsu/other
X(Twitter) https://x.com/nobana_notsuke
利用シーン ランチ、ブランチ、おひとりさまOK、ご飯

更新情報

最初の口コミ
shin fukai
最新の口コミ
Kazuyoshi Koshiyama
最終更新

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 移転・休業・閉店・重複・リニューアルのご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

根室のすし・魚料理でオススメのお店

北海道の新着のお店

レストランNOTSUKEのキーワード

レストランNOTSUKEの近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

0153-82-3777