山香食堂

やまかしょくどう

予算
~1000円
~1000円
最寄駅
JR根室本線(滝川~新得) / 富良野駅 徒歩20分(1.6km)
ジャンル
定食 和食 洋食 カレー
定休日
毎週日曜日
0167-22-1045

富良野の新名物、トロフワなオムカレーの大人気店

口コミ(3)

    <短縮バージョン>山香食堂(富良野)【平成最後はお子様ランチ気分】2019カレー165軒226食目 2019.4.30 Pen 2017 No.434 365日カレー天国 掲載店 ■富良野オムカレー ¥900 (前略) いい風情の店構えだ。 表戸を開けて、内扉を開ける直前に一瞬ためらった。 "本日終了 明日もお待ちしております" という札がかかっていたからだ。 しまった、出遅れたか。まだ時間は18:40くらいなのだけど。 中に入ると2人のおばちゃんが切り盛りしていた。厨房に1人、ダイニング側に1人。 おばちゃんに尋ねた。外には本日終了というふだが下がっているけれども、1人なのだけど入れてもらえませんか。 予約客3人がこれから来てほぼ満席だけどと言いながら、入口横に物置の扉を取っ払って無理やり2人席を作ったような空間があって、そちらを見て「1人ならいいですよ。あちらへどうぞ」と言った。きっとこの空間は本当に物置だったのだろう。内装が何もなく、断熱材の商品名がむき出しに映る(笑)。 座っていると、ちゃんと注文を聞きに来てくれた。オムカレーと言った。それだけで十分だ。水はセルフサービスだ。 奥の座敷は4人席が4つ。こちらにはテーブル席が2つ。カウンターは4人前。そして!ここに2人席。 おばちゃん2人で大変だ。もちろん、待たされるのだけど、店のみんながこのおばちゃん風情の定食を楽しみにしている空気が伝わってくる。観光客だけでなく、地元の人にも愛される定食屋といったところ。 富良野オムカレーは、名前の通りいわゆるご当地グルメ、ご当地カレーだ。以下に、パンフレットにある説明は、URL参照 http://www.furano-omucurry.com/ 富良野オムカレーの登場だ。 これは楽しい。まるでお子さまランチだ(笑) とろとろ卵のオムライス。 その頂点に立つ旗! とんかつ2切れと素揚げの茄子が並ぶ様子がダムカレーのようで楽しい。 ピーマンと人参が鮮やかにカレーの上に浮く。 舞茸が地味にいい彩りを与えている。 横に添えられたふらの牛乳の存在も嬉しい。 ピクルスかアチャールに見えたものは、玉ねぎをぶどうジュースに漬け込まれたものだった。 いいねぇ。このワクワク感! 山香食堂のふらのオムカレーは、ケチャップライスと、ふらのワインを隠し味に使ったカレーソースが織りなすオムカレーのお手本のような存在だ。それを今味わう。GKは子供の頃北海道のお婆ちゃんがいて、そのお婆ちゃんは小料理屋を営んでいて、やはり子供にはザンギとオムライス、カレーライスなんかを出してもらえた。お婆ちゃん(ここならお母さんだな)の作るオムカレーは、だからこそスタンダードの美味しさが嬉しい。普通のものをちゃんと美味しく作った料理は、変な創作やら高級品にも勝る。そんなスタンダードを存分に楽しませてくれたのだった。 富良野まで来て、GKの北海道のお婆ちゃんの手料理を食べた気持ちになった。 めでたしめでたし #ゴーグル仮面 #山香食堂 #富良野オムカレー

    旅の思い出・北海道編。 富良野オムカレーの人気店。 富良野といえば、ラベンダー、北の国から、そして・・・ いま地元が一体となって推していて、もはやご当地名物となっているのが、オムカレーです。 富良野オムカレーを名乗るには、6つのルールをクリアする必要があるそうです。 第1条 お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす 第2条 卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる 第3条 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する 第4条 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる 第5条 富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける 第6条 料金は税抜き1,000円以内で提供する ※季節等により他産地の食材になる場合あり ※「ふらの牛乳」が不足の際には富良野産「にんじんジュース」をつける 第6条が、消費税増税で、「税込み」から「税抜き」にルール変わったらしいw いま提供しているお店は、12軒。 ここの山香食堂のがビジュアルもよくて、一番安い。 他の店は全部1080円(ルールぎりぎりw)だけど、ここだけ900円。 だったら、ここを選びますよね。 考えることは皆同じようで、8月末の平日12時過ぎに到着したら、なんと十数人の行列。 こりゃダメかと思った矢先、サイクリスト10人ほどが先に一斉にリタイアして、一気に列が縮まりました。ラッキー♪ それでも、40分ほど待ちましたが(^^;; 店内は、4人用テーブルが6つと、カウンターが2席。 ここのオムカレーは、普通のと他に、ホワイトカレーを使った「ホワイト」、普通のカレーとホワイトカレーがハーフ&ハーフの「ゼブラ」があります。値段は同じ、900円。 家族全員、ゼブラを注文。 フワッフワで、トロットロな玉子。 中はケチャップライス。 カレーもよく煮込まれています。ふらのワインが隠し味らしい。ホワイトのほうが美味しいかも。 クリームコロッケには、JAふらの厳選野菜ソースを。 う~ん、美味しい! ビジュアルもかわいくて、お子様ランチ食べてるような気分w 厨房を見ていると手際がイマイチで、出てくるまでも結構時間かかりましたが、そんなことも吹き飛ぶ味でした。 並んでも食べれて良かった*(^o^)/* #カレー #オムライス #郷土料理

山香食堂の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • 定食
  • 和食
  • 洋食
  • カレー
営業時間
定休日
カード
不可
予算
ランチ
~1000円
ディナー
~1000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス            
        JR根室本線(滝川~新得) / 富良野駅 徒歩20分(1.6km)            

                    ■バス停からのアクセス            
        ふらのバス 西達布線 緑町住宅 徒歩2分(140m)
ふらのバス 西達布線 南町入口 徒歩4分(280m)
ふらのバス 西達布線 扇山小 徒歩5分(380m)            

          
店名
山香食堂 やまかしょくどう
予約・問い合わせ
0167-22-1045

席・設備

カウンター

特徴

利用シーン
  • おひとりさまOK
  • ランチ
  • 女子会
  • 昼ごはん

更新情報

最初の口コミ
Kazuyoshi Koshiyama
最新の口コミ
池田歓

※ 写真や口コミはお食事をされた方が投稿した当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
※ 閉店・移転・休業のご報告に関しては、 こちらからご連絡ください。
※ 店舗関係者の方は こちらからお問合せください。
※ PayPayを使いたいお店をリクエストをする際は こちら からお問い合わせください。

富良野の丼もの・揚げ物でオススメのお店

北海道の新着のお店

山香食堂のキーワード

山香食堂の近くのお店を再検索

エリアを変更

近接駅から探す

行政区分から探す

目的・シーンを再検索

富良野周辺のランドマーク

0167-22-1045