阿佐利 本店 あさり ほんてん


予算
~2000円
~4000円
ジャンル
すき焼き 鍋 弁当屋
定休日
毎週水曜日
もっとみる
0138-23-0421

■歴史のある佇まいの中個室ですき焼きランチを頂く 函館。 市電の宝来町電停から見えます。 駐車場は1ブロック隣の場所です。 11時前精肉店側はもうなかなかの客入りです。 食事をする側はのれんが出された瞬間にタイミング良く入りました。 店内は旧家そのもの玄関で靴を脱いでそのままお二階へどうぞ〜と。 下駄箱には既に予約されている方の時間と名前。 タイミングを外すと入れないかも知れないので予め予約がベストですね。 階段を上がるとこちらのお部屋へどうぞ。 丁寧な接客です。 個室。 8畳ほど。 欄間な部分の装飾も昭和の良き時代を感じます。 卓上にはランチメニュー。 AかBです。 コロッケアリなBをチョイス。 丁度厨房が近いのか調理する音とじゅーっと焼いている音が 聞こえてくる。 10分ほどでお待たせ致しました。 と大きな盆に乗った状態でやってきた。 木蓋を開けるとブワッと湯気が上がるすき焼き(写。 卵を溶いて頂きます。 遅れてコロッケ(写。 お熱いのでご注意くださいという一言はコロッケを箸で割ると スグにわかった。 熱々!ソースを付けずにそのまま頂く。 ジャガイモのほくほく感と肉&ラードな味わい。衣のサクサク感。 思わず笑みが。美味しい。 メニューにはサラダとありますが、キャベツの千切りですね。 と、ここまでの展開は数秒です。 すき焼きを頂く。 甘すぎず濃過ぎない割り下。 肉の旨味が滲んでいる。 卵につけるとマイルドになり割り下の混ざった状態で卵掛け ご飯にしたくなる衝動(笑。 肉の下には白滝、焼き豆腐、椎茸、大きめな玉葱が隠れてます。 肉汁と割り下をこの玉葱が吸い元々ある甘味と供により 旨くなってしまうマジック。 〆の水菓子はゆずシャーベットでした。 食べ終りこのままお昼寝がしたくなるそんな和室です。 詳細は食べログをご覧ください。 http://u.tabelog.com/aosan/r/rvwdtl/2746734/ ランチ 接待 夜に来たい 肉! デート

コメント 0
行きたい 5

Yasuyuki Aoyamaさんの行ったお店

阿佐利 本店の店舗情報

修正依頼

店舗基本情報

ジャンル
  • すき焼き
  • 弁当屋
営業時間
定休日
カード
その他の決済手段
  • PayPay
予算
ランチ
~2000円
ディナー
~4000円
住所
アクセス
                    ■駅からのアクセス                  

                    ■バス停からのアクセス            
        函館バス 53 宝来町 徒歩1分(77m)
函館バス LCSA元町バス 高田屋嘉兵衛像前 徒歩3分(210m)
函館バス 1 銀座通 徒歩3分(220m)            

          
店名
阿佐利 本店 あさり ほんてん
予約・問い合わせ
0138-23-0421
お店のホームページ

席・設備

座席

10席

個室

2人用
4人用
6人用
7人用以上

カウンター

0138-23-0421