今、東京で飲んでもらいたいクラフトビール

“TOKYO隅田川ブルーイング”

supported by アサヒビール

※お酒は20歳になってから。
飲酒運転は法律で禁止されています。

TOKYO隅田川ブルーイングとは……

TOKYO隅田川ブルーイングロゴ

1995年、東京・隅田川のほとりで東京第1号地ビールの製造を開始したクラフトビール醸造所がその始まりです。
2017年、最新鋭設備を備えた小規模醸造所を新設し、新たなクラフトビールの製造を開始しました。
最先端の製造技術を結集し、革新的なクラフトビール造りに挑戦しています。

*TOKYO隅田川ブルーイングのクラフトビールは、「隅田川パブブルワリー(東京都墨田区)」と「茨城マイクロブルワリー(茨城県守谷市)」、2つの小規模醸造所で製造しています。

特におすすめしたいクラフトビール
『ケルシュスタイル』

ケルシュ シュタイン 商品画像

ケルシュ シュタイン

ドイツ・ケルン地方で伝統的に醸造されているエールビール。華やかさと清涼感のある後味が特長で、独特の細長いジョッキでお楽しみいただくスタイルがおすすめです。
東京第1号地ビールの味設計をベースに磨き上げた、TOKYO隅田川ブルーイングのフラッグシップビールです。

さらに様々なクラフトビールの味わいをお楽しみいただくために、小麦麦芽を使用したやわらかな口あたりとフルーティな香りが特長のホワイトビール『香るヴァイツェン』、深いコクとビターホップの上質な苦みが特長の『ビタースタウト』をご用意しております。

香るヴァイツェン
ビタースタウト

TOKYO隅田川ブルーイングの
クラフトビールが飲めるお店

TOKYO隅田川ブルーイング

少量生産で、東京23区を中心とした限定されたお店での販売になります。
“個性がありながらも飲みやすい”クラフトビールをお楽しみください。
(ただしお取扱い商品はお店によって異なります。)

▲ ページトップへ戻る